FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
れんこん料理会
 前回、生協ネタを書いたが、今回もその続き…。


 先日、あたしが加入している生協主催の「れんこん料理会」があって参加してきた。



 生産者の方が、実際に前日に掘ってきてくださったれんこんをもってきてくれて、れんこん料理の講習をしてくださった。



 れんこんっていうと、きんぴら、煮物くらいしかレパートリーがないあたし…。



 はさみ揚げなんてのもあるけど、めんどくさくてしたことない。






 だから、今回の料理会はかなり期待大で参加した。




 メニューはれんこんご飯、れんこんだんご汁、袋れんこん、れんこん餅の4品。

 どれもおいしくて、また家でも作って家族に食べさせようと思った。


 あと、からしれんこんの作り方のデモンストレーションもあり、なかなか有意義な料理会だった。




 ちなみに、れんこん餅はさっそく子どものおやつに作ってみたら、ゴンゴンにはかなり好評。

 おやつでありながらも、夫のべんとうにもちょっと入れてみたら、これまた好評。




 正月は袋れんこんとからしれんこんを作って持っていこうと思っている。






 さて、その料理会で、れんこんの生産者の方とお話をいろいろとした。





 れんこんにも種類がいくつかあって、全部あわすと収穫は7月から3月まで行われるんだそうな。




 泥の中に入るので、頭から足の先までゴムの作業着を着て収穫作業をするそうだが、これが、夏はサウナスーツを着ているようなもので、本当に大変らしい。



 冬は冬で、田んぼには氷が張っているくらい寒い日も収穫作業は行われる。




 草が生えれば抜かなきゃいけない。それも手作業で…。



 生協の商品は、「安心・安全」が基本なので、農薬は滅多に使えないのだ。





 それでも、アブラムシの被害はどうしようもないので、生協にお願いして、1~2回、それもすごく弱い薬を散布するらしい。





 夏の収穫作業は暑いので、出来れば朝の4時ごろから初めて昼前には終わりたいそうなのだが、機械を使うので、近所の民家からうるさいという苦情がくるので、近所の人たちが起き出すくらいの時間まで、作業がなかなかおこなえないそうだ。




 低農薬で育てようと頑張っても、近隣の住人からは


 「洗濯物に虫がつくから、薬をまいてくれ」


と、度々苦情を受けているらしい。





 住宅の方が、後から建ったのに…。





 最近、食の安全に対する意識が一昔前よりかなり高まっているように思う。



 出来れば、国産を…。


 出来れば、無農薬、もしくは減農薬のものを…ってね。





 でも、自分ちの近くに田んぼや畑があると、虫が家まで飛んでくるから、薬をまけって言う。


 言うくせに、自分は薬のかかったものは食べたくないと言う。





 なんか、矛盾してるよね。






 自分で、トマトやきゅうりを家で育てたことあるけど、ほんと手がかかるんだよね。


 水、肥料。虫がつかないようにこまめに消毒。



 で、出来た野菜はみてくれが悪く…。





 こんなことなら買った方がぜったい安い!!





 なんて、思っていたが、こんな収穫まで手間暇かかる農作物を、安くで買い叩いちゃいけないんだよね。





 安いものには理由がある。



 そして、高いものにも理由がある。





 農家の方の苦労が報われるような、消費者の意識が高まってほしい…。



 そんなことを思った料理会だった。
スポンサーサイト





テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

つれづれなるままに | 18:57:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する