FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
父、初登場!
 昨年の話なのだが、1年ぶりに大学時代の友人に会った。


 お互い子供づれなので、ゆっくりお茶なんぞ飲みながら世間話…っていうわけにもいかず、子供に振り回されつつ、近況をちょこちょこ話した。


 その中で、びっくりしたのだが、彼女のお母さんが1年ほど前に大やけどを負ってしまったそうなのだ。

 彼女の話によると…


 台所で火を使っていたとき、お鍋の向こう側のものを取ろうとして、コンロの火が彼女のお母さんの袖に燃え移ってしまった。

 自力でその火は消したものの、病院へ行ったら大変なやけどだったらしく、すぐに大きな病院へ転送されて、太ももの皮膚を移殖するという手術になった。


 たいへんなやけどだったのだが、不幸中の幸いはお母さんが木綿の服を着ていたこと。

 これが化繊だったら、もっと激しく燃えて、繊維が皮膚に貼り付いてさらに大事になっていたらしい。




 と、まぁ、こんな話だったのだが…


 「うちのお母さん、年とってきて目が弱くなってたみたいでね…。コンロの炎の外側って青い火でしょ。それって、目が弱くなるとよく見えないらしいのね。だから、鍋からはみ出してる青い炎が、お母さん、よく見えてなかったみたいなのよ。年寄りには多い事故なんだって。あたしもさ、『うちのお母さん、料理の時、えらく強火だな~』って思ってはいたんだよね。でも、それが目が悪くなってて見えてないなんて思いもしなくて…」


と、友人が付け加えた。



 あたしも彼女のお母さんには、1・2度お会いしたことがある。


 小柄で、上品な、しっかりした感じのお母さんだったイメージがある。


 「そんな、しっかりしたお母さんがそんな事故?!」


って、正直びっくりしたのだが、よく考えてみると彼女のお母さんにお会いしたのは、もう15年くらい前のこと。




 
 親はいつまでも昔のまんまのような気がしてたけど、自分が思っている以上に実は年をとってるのかもしれない…。


 そりゃそうだよね、子供のあたしが、もういいおばさんなんだから…。


 頼ってばかりじゃなくて、いたわってあげなきゃいけないんだよな~。




 がらにもなく、そんなことを思ったりしてね…。




 

 うちの父親も


 「俺は、あちこち悪いところはあるんだ!具合はよくないんだ!」


と自信満々に言う。




 「なら、病院行けば…」

と言うと、



 「いや、行かん!




 俺は我慢強いばい!






 こんな父親を、一体どういたわればいいんだ?!


 ぜひ教えて欲しい…。
スポンサーサイト





テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

家族のこと | 14:35:56 | トラックバック(0) | コメント(15)
コメント
うちの親も、気づかぬうちに年を取ってきました。
そして教科書通り、自分たちが年を取ったという認識に欠けていて、困ります。
でも仕方がないんです。
父の母と、母の両親が健在なので。

ひとつラッキーなことに、父が軽い病気になりました。
これで少しは、自分の年を意識してくれるようになると思うのですけどね。

まぁさんのお父さんも、一度くらいは検査を受けてくれるといいですね。
2008-01-24 木 17:53:19 | URL | shiolly [編集]
お父さんは、娘に甘えたいのかもね。

「なら、病院行けば…」なんて言わず、
優しいセリフでいたわってあげてちょ。
2008-01-24 木 19:13:53 | URL | 釣志(ちょうじ) [編集]
shiollyさん

ん~、おじいちゃん、おばあちゃんがお元気なら、お父さん、お母さんはなかなか自分の体のことまでは気が回らないかもしれませんね。

うちの父は、尿管結石だか、腎臓結石だかで一度入院したことがあるのですが、一晩で看護婦さんとけんかして、勝手に病院を出てきたやつです。
会社の健康診断も、最近は受けていないらしい…。
「どうせ、悪いこと言われるんだから受けん!」
だそうな…。
我が親ながら、あきれてしまいますよ。
2008-01-24 木 21:54:38 | URL | まぁ [編集]
釣志さん

お久しぶりですね~!
待ちわびてましたよ。
(だったら、自分がコメント入れろってね…)

うちの父があたしに甘えたいですって?
いやいや、そんな殊勝なやつではありません。
shiollyさんへの返信コメにも書きましたが、ちょっとしたことに因縁つけて、病院を飛び出してくるような、大人気ない男なのです。
ま、ただ単に臆病なだけかもしれません。

それでも、愛すべき父親なのですが…
2008-01-24 木 21:58:45 | URL | まぁ [編集]
自分の親を心配できるってうらやましいです。
私は実親を心配すらできませんから。

