FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
こどもって最高!
 先日、……といっても、もう、1ヶ月前の話なのだが…


 ゴンゴンの幼稚園の運動会が行われた。



 ゴンゴンの幼稚園では、年長さんの男の子が体操を披露する。

 その種目のメインが、「逆上がり」である。



 ゴンゴンが年少さんだったころ、ほとんどの年長さんが逆上がりが出きるのを見て、びっくりした。



 「ゴンゴンも年長さんになったら、逆上がりが出きるようになるのか~。この幼稚園に入れてよかった!!」



と2年後の息子の勇姿に思いを馳せたものである。





 さて、結果はというと……




 惨敗!!





 逆上がりはできない、かけっこはビリ!



 いいとこなしの運動会で、テンション↓↓で幼稚園最後の運動会は終了。



 あたしが、逆上がりに対し並々ならぬ思いを抱いていたのを知っている担任の先生は、とても申し訳なさそうに


 「あと、ちょっとだったんですけど…。でも、卒園まで逆上がりは取り組んでいきますから。一緒にがんばっていきます…」


と釈明の弁。



 いいんです、いいんです。先生のせいじゃありません…。


 やつの運動音痴は……





 母がいちばんよく知っていますから!!





 運動会から、何日かして、



 「やっぱり、このままではいかん!練習させねば!」


と思い、近所の小学校に練習に連れて行った。




 そしたらね……





 出来たのよ!!




 クルッと回ったときは、わが目をうたがったよ。


 その後は二人で抱き合って、


 「ヤッター、ヤッター!」


と大喜び!!





 でも、感動はこれだけでは終わらない!





 次の日、幼稚園で、朝、いつものとおり鉄棒の練習に出て、クルッと逆上がりをしてみせたらしい。




 すると、担任の先生も、同じクラスの友達も大喜び。


 その辺にいた、先生たちににも見てもらい、拍手喝さいを浴びたらしい。


 年少、年中さんの時の先生も駆けつけて、ゴンゴンの逆上がりを見て、抱き合って喜んでくれたそうな。




 そして、その日はゴンゴンの逆上がりを見るという時間を作ってくれて、同じ組の子の前で披露したそうな。


 みんな、拍手して喜んでくれて、さらに自然と「アンコール!アンコール!」の掛け声がかかり、もう1度披露して、大盛り上がりだったらしい。




 ゴンゴンの逆上がりにも感動したけど、幼稚園でそんなたいそうなセレモニーを催してもらい、それを想像すると、さらに感動しちゃって涙が出たよ…。



 その後、幼稚園に行くと、どの先生からも


 「逆上がり、よかったですね!!」


と声をかけられる日々…。




 うれしいやら、恥ずかしいやら…。






 結婚したころは、


 「別に、こどもはいてもいなくてもいいや」


くらいに思っていたけれど、今は、ほんとにいてくれてよかったな~と思うよ。





 ほんとに感動をありがとう!!






 さて、ゴンゴンの逆上がりの練習につきあって、一つおもしろいことが…





 なんと…





 あたしも、逆上がりができるようになったのさ!





 逆上がりが出来るおばさんって、すごくない?

テーマ:今日のしあわせ - ジャンル:日記

子供ネタ | 06:31:10 | トラックバック(0) | コメント(2)
運動会がやってくる
 ゴンゴン、6歳。幼稚園の年長さん。


 趣味は勉強。

 運動のセンスなし。



 そんな男である。



 趣味は勉強と書いたが、本人にはまったくそういう自覚はない。



 でも、親が言うのもなんなんだげ、多分やつは勉強が大好きだ。



 2歳になったころから、文字に興味を持ち始め、幼稚園入園のころは字は読めていたし、書く練習も始めていた。


 その後、漢字、足し算、引き算と練習を積み重ね、今じゃ小学2年生程度の漢字と計算くらいなら難なくやってのける。


 どうも、掛け算や割り算にも興味があるようだが、それはこちらがストップをかけている。


 足し算、引き算が完璧とはまだ言えない段階で、掛け算は無謀だろう…。




 最近は、47都道府県をすべて覚えた。

 しかも、漢字で…。



 つぎは国名を覚えると言ってはりきっている。




 何か調べたいことがあれば、図鑑を引っ張り出してきて、巻末の索引から検索している。


 その集中力たるや、




 うちの夫以上!!




 うちの子の集中力が大人並なのか、それとも夫の集中力が子供並なのか…。



 それは、みなさんのご想像にお任せします。




 

 しか~し




 その、集中力は、運動にはちっとも発揮されない。




 誕生日に自転車を買ってあげたのだが、これがなかなか練習しない。


 ちょっと練習しても


 「お母さん、なんか雨が降りそうよ。今日はやめようか」

 「ちょっと、疲れたから休憩する」


などと言ってはサボろうとする。





 いまだ、乗れるめどは立っていない。





 さて、10月になると運動会なのだが、2年連続かけっこビリの汚名を返上すべく、少しはがんばってほしいものだが、これまたのんびりとしている。



 さらに、年長さんは運動会で逆上がりをしなきゃいけないのだが、これまたまだ、出来ていない。


 出来る気配もない!




