FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
祝 入学&入園
 このたび、ゴンゴン&たーさんが入学と入園を迎えた。



 二人とも張り切って、小学校と幼稚園へ通っている。




 まだ、帰りは早いのだが、午前中は二人ともいなくて、なんだか寂しい…。

 ちょっと二人のいない生活に慣れない母なのだ。




 たーさんは、何度も幼稚園に行っているので慣れたもんだ。


 ちっとも嫌がることなく、毎日ニコニコ登園。




 ある日、あたしに向かって


 「おかーたん、幼稚園に迎えに来ないでよ!」


と言う。



 「え~、迎えにいくよ~」

と答えると、



 「だって、たーさん、一人でバスに乗りたいんだから!」



 「ああ、でも、バス停までは迎えにいくね」



と言うと、




 「おかーたん、間違えないでよ!」




 だって~!




 けっ、生意気に!





 ゴンゴンはというと、小学校でのお勉強に期待大!


 なんてったって、勉強が趣味だからね…。




 毎朝、ドタバタしながら出て行ってるよ。




 「顔洗ったの?葉は磨いた?ほら、またバッグ忘れてる!もう、なんでサンダル履いてるの!!」



みたいな感じ…。





 子どもの成長って早いね~。





 さて、現在、生協の役員をしているって以前の記事でアップしましたが、このたび……





 幼稚園の役員もすることになったのだ~!!


 


 先生が、ニコニコしながら




 「○○さん(←あたしの苗字ね)に頼むつもりでした~」



だってさ。



 今年は忙しくなりそうよ。




 でも、ピアノも漢検も頑張るからね!









 あ、ブログもね…。


 見捨てないでね!

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

子供ネタ | 00:16:10 | トラックバック(0) | コメント(2)
卒園式
卒園式1

 のっけから、こんな写真です。




 先日、ゴンゴンの幼稚園で卒園式がとりおこなわれた。




 ゴンゴンも無事卒園した。







 卒園の日が近づくにつれ、何とも言えない感慨にひたっていたあたし…。




 ゴンゴンが生まれて、もうすぐ7年が過ぎようとしているが、生まれたころのことを昨日のことのように覚えている。



 自然分娩でプリッっと安産!


と思っていたら、いきなり帝王切開でかなりへこんだこと。


 なかなか母乳が出なくて、大変だったこと。


 生まれてすぐの聴覚検査で再検査となり、泣くほど心配したこと。


 夜毎に泣いて、ちっともあたしを寝せてくれなかったこと。


 




 そして、初めてあたしを見て、微笑んでくれたときのこと…。







 そんな、ゴンゴンが卒園式で、肩の高さ位まで両腕を大きく振って、元気よく入場してきたのを見たら、いきなり涙涙…。





 入園のときは、短い式にもかかわらず、あちこちでグズっていた子達が、1時間以上あった卒園式ではみんなほんとにお行儀よく、最後まで立派だった。




 そんな姿を見ていたら、涙が止まらず、みんなで歌う歌もちっとも歌えなかった。






 式の最後は、全員が一人一人、園長先生から修了証書を手渡してもらい、それを掲げて、自分の名前と幼稚園の思い出を元気よく、はっきりと言ってから退場していった。




 ほんとに素晴らしい卒園式だった。






 素敵な先生、優しい友達に恵まれて、かけがえのない3年間を過ごせたと思う。

 たくさんの感動をもらった。




 「3歳までに親孝行をし終わる」らしいが、ゴンゴンはまだまだ親孝行続行中。


 これからも、たくさんの感動を与えてくれるに違いない。





 生まれてきてくれてありがとう。







 ゴンゴンの最後の言葉…


卒園式2



 「目隠しをして、スイカわりをした」






 卒業おめでとう。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

子供ネタ | 22:53:14 | トラックバック(0) | コメント(4)
将来の夢
 ゴンゴン、6歳。

 不確かなことは決して口にしない男。




 というわけで、

 「大きくなったら何になりたい?」

という質問には必ず、



 「まだ、分からない!」

ときっぱりと答える。




 将来の不確かなことなど、言えないというわけなのだ。





 そのゴンゴンが、初めて



 「ぼく、大きくなったら……」



と口にした。





 おぉ!何になりたいんだ、わが息子よ!


