FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
信じていきたい
 本日は、とある有名人のお話。

 検索したら、確実にヒットするはず。

 そんな人のことを許可なく記事にするのはどうかと思ったが、思い切って書くことにした。




 あたしは中学のときから、ずっと吹奏楽でクラリネットを吹いていた。

 それは、社会人になってからもしばらく続けていた。



 彼は、中学の吹奏楽部のひとつ下の後輩だった。

 家が近所なこともあって、たまには一緒に帰ることもあった。

 並みの中学生と比べれば、ちょっとは上手だったと思うが、おそらくその程度だったと思う。



 ところが、あたしが卒業してから、彼が県外の私立高校に進学するという噂が流れてきた。

 その高校は、当時、吹奏楽の全国大会の常連校で、吹奏楽をやっている人なら知らない人はない、というくらい有名な学校だった。

 正直、あたしはそのニュースを聞いて、


 「いくら吹奏楽がうまいからって、県外にまで進学する必要なんかないんじゃないの。近くの高校だって上手なところはいくらでもあるのに…。それに、田舎の中学校レベルでは上手かもしれないけど、それが外に出て、どれくらい通用するかわからない」


と思っていた。



 それから7・8年の月日が流れ、彼が全日本管打楽器コンクールでグランプリを受賞したというニュースが届いた。

 音楽関係の雑誌などにも大きく取り上げられ、一躍、時の人となった。



 あたしたちが再会したのは、それからしばらくしてからである。



 再会をきっかけに、ちょこちょこ連絡を取り合うようになって、彼のそれまでのことをいろいろ知ることが出来た。



 彼の家は、ガラス屋を営んでいたのだが、彼が高校在学中に倒産してしまったのだそうだ。

 音大に進学することを希望していたが、経済的にそれは断念せざる得なくなった。

 しかし、音楽の道はあきらめきれず、高校の先生の薦めもあり、航空中央自衛隊の音楽隊に入ることになった。

 そこで、必死に練習し、また、いい先輩や後輩にも恵まれ、コンクールへ挑戦することができ、そしてグランプリ受賞となった。

 音大出身でもない人が、グランプリを受賞するなど異例のことで、そういう意味でも彼は注目を浴びることになった。



 「来年はアメリカで演奏する機会があるんです。それで成功したら、世界で演奏活動の道が開けると思うんです」

 そう、キラキラと目を輝かせながら彼は話していた。



 それから、また、数年後。

 彼は、とある世界的な賞を受賞し、現在世界各国で演奏活動を続けている。




 彼の努力と才能は素晴らしい……。

 確かにそう思うのだが、今は、彼の両親が素晴らしいと思わずにはいられない。



 子供の夢と可能性を信じられたこと。

 いつでも、子供を応援し続けられたこと。


 出来そうで、なかなか出来ないことだと、親になってみて思う。




 彼のことを思い出すと、

 「お金も物も必要だけど、でも、それがないからって人間だめになるわけじゃない。

 心を豊かにしてくれるものは、他にあるはずだ」

って気になる。




 でも、もし、同じような状況がうちで起こったとしたら……。

 あたしは

 「あんたの好きにしなさい」

って言う自信はない。



 きっと、

 「音楽なら、ここでも出来るでしょ。どうしてそんな遠くに行かなくちゃいけないの?音楽だけじゃなくて勉強だって必要なんだから…」

と引き止めるだろう。



 あたしが、子供の可能性を100%信じて、背中を押すことはやっぱり無理かもしれない。

 でも、子供の夢を応援し続ける努力はしたい。

 自分の出来る限り、子供の可能性を信じてあげたい。


 
 そんなことくらいしか、あたしには出来ないから…。




 いつぞや、彼のお宅にお邪魔した時に会った、心底人のよさそうなお母さんの表情が忘れられない…。
スポンサーサイト





テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

つれづれなるままに | 23:49:39 | トラックバック(0) | コメント(14)
コメント
音楽の世界って案外狭いみたいで、自分がほんの少しまじめに音楽と関わっただけでも、身近に「超級」の人が存在するようになったりしますね。
まぁさんの場合の指揮者さんやクラリネット奏者さんのような人が、私のまわりにもいます。
私は、彼らがもがき苦しんでいる姿も良く知っているし、親との激しい軋轢も間近で見ているので、自分に子供が出来た場合、そういう選択肢は選ばせないような気がします。