 先日の連休中に、ちょいと練習させねばと思って公園に行ったが、2、3回練習しただけで、


 「また、今度練習するから~!!」


と言って、別の遊具へ走って行ってしまった。






 この、根性なしが~!!!




 だれに似たんだ…。




 あたしゃ、男の子だから、活発で運動大好きな子であってほしいなぁ~なんて思ってるわけだよ。



 ま、お勉強も大事なんだけどね…。




 なかなか、親の思うようには育ってくれないもんだね~。




 どうも、夫のしつけも方向性を間違った気がするし…。


 あれとかこれとかそれとかさ…。

 人を導くのは難しいですな。

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

子供ネタ | 19:07:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
お誕生会
 相変わらず、我が家のネットは復旧しておらず、チビチビ実家のパソコンでアップしております。


 さて、先日、ゴンゴン&たーさんの合同誕生会が催された。



 ゴンゴンは7月、たーさんは6月生まれなので、


 「え~い!まとめてやっちゃえ~!」


という親の怠慢から、毎年この時期に合同お誕生会が催されるのである。



 じじばばも近所に住んでいるので、ご招待している。

 そして、義弟夫婦もやってくる。



 けっこう盛大なインベントなのだ。




 義弟夫婦はわけあって、この春から伊万里の義妹の実家で両親と同居生活を始めた。


 以前は、小倉に住んでいたので、都市高速にちゃちゃっと乗って、20分くらいで着いてたのに、今じゃ高速で2時間の距離になってしまった。



 昨年、11月にゆみちゃんという赤ちゃんが生まれたのに、なかなか会えないところに行ってしまったわけさ。



 ゴンゴンたちのいとこだし、しかも女の子だし、かわいいんだよね~。



 んで、前々から、今年の夏はおそろいの甚平を作って、子供ら3人に着せちゃおう!という計画を練っていたのだ。



 ゴンゴンとたーさんはもうすでに寝巻き代わりに毎日甚平を着てるんだけどね、ゆみちゃんの分はこの日まで大事にとっておいたのよ。



 久々にゆみちゃんに会うと、お座りも出来るようになってて、すっかり人間らしくなってたよ。

ゆみちゃん

 はじめまして!

 ゆみちゃんで~す!



 そして、3人ではい、チーズ!

誕生会

 なんだか、たーさん、悪巧みでもしてるような顔つきだな~。




 みんなで和やかに、子供達の成長を祝って楽しく過ごせた1日だった。



 ただ、両親から半ば強制的にプレゼントされた自転車で、ゴンゴンは地獄の特訓が待っているのであ~る!

 頑張れゴンゴン!

テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

子供ネタ | 16:37:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
目の前のにんじん
 春休みは、例年、家族で旅行をする。


 ちなみに、昨年は「ハウステンボス 2泊3日の旅」だった。


 さて、今年はもう少し遠出することにして、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に行くか、沖縄に行くかということになった。



 ゴンゴンに言ったら、きっとUSJだろうな……と思いつつ、いちお相談したら、意外や意外!



 「ん~、ぼく悩むな~」


という返事。




 USJがいかに楽しいところであるかというのをクドクド説明しても(あたしが行きたいのがバレバレ…)


 「ん~、ぼく、沖縄も行きたいんだよね~」



 一体、彼にとって沖縄の魅力って…。



 「沖縄もいいけど、ゴンゴンが楽しいことはあんまりないと思うよ…」

 「水族館行けばいいじゃない!」

 「それでも、半日で終わりでしょ。あと、どうするの?」

 「お城見たらいいんじゃない?」

 「お城ってったって、熊本城みたいに大きなやつじゃないのよ。ひろ~くて、赤いやつ」

    なんて、アバウトな説明…。

 「ぼく、お城見たいよ!!」

    なんだか、しぶいのが好きなんだよね、ゴンゴンって…。

 「ま、あとは泳げばいいけどね」

 「ぼく、泳がないよ!!!(キッパリ)」

 「沖縄行って、泳がないでどうすんのよ!」



 ゴンゴンは水があんまり好きではないらしいのだ。

 お友達がスイミングに行ってるから、ゴンゴンも行けばいいのにって思うのに、

 「ぼく、スイミング行かな~い!!」

の一点張り。



 お風呂で、顔をつける練習をさせようとしても全然のってこない。


 こんなことでいいのか…。



 でも、ゴンゴンたっての希望で春の旅行は沖縄に決定!!



 「るるぶ」なんか見ちゃって、毎日リサーチに余念がないあたし…。



 そして、ゴンゴンはというと……



 お風呂で顔をつけられるようになったのだ~!!!