でも、義親も自分が結婚した時に比べていろんな意味で老いたな・・・って感じる部分はあります。
義親より今は義祖父母ですけど・・・・
2008-01-25 金 04:51:09 | URL | 蘭 [編集]
親を見て「年とったなぁ・・・」と思います(´・ω・`)
娘に「ママ、おばぁちゃんにならないでi-240」と
無理難題(笑)をお願いされたことがありますが
それと似た感じで、自分の親が年々年老いていく姿って 
何だか寂しい気持ちになっちゃいますね^^;

まぁさんのお父さんの言葉
「俺は我慢強いばい( ゚Д゚)」
ちょっと吹いちゃいました(笑)

ん~男気を感じる。゚+.(・∀・)゚+.゚
2008-01-25 金 09:45:29 | URL | *hug* [編集]
お久しぶりで~すヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪
なかなか訪問できずスイマセンでした(汗)

うちの父も病院は嫌いですよ。
「人には本来持ってる治癒力があるから!!」
とか威張って言ってますが。
糖尿病になってから、さすがに通院始めたけど。
やっぱり歳には敵わないってことですかね。
健康なつもりでも、歳をとることによって
思わぬ事故に遭遇したりしますものね。

ちなみにですが
私も服の袖に火が移って焦ったことがあります。
化繊だったので舐めるように火が広がって
すっごい怖かったですよー!!
原因は・・・まぁ・・さて置き。
すぐに消すことができたから良しとして(笑)

自分の体を過信しちゃいけませんね~(汗)
2008-01-25 金 12:02:42 | URL | ぼけ子 [編集]
コンロの向こうに物は絶対に置いてはいけないとテレビでよくやってますよねi-201
火が服に燃え移ると実際に実験をやってましたi-201
親の心配はご近所さんと集まるとご近所さんはよく話していますよi-202私はもちろん話題に入りませんがi-230
2008-01-25 金 14:25:39 | URL | 悠魅 [編集]
あー、うちの父も病院に行くということをあまりしないタイプです。
多分ねー、怖いだけだと思うんですけどね。
あと、病院って待たされるでしょう?
待たされるの嫌いな父ですから、きっとその辺も嫌なんでしょうねぇ、
こちらとしては、何か起きる前に病院に行ってほしいんですけどね。
2008-01-25 金 20:38:49 | URL | ジェイ [編集]
蘭さん

そっか、蘭さんとこは大家族ですものね…。
何かとご苦労も多いことでしょう…。
でも、最近、そんな大家族って珍しいですよね。
蘭さんは貴重な体験をされているわけですから、それがいつかどこかで活かされる日が来ますよ。
…でも、大変そうだね…。
2008-01-26 土 09:58:56 | URL | まぁ [編集]
*hug*さん

いつまでも親でいるような錯覚をしてしまいますが、「あそこがいたい、ここがいたい…」と言っている親を見ると、
「あぁ、やっぱり年をとってるんだなぁ~」
って、あたしも*hug*さんと同じく、寂しい気持ちになってしまいます。

うちの父親の男気…。
確かに男気といえばそうなのですが、男気出すとこが間違ってますよね。
2008-01-26 土 10:02:22 | URL | まぁ [編集]
ぼけ子さん

え~っ!!!
ぼけ子さんも袖に火がついたことあるの~?!
でも、大事はなかったようで良かったですね。
気をつけてくださいよ、「天然ぼけ子」さん…。

うちは義理の父が健康オタクなのですが、風邪だけは自力で治さなきゃいけないって、意固地になって病院にも行かないし、薬さえ飲みません。
「年寄りが無理して、肺炎にでもなったらどうするんだ!」
って夫が言うのですが、全く聞く耳を持ちません。
どこも、いろいろありますね~。
2008-01-26 土 10:06:52 | URL | まぁ [編集]
悠魅さん

親ネタなので、悠魅さんはコメント入れてくれないかな~なんて思ってたのですが…。
体験記を読んだりして、事情はちょっとは分かるつもりなので…。

他人がどうこう言うことでもないですが、ず~っとこのままっていうわけにはいかないでしょ?
わだかまりが少しでもとけるきっかけみたいなもの、ないのかな~?

って、あくまでもあたしの個人的な考えですけどね。
2008-01-26 土 10:13:56 | URL | まぁ [編集]
ジェイさん

うちもジェイさんとこと全く一緒です。
単に臆病なんですよね。
とはいえ、
「自分が重大な病気を抱えてるかも…」
って思うと、なかなか病院へは行きたくないものです。
そこを、なんとか説得して病院へ行かせるのが、娘の腕の見せ所?

…でも、あたしにはむり!
2008-01-26 土 10:17:05 | URL | まぁ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-01-27 日 17:23:04 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する