FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
「ありがとう」って言えるとき
 本日、幼稚園の「おいも祭り」


 幼稚園の裏には農園があって、そこに子供たちはお芋を植えている。

 先日、そのお芋ほりが行われた。


 その日から、いろいろな準備がなされ、子供たちの気分も盛り上がって、今日の「おいも祭り」に至る。


 幼稚園の軽いお祭りかと思いきや、けっこう本格的に「祭り」なのだ。


 全員はっぴにはちまき。

 おみこしを近所の神社からかついで、(これは年長さんだけね)お芋の釜に点火式。

 園庭にはいろんなお店。

 お店といっても、年長さんたちが作ったおもちゃが並び、幼稚園だけで通用するお金でみんなお買い物。

 園長先生のお店もある。

 ヨーヨー釣りやボウリング、わなげなどのゲーム、それから「お化け屋敷」まで…。

 お昼は、レストランでみんなで昼食。

 レストランといっても、普段はホールと呼ばれている、入園式などが行われる広い部屋に、机やいすを持ち込んでお祭り用に作られたもの。




 こんなお祭りが2日間にわたって行われる。

 

 と、さも見てきたように書いたが、実は見ていない。

 子供だけのお祭りで、保護者は見学できないことになっている。



 ゴンゴンは何日も前から、この「おいも祭り」を楽しみにしていた。




 はっぴにねじりはちまきで、意気揚々と出かけて行ったのだが、行ってしまって気がついた。

 上靴を持たせるのを忘れてしまったのだ。



 ゴンゴンの幼稚園は、夏の間は裸足で過ごすので、上靴はその間家で保管しておかなくてはならない。


 で、お化け屋敷は入るのに上靴が必要で、持たせるようにおたよりがきていたのに…。



 でも、ま、いっか。

 上靴がないくらい、どうにかなるだろう。


 そう思って、わざわざ持って行くことはしなかった。




 さて、ゴンゴンが帰ってきて、

 「ごめんね。今日上靴持たせるの、お母さん忘れちゃった」

 「もう、何で忘れたの?明日は忘れないでね。お化け屋敷は上靴がいるのよ」

 「うん分かった。今日はお化け屋敷は入れなかったの?」

 「ううん、入れたよ」

 「そう、よかったね」

 「でも、『上靴がないと入れないんだよ!!』って言う人がいたよ」

 「あら、厳しいのね…」

 「でも、ユーナちゃんが貸してくれた」

 「ほんと、よかったじゃん!」

 「うん。…あっ、ぼく、ありがとう言ってない」




 振り返ると、自分も子供のころ、何かもらったり、助けられたりしたとき、たいてい母親から

 「ほら、ありがとうは?」

って促されて、

 「あ、ありがとう…」

って言ってた。



 ゴンゴンもあたしから

 「ありがとうは?」

っていつも促される。




 いつから、自然に

 「ありがとう」

って言えるようになるんだろうね?



 素敵なことばだから、自然に使える人になってほしいな。




 夜、寝る前にゴンゴンが


 「明日は、ユーナちゃんに『ありがとう』って忘れないように言うね」


と言って、布団に入った。




 なんだかホンワカあったか気分の、秋の夜なのだ。 
スポンサーサイト





子供ネタ | 23:42:16 | トラックバック(0) | コメント(14)
コメント
おいも掘りは本格的ですねi-190でもこのくらい本格的だと子供はうれしいと思うので良いですよねi-184
私もいつも子供に「ありがとうは?」と言ってしまいますi-202
子供から「ありがとう」と自分から言えるかわかりませんが、今度は少し待ってみたいと思いますi-179
2007-10-26 金 06:36:53 | URL | 悠魅 [編集]
く~、ゴンゴン可愛いっっっ
ハグしたいハグ~~!!
「ありがとう」と言っていないことに気づけたっていうのがすごいなあ。

今日はちゃんとありがとう言えたかな?

ほのぼのした会話が伝わってきて嬉しいよ~。

2007-10-26 金 09:35:27 | URL | ともちゃん [編集]
ほんとに本格的なお祭りですね。
「親は参加できない」っていうところが、さらにスペシャル感を生んでますねー。
立派な園長先生なんだろな。

ゴンゴン、今頃ユーナちゃんに「ありがとう」って言ってるのかな。
子供の成長って、素晴らしいです。
2007-10-26 金 10:41:58 | URL | shiolly [編集]
不思議な秘祭、おいも祭り・・・。
ものすごーく見たいです。何がどうなってるんでしょう。
ゴンゴンかわいいね^^
ユーナちゃんもやさしいね。
そのまますくすく育ってくれると嬉しい。
2007-10-26 金 11:36:22 | URL | ゆずぴ [編集]
私もほんわかさせてもらいました♪
ありがとう以前に挨拶できない大人がいる今、挨拶できる子にちゃんと育って欲しいですね。
2007-10-26 金 19:12:29 | URL | ジェイ [編集]
悠魅さん

