FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
定期健診
 2・3日前、大学病院へ行ってきた。


 子宮ガンの検診を受けるため…。


 実はあたし、子宮ガンの2・3歩手前ってところで、踏みとどまっている。



 まぁ、そんな大げさなことではない。



 ちゃんと定期的に検診を受けていれば、がんになる前に手をうてる。




 とは言え、やっぱり検診の時はちょっと憂鬱になる。


 「今度こそ手術か…」

ってね…。




 で、今回は特に病変は見られず、経過観察ということになった。


 また、半年後に検査である。




 あたしが子宮ガンの検診を受けるきっかけは、流産である。




 たーさんを妊娠する前に、あたしは流産をした。

 その時、半ば強制的にがん検診を受けさせられたのが事の発端。




 一時は手術をする…というところまでいったのだが、諸事情により手術は見送られ今に至る。



 流産した時は、悲しくて辛くて、何を見ても、何を聞いても涙が出て仕方がなかったが、もしあの時の流産がなければ、あたしは自分の病気を知らずにいたはずだ。


 この世に生まれ出ることはなかったけれど、あの命はあたしに病気を知らせに来てくれたのだと、今では思う。



 そんなことを考えると、命とは不思議だ。



 たとえ、この世に生まれて来れなくても、何かしら意味があるような気がする。

 いや、意味のない命なんてないのだ。




 かく言うあたしは、以前は生きることにあまり一生懸命ではなかった。

 死ぬことばかりを考えていたこともある。

 
 いつ死んでもいいような気がしていた。




 でも、今は違う。




 あたしがいなくなったら、子供たちはどうなるんだろう…。

 あの子達をおいて、今死ぬなんてできない。



 そう思う。





 だから、自分の体を、命を大切にしよう…と強く思っている。





 自分の体験から、機会があれば、いろんな人にがん検診を勧めている。


 もちろん、がんもたくさんあるわけで、すべて検診を受けるというわけにはいかない。



 でも、子宮ガンや乳がんの検診は、検査自体にさほど苦痛もともなわないし、進行の遅いがんなので、1年に1回受ければ十分なのだ。



 婦人科に行くにはおっくうだが、検査を受けることで、少なくとも子宮ガンや乳がんで命を落とすことはない。





 自分の体を、命を大切にして、一生懸命生きたい…。




 母になって、そう思うようになったあたしなのです。




 追伸
  子宮ガン検診の体験記はあたしのHPに載せてます。
  もし、よろしかったら、そちらにもどうぞ。
  http://members2.jcom.home.ne.jp/forever-table/cancer/cancer1.html
スポンサーサイト





テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

体のこと | 23:04:06 | トラックバック(0) | コメント(19)
コメント
妊娠とか出産とか以外で
婦人科に行くのはすごく億劫だし、イヤな私。
もうすぐ子宮ガン検診と乳ガン検診があるのだけれど、
それもすごく億劫でスルーしちゃおうかと思ってた。
でも今日のまぁさんの記事読んで
絶対うけようって決めたよ。
ありがとう、まぁさん。

意味のない命なんてない。
ほんとその通りだと思うよ。
命、大事にする。
私だけの命じゃないしね。
2007-09-29 土 06:24:19 | URL | ともちゃん [編集]
この記事を読んで、凄く感動しました。
今を一生懸命生きている、という事が伝わってきました。
私は大きな病気に掛かったことが少なく、
しかも結構幼い頃だったので、
病院で「検査」と聞くと心底嫌になりました。
でも、それが今日、変わりました。
被害が起きてからじゃ、遅いんですよね。
私も、まぁさんのように強い心が持ちたいなぁ。

では、失礼します。^^
2007-09-29 土 13:52:43 | URL | あずき [編集]
来年の4月に子供が幼稚園で少し時間ができるので、私もそろそろ必要な婦人病の検査でも行こうかと思ってますi-190
今まではあまり「関係ないかな」と思っていましたが、20代後半なのでボチボチ検査に行きますi-201
2007-09-29 土 13:56:07 | URL | 悠魅 [編集]
私も出産後行かなくてはいけないのに、
がん検診行ってません・・・。
行かなくちゃ。。。。今年こそ!

まぁさんが仰る様に、私も独身の時は
怖いもの知らずと言うか、命が惜しいとは
あまり思いませんでしたが、やはり子供が
出来ると変わるものですね。
今では子供を守る為に命を投げ出す以外は、
ずぶとく生きてやるぅ~とか思っちゃいます。v-8
2007-09-29 土 18:21:29 | URL | エンジェルママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-10-01 月 19:59:23 | | [編集]
なんて書くか、二日日間悩んでみましたが、気の利いた言葉が見つからず、だらだらと書きはじめました。

子宮ガンに流産・・・。
つらい経験をなさいましたね。
生きてると、いろいろありますね。

大切なのは、いただいた命を、精一杯生きること、守ること、なのかな。

婦人科って気が重いですよね。
は~。
いつまでも重い腰のままじゃ、だめなんだよなー。
2007-10-02 火 10:31:33 | URL | shiolly [編集]
私もママ友達と幼稚園の行事が落ち着いたら
乳がん検診と子宮ガン検診行こうねって話てたとこなの。
うちの母親は私が高校生の時に子宮ガンで入院しました。
子宮全摘出したけど大事にはいたらなくて。