 言ってごらんなさいな!




と、興味津々で聞いていると…







 「ぼく、大きくなったら、泥棒になりたい!」







だって~!!







 泥棒ってあんた…。



 こちとら、NASAに就職させようかなどと考えている、バカ親なんだぞ!






 ま、ゴンゴンが泥棒と言ったのにはわけがある。





 先日、TVで「ルパンⅢ世」があって、それにハマってしまったのだ。

 多分、ビデオに撮って、4・5回は見たぞ…。




 うちの夫も「ルパンⅢ世」大好き野郎なので、まことに血は争えない…。





 将来は、泥棒か~…。






 ま、それはさておき…。







 以前、生協の委員をしているというのを書いた。



 その委員長さんが、めでたく御懐妊。


 それに伴って、委員長を辞任することとなった。





 その委員長さん、まだ30歳なのに、4人目なのさ!


 ん~、あたしって、30歳のころ、一体何してただろう…って考えたら、







 朝までのんでたし…





 何だか、人生出遅れてるね~。





 ま、話は戻って…




 委員長さんの穴を埋めるべく、副委員長さんが委員長に昇格。


 そして、副委員長のポストは……






 そう、みなさんの御想像どおり、あたしがなっちゃいました~!!







 この、副委員長の仕事が意外に忙しい。




 でも、生協の委員は成り行きで引き受けてしまったもので、そこまで熱意があるわけではない。


 だから、生協の委員会の活動に忙殺されるのは御免なのだ。





 引き受けたからには、ちゃんと仕事はしたいと思うけど、自分の時間も大切なあたし。


 でも、自分の時間って何をする?


 何か目標がないと、だらだら生協の活動に自分の時間を割いてしまいそう。





 というわけで、今年はあたくし、漢検準1級にチャレンジすることにいたします。




 実は10年くらい前に受けたことあるんだけど、その時はほとんど勉強しなかったので、惨憺たる結果だった。


 



 「まぁ、いいや!とりあえず2級持っときゃいいだろ!」



と思ってここまできたが、何年か前に夫が2級を取得してしまった。


 


 やつと同レベルなんて納得いかん!





 というわけで、準1級にチャレンジすることにした。





 時間を見つけて勉強しているが、なかなか難しいですな。


 でも、ここに書いたからには、頑張りますよ。




 あたしの合格を、みなさま乞う御期待!
 

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

子供ネタ | 22:07:45 | トラックバック(0) | コメント(6)
こんなん作ってみました
 「無印良品」のCMで、お母さんと子どもがクッキーを焼いて、それでかわいいおうちを作ってるのを見たことはないだろうか?



 あたしゃ、まんまとそのCMに踊らされ、「無印」にて材料を購入してしまった。




 子どもと楽しくクッキーの生地をこねて、型に切って、おうちの形に組み立てていくなんて……



 ん~、想像すると楽しそう!!






 そう思って、休日に作ってみた。








    満身創痍!!






 型を切らせても、まっすぐ切れない。


 だから、あたしがやり直す。


 たーさんは、力の加減が分からないので、よかれと思ったことが破壊行為となってしまう。


 最初は、やりたがっていたのに、しばらくすると飽きて


 「あとは、お母さんお願いね~」


と言って、テレビの方へ去っていってしまった。






 結局、製作に4時間もかかってしまった…。


 出来上がったころには、もうヘトヘトよ。





 そして、その完成品がこれ!



クッキー1




 クッキーで部品を作って、それを接着してしばらく冷蔵庫で固めなきゃ、次の作業に入れなかったりするので思いのほか時間がかかるんだよね。



 まぁ、あたしが、この手の作業に不慣れであるというのが一番問題だったのだが…。





 でも、まぁ、出来てよかったよかった!