 何を思ったか、


 「ぼく、顔、ちょっとつけてみるね」

と言って、チャレンジ。



 なんなく成功!


 あとは、調子に乗ってどんどん記録更新。


 30秒くらいは、じっと顔をつけていられるようになった。




 ん~、マラソンのときも、「すしパワー」で3着だったが、今回は沖縄か~。




 やつは目の前ににんじんぶら下げてないと本気を出さないタイプらしい…。


 まったく、手が、いや、金がかかる子だよ…。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

子供ネタ | 23:15:19 | トラックバック(0) | コメント(4)
マラソン大会
 幼稚園のマラソン大会。

 年少さんは園庭をグルグルまわる。

 それでも、800mっていうんだから、大したもんだ。



 さほど広くない園庭でのことなので、年少さんの親は見学なし。



 年中、年長さんは幼稚園の裏のたんぼのあぜ道コースを走る。

 ざっと見たところ、年中さんで1300~1500メートルくらいあるのではないかと思う。

 年長さんは田んぼを2周するので、さらに距離は伸びる。



 体を鍛えることがゴンゴンが通っている幼稚園の特色なのだ。



 何日も前からゴンゴンはマラソン大会に向けて意欲を見せていた。

 しかし、知っての通り、ゴンゴンはとてつもなく運動オンチである。



 2年連続、運動会のかけっこはだんどべ。

 玉入れの玉は、上にはとばず、前の子の後頭部へ直撃。


 マラソンでも期待はすまい…。



 でも、やっぱり気になってしまうバカ親、ここにあり。



 「ねぇ、ねぇ、ゴンゴンはマラソン何番くらいなの?」

 「え~、分からんよ」

 「もしかして、ビリ?」

 「ビリじゃないよ」

 「じゃぁ、1番?」

 「1番でもないよ。2番でもないし、3番でもない」

 「ふ~ん。それじゃ、1番の子はだれなの?」

 「分からんよ。だって、ぼく後ろのほうから見てるから、分からんの」




 やっぱ、1番の子が見えないくらい後ろにいるんだ…。


 しかし、ゴンゴン、マラソンには少々手ごたえを感じていたらしく


 「ねぇ、ぼくが、3番になったらどうする?」

などと聞いてきた。


 「そりゃ、お寿司じゃない!」

 「え~!!お寿司~!ぼく、頑張るぞ~!!」



 まぁ、頑張りたまえ。

 君に3番は無理だよ…。



 そんな母の冷めた気分はなんのその、俄然やる気のゴンゴン。



 マラソン大会当日も、朝起きて第一声が

 「お母さん、ぼく、今日頑張るから!もし、4番だったら、シュシュシュシュ~って一人抜かして、3番になるから!」

だって。




 さて、応援に夫とテレテレでかけていって、適当なところで子供たちの出走を待っていると、何やらスタート地点の方で、気合のはいった声が聞こえてきた。

 本馬場入場。

 気合の入る子供たち。

 そして、スタート!



 年中さんはおそらく100人以上いると思うのだが、さすがに全員一斉にスタートさせるのは危ないので、1クラスごとにスタートさせる。

 1クラスが行ってちょっとしたら、次がスタートってな具合。

 クラスの1番速い子は、前のクラスの一番遅い子に終盤追いつくくらいの距離だった。


 ゴンゴンの組は1番手のスタート。


 あとから、わらわら来られるより、探しやすくてラッキー。



 スタート地点はあたしたちが応援していたところからはかなり距離があるので、誰が先頭なのか、ゴンゴンはどのへんなのか全然わからなかったが、まぁ、どこでもよい。


 どうせ、ビリの方なのだから…。




 と思っていたら、夫が

 「ねぇ、あの3番手、ゴンゴンじゃない?」

と言うではないか!


 「え~、そりゃぁ、ないでしょ」

 「ん~、でも、その後ろのほうはゴンゴンらしきものは見当たらないぞ」



 だんだん近づいてくる子供たち。


 そして…



 「おぉ!!ゴンゴンだ~!!!」





 なんと、あの運動オンチのゴンゴンが3位であたしたちの応援の前をニコニコ笑いながら走りすぎていった。



 ビデオ撮ってたけど、もう、興奮しちゃって、超手ブレ!



 結局最後まで逃げ切って、3位ゲット!




 初めて幼稚園の行事で興奮したよ。


 あぁ、我が家にこんな日が来るなんて!!



 帰りのバスから降りてきたゴンゴン。

 「ぼく、3位だった!」

 「うん、見てたよ!!速かったね~!」

 「あ~、でも、3位になれてよかった~!」

 「ふ~ん、どうして?」



 「だって、お寿司でしょ!」




 おそるべし「すしパワー」


 今週末はこの冬最高の寒波襲来。


 あたしの財布も、なんだか寒波が訪れそうな予感。




 

テーマ:ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ - ジャンル:日記

子供ネタ | 22:25:09 | トラックバック(0) | コメント(4)
前のページ 次のページ