そうですよね、私も子供のためなら命をあげても惜しくないけど
子供が成人するまではおちおち死ねないと思います。

2007-10-02 火 11:08:20 | URL | ゆずぴ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-10-03 水 00:06:52 | | [編集]
ともちゃん

婦人科に限らず、検診ってなかなか受けないよね。
「自分にかぎって…」
っていう、変な自信みたいなものがあって…。
あたしも、
「自分は一生健康!!」
みたいな思い込みがあって、
「がんかも…」
って時には、かなりヘコんでしまいました。
でも、今は自分の状態を前向きにとらえています。
病院に行くのは億劫だけど、自分だけの命ではないので、お互い大事にしましょうね。
2007-10-03 水 21:28:29 | URL | まぁ [編集]
あずきさん

いえいえ、たいして強くはないのですよ。
ただ、流産をきっかけにめまぐるしく状況が変化していく中で、いろいろ考えさせられました。
今でも、検査は正直嫌ですけど、自分のためだけじゃなく、家族のためだから…って思うようになりましたね。
守るものが出来ると、人って変わるものですね…。
2007-10-03 水 22:01:34 | URL | まぁ [編集]
悠魅さん

そうですね。
婦人科に行くのって、それだけで億劫ですけど、検査するにこしたことないですよ。
検査自体は、すごく簡単に終わりますからね。
ぜひ行かれることをお勧めします。
2007-10-03 水 22:03:44 | URL | まぁ [編集]
エンジェルママさん

「母は強し!」って言いますけど、強いかどうかは別として、やっぱり変わりますよね。
「子のこのためなら死ねる!!」
ってほんとに思います。
でも、図太く生きるにはやはりまずは健康!!
ぜひ、検診に行きましょう。
…、ところで、アメリカで検査ってお値段どんなもんなのかしら?
2007-10-03 水 22:06:41 | URL | まぁ [編集]
匿名さん

お二人の体験談は読ませてもらっています。
健康な時って(体も心も…)その時の状態が当たり前で、そのありがたさって分からないものですよね。
あたしも、このようなことがなければ、生きていることの意味、病気になった時のことなど、考えることはなかったと思います。
でも、いろいろ考えて今は良かったと思っています。
だから、いろんな人に、命とは、病気とは…と考えるきっかけになってくれればと思い、HPを立ち上げたわけです。
>まぁさんの日記で考えさせられました。
って言ってもらえると、HP作った甲斐があったな~って思います。
ありがとう!
2007-10-03 水 22:14:21 | URL | まぁ [編集]
shiollyさん

ちょっと重い内容でしたかね…。
あたし自身は、流産のことも、がん検診のことも自分なりに消化していて、今ならサラッと書けると思って書いたのですが…。
婦人科って行きたくないですよね~。
分かります…。
でも、重い腰を上げましょう。
shiollyさんのことを大切に思っている人のためにもね…。
2007-10-03 水 22:21:03 | URL | まぁ [編集]
ゆずびさん

こどもがいると、ほんと
「自分だけの命じゃないんだな~」
って思います。
自分のHPにも書いてるのですが、近親者に子宮ガンの人がいると、やはり発症率は高くなるそうです。
ちなみにあたしのばぁちゃん、子宮ガンでした…。
お互い、気をつけた方がいいみたいですね…。
2007-10-03 水 22:25:38 | URL | まぁ [編集]
匿名さん

も~!!久しぶりじゃないのよ~!!
心配してましたよ~!!
また、そちらにもうかがいますね。

いろいろな人と話をすると、やっぱり子宮ガンや乳ガンの人多いですね。
それだけ、女性にとって気をつけなければいけない病気ってことでしょう…。
おっしゃる通り、体が病んでいると、心も病んでいくものです。
心身ともに出来るだけ健康でいられるように、お互いできるだけのことはしていきましょう。
2007-10-03 水 22:33:27 | URL | まぁ [編集]
多分検査はお高いと思うのですが、
軍人さんの家族と言う事で、35歳からは
確か乳がんや子宮ガン検診は無料で
受けられると思われます。
その他の健康診断も、無料で受けられる事になってます。
こちらは、入る保険によって適用範囲が違うので、軍人さんと言う事でこの保険に関しては、かなりの恩恵を受けていると思います。
ジョンQって映画ご存知でしょうか?
あれが、まさにアメリカの医療制度ではないかと、私は思います。
2007-10-04 木 10:37:00 | URL | エンジェルママ [編集]
エンジェルママさん

ジョンQってデンゼル・ワシントンの映画ですよね。
残念ながら観てないのですが…。
最近、マイケル・ムーア監督の「シッコ」が話題になっていて、アメリカの医療保険制度についてテレビで取り上げられてました。
それで、つい、
「アメリカで検査受けるのって、もしかしてすごく高いの?」
って素朴な疑問を持ってしまったわけです。

軍人さんて、国のために危険な仕事だってあるだろうから、それくらいの恩恵は当然か…。
納得。
2007-10-04 木 22:03:11 | URL | まぁ [編集]
子宮がん完治を目指して
拝見させていただきました。
またお邪魔します。
癌についての情報を集めていますので、よろしければいらしてください。
2008-06-23 月 12:48:00 | URL | 闘病者 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する