 んで、次の日、近所のお友達のヒナちゃんをよんで、クッキーを食べようぜ!ということになった。




 ヒナちゃんというのは、ゴンゴンと同じ幼稚園に通う、4歳の女の子。


 ゴンゴンもたーさんも、ヒナちゃんが大好き。


 というか、ヒナちゃんの言いなり…。




 ヒナちゃんと弟のハルくんとヒナちゃんのママも来て、ちょっと自慢げにクッキーハウスを披露!




 ヒナちゃんの反応は…




 「ふ~ん!」









 ……それで終わりかい!!





 そのあと、みんなでクッキーでおやつタイム。




 壊すのはもったいないけど、食べずにだめにしてしまうのはもっともったいないからね…。




 って、壊し始めたら、子どもたちは大喜び。






 ガンガン壊していって、最後は無残な姿に……。





 今回の教訓。



 子どもは製作よりも破壊が得意である。






 あぁ、悪魔だ。


 クッキー2


 ついでですが、うちの悪魔たちです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

子供ネタ | 16:49:07 | トラックバック(0) | コメント(4)
クリスマス大作戦
 ゴンゴン6歳。


 今だサンタクロースの存在を信じる男。




 毎年、そのゴンゴンのために母はクリスマスプレゼントをコソッとクリスマスの夜に、枕元においている。




 さて、今年のプレゼントは何にしよう…。




 そんなことを考える時期になった。




 そんな時、ベネッセから「こどもチャレンジ」の申し込みのお便りが届いた。

 ありがたい事に、DVD付き…。



 このDVDがよく出来ていて、子どものハートをわしづかみ。




 ベネッセの戦略にまんまとはまったゴンゴンは、「チャレンジ1年生」のキャラクター、「コラショ」のとりこ。





 「お母さん、ぼく、『書き順ばっちりマシーン』と『目覚ましコラショ』が欲しい~!」

と、おねだり攻撃を仕掛けてくる。


 実は4月からの「こどもチャレンジ」を申し込むと、クリスマスに間に合うように、付録の教育玩具が届くのだ。



 「ダメ!ゴンゴンはひらがなも漢字も書けるし、うちには目覚まし時計もあるでしょ!」



 「え~っ、でも、漢字の書き順は分からんよ~」



 「分からないのは、お母さんが教えてあげます!」



 生半可、勉強のできる親を持つと、この手のおねだり攻撃は通じない。







 でも、めったにおねだりをしないゴンゴンの頼みだし、クリスマスプレゼントも必要だし、あたしだって鬼じゃぁない。



 結局、ゴンゴンには内緒で「こどもチャレンジ」を申し込んでやった。





 これで、ゴンゴンのクリスマスプレゼントは決まった。



 たーさんは、恐竜のとりこなので、恐竜の図鑑でいいだろう。



 あと、「おかあさんといっしょ」のCDも付けてやれば完璧だ!






 二人がじじばばのところに遊びに行っているすきに、ササッとプレゼントを買いに行って、押入れにしまいこんだ。


 これで、ほぼ準備は整った!




 クリスマスの朝、子どもたちの喜ぶ姿が目に浮かぶ…。





 あとは、ベネッセからクリスマスボックスが届くのを待つのみ!





 すると、日曜の朝……

 ピンポーンとチャイムの音。




 ゴンゴンもたーさんも玄関に出てみると




 「お届けもので~す」



 そして、お兄さんが持って箱は…






 思いっきり、コラショがパッケージに印刷されている、「チャレンジ1年生」のクリスマスボックスだった~!!





 「お母さん!何それ?ねぇねぇ、何それ?」


 「うるさい!部屋に行っときなさい!」

 あきらかにうろたえている母。



 荷物を持ってきたお兄さんは


 「あれ、マズかったですかね?」






 当たり前です!




 なぜに、日曜日に小包が届くんだ!

 普通、平日だろ!




 その後、そそくさとクリスマスボックスは押入れにしまわれたが、なんとなくゴンゴンも釈然としない様子。





 ああ、あたしのクリスマス大作戦が~!!







 今年、サンタさんの正体がばれてしまいそうな予感がする母なのです。

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

子供ネタ | 10:14:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
前のページ 次のページ