親って、いろいろ子供に期待しちゃいがちだけど、
「ありがとう」
って言える子になってほしいっていうのは過度な期待じゃないですよね?
お互い、子供の成長をゆ~っくり見守っていきたいですね。
2007-10-26 金 21:04:25 | URL | まぁ [編集]
ともちゃん

「ありがとう」って言うのを忘れてたことに気づいたのは偉かったのですが、今日、ちゃんと
「昨日はありがとう!」
って言えるかは分かんないなぁ…って思ってたのです。
でも、帰ってきて聞いたら、ちゃんとユーナちゃんに「ありがとう」って言ったそうです。
ん~、子供って知らず知らずのうちに成長してるもんなんですね~。
2007-10-26 金 21:08:14 | URL | まぁ [編集]
shiollyさん

今日はユーナちゃんに
「ありがとう」
って言えたそうです。
ちょっと感激…。

ゴンゴンの通っている幼稚園は、見学に行ったとき、
「ここしかない!」
って、夫婦ともに気に入って決めたところなのです。
園長先生の昔ながらの教育理念が素晴らしいと思っています。
2007-10-26 金 21:11:01 | URL | まぁ [編集]
ゆずびさん

ほんと、このままスクスク元気に育ってほしい…って思いますが、そんなには甘くはないんですよね~?
先輩、どうですか?
2007-10-26 金 21:12:53 | URL | まぁ [編集]
ジェイさん

そうですねぇ…。
成績は悪くても、運動音痴でも、
人として間違ったことはしてほしくないですよね。
って思いつつ、どう育てたらいいのか、暗中模索、試行錯誤、五里霧中って感じです。
2007-10-26 金 21:15:24 | URL | まぁ [編集]
こんにちは、あずきです^^

私は幼い頃、「ありがとう」が言えない子でした。;
それに比べて、ゴンゴン偉い!!
凄いなぁ~って感心します。
やっぱりまぁさんの教育がいいんですね(^▽^)
2007-10-27 土 14:56:45 | URL | あずき [編集]
本当にお祭り騒ぎですねΣ( ̄ロ ̄lll)
いったい何がメインなのやら・・・(笑)

私はなぜが「ありがとう」より「ごめん」が
口の先から出てきます。
相手に何かしてしまったときは勿論だが
してもらったときにも「本当にごめんね~」。
それでよく言われること。
「ぼけ子、またゴメンって言った」って。
基本、素直じゃないので「ありがとう」が出にくいのもあるけれど
夫にも「ゴメン」じゃなくて「ありがとう」だろ?
って言われるけど
私はいつの間にか人に頭を下げる
そんな大人になっちゃったのかな。
どちらの言葉も絶対大切なんだけど
人の機嫌を取るような言い方・言葉は
成長の過程で自己防衛として植えつけられちゃうみたい。
ゴンゴンちゃんのように
純粋な気持ちで「ありがとう」って言いたい。
改めてそう思いました。


PS: 勝手にバトンを指名しちゃいました。
   迷惑だったらごめんなさいm(_ _)m
   ソン時は無視しちゃってくださいヾ(* ̄▽ ̄*)
   
2007-10-27 土 15:11:00 | URL | ぼけ子 [編集]
あずきさん

何をおっしゃいます!
常に初心者マークの親ですよ。

子供は毎日ちょっとずつ確実に成長しているのですが、ついついその成長を見逃しているんですよね…。
ちょっとした成長に敏感に気がついて、それをさらに伸ばしてあげられれば、ほんとに素晴らしい親なんでしょうけどね…。
「そんなドラマに出てくるような親なんかいるはずない!!」
って開き直って子育てしてます。ハハ…。
2007-10-27 土 23:12:36 | URL | まぁ [編集]
ぼけ子さん

>私はいつの間にか人に頭を下げる
そんな大人になっちゃったのかな

そんなことはないでしょ。たぶん…。

「ごめん」ってもちろん、
「自分が悪かった。反省してます」
っていう意味で使うけど、かならずしもそうじゃない。
「あたしのためにわざわざそんなことしてくれてありがとう。でも、大変だったでしょ?ごめんね」
っていう意味がこめられてるわけでしょ。

日本語って、その婉曲的な表現が奥床しいってあたしは思うのですよ。

たとえば、「けっこう」っていうのも、
「すばらしい!」って意味と、「もういりません」
っていう意味がある。
後者は
「すばらしいものをたくさんいただきました。もう十分ですから…」
って意味で使ってるわけで、「いりません」ってストレートに言うより、ずっとやわらかい断り方で、あたしは素敵だと思うのです。

「ありがとう」ってサクッって言ってしまうのも大切かもしれないけど、ぼけ子さんの「ごめん」には、相手の苦労をねぎらう優しい気持ちが隠されているのだと思います。

追伸
バトン、受けとったり!
2007-10-27 土 23:26:29 | URL | まぁ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する