私の母は、子供の頃、毎日6時間バイオリンを弾いていたそうです。
母は途中で挫折。
音楽は趣味でやるのが一番、と思ったそうで、私にもそういう道を選ばせたみたい。

子供を100%信じたいという思いも、
子供に辛い思いをさせたくないという思いも、
みんな、親の素直な心なのでしょうね。

2007-12-11 火 11:09:24 | URL | shiolly [編集]
私の子供が夢を語る年になったら私や旦那は子供に何て言ってあげれるのかと思いましたi-195
私にも昔、夢がありましたが、親の反対で諦めてしまいました・・・・・
親が応援してくれる事はとてもすごいことだと思いますi-190
ちょっと考える良い機会になりましたi-179
2007-12-11 火 16:33:12 | URL | 悠魅 [編集]
成功した人の影には、素敵な親御さんの存在がありますよね。
本当に、自分の子供が夢を追う年になったら
子供の可能性を信じて投資出来るだろうか?
頑張ってと応援して常に背中を押せるだろうか?と考えると、
簡単な様で、非常に難しい事だと感じます。
自分には出来ないんだろうなぁ・・・。
でも、そうしてあげたいとは思ってますけど。。。難しい!
2007-12-12 水 09:10:20 | URL | エンジェルママ [編集]
そうですね、私もきっと心配性だから
安全な道を選んでもらいたいと思って
絶対反対してしまうと思います。
でも、そんな反対も覚悟の上で、
それでも俺はこれをやりたいんだ、と言えるものに出会ったとしたら、
それはすごく幸せなことなのではないかと思うんです。
だから、息子達には、
本当に好きなものを見つけたら
反対されることですぐにあきらめて欲しくないし、
逆に私を説得しようと努力して欲しいとも思ったりします。
親心は複雑ですね。
2007-12-12 水 17:11:27 | URL | ともちゃん [編集]
まぁさんの周りには音楽で有名な方いらっしゃるんですね。指揮者の方もそうですし、今回の方も。

プロスポーツ選手のご両親なんか見てもすごいな~と思わずにいられませんよね。
私も人の親になった時に子供の事を信じられる親になりたいけれど出来るかどうかは疑問です・・・。
2007-12-12 水 17:53:13 | URL | ジェイ [編集]
shiolly さん

子供には夢を持って欲しいって、親なら誰しも思うと思うんです。
でも、子供が夢に向かって突っ走ろうとすると
「おいおい、ちょっと待て!」
ってストップをかけたりする。
子供の夢を実現させるためには、言い方は悪いけど親がバカにならなきゃできないと思う。
でも、バカにはなかなかなれない。
子供に夢を持つきっかけを与えてあげたいと思いつつ、それが過熱すると夢をおしつけることになってしまう。
矛盾する気持ちにどう折り合いをつけていくか、難しいところなんでしょうね…。
2007-12-12 水 21:42:32 | URL | まぁ [編集]
悠魅さん

子供の夢を応援するって、言うのは簡単だけど、親としてなかなか出来ることではないですよね…。
もちろん、親と子供の夢が一致しておけば何の問題もないのですが、だいたい親の考えとは違う方向に進みたがるものなのでは…。
社会はそんなに甘くはない!
っていうことも教えなきゃいけないし、でも、それで子供の夢をつぶしたくはないし…。
矛盾する親心を、そう遠くない将来、お互い味わわなくてはいけないかもしれませんね。
2007-12-12 水 21:46:11 | URL | まぁ [編集]
エンジェルママさん

子供の夢をつぶしたい親なんて、いないはずなんですよね。
でも、子供の夢って大人から見たら、ほんと幼稚で危なっかしいものだから、ついついストップをかけてしまうんでしょうね…。
実際、あたしも親に反対されて断念したことあります。
でも、自分に強い志がなかったのもいけなかったんですよね…。
親として、もうしばらく考えていかなくちゃいけないなぁ…。
2007-12-12 水 21:49:18 | URL | まぁ [編集]
ともちゃん

そうそう、あたしもそう思います。
あたしは親に反対されて音楽の道を断念したのですが、自分にも
「絶対、音楽で生きていくんだ!」
っていう強い志もなかったんだと思います。
どんなに親に反対されようとも、親を説得するだけの情熱を子供には持ってほしいというのが本音です。
でも、世間知らずの幼稚な子供が、あたしを説得できるとは思えない…。
ま、もう少し先のことなので、ゆっくり考えてみます。
2007-12-12 水 21:54:35 | URL | まぁ [編集]
ジェイさん

言い方は悪いですが、その道のプロになった人たちの親って、バカな人多いですよね。
イチローのお父さんも、イチローの欲しいものは何でも与えていたって聞いたことあります。
(もちろん、野球に役立つならってことでしょうが…)
親がバカみたいに子供の可能性を信じないと、天才は生まれないんだなって思うんですよね。
でも、あたしは自分の子が天才だなんて思えない。
だから、無難な道を歩ませようとするかも…。
親って難しい。
2007-12-12 水 21:59:19 | URL | まぁ [編集]
まぁさん、アリガトね。
あたたかいエールを、アリガトね。
2007-12-13 木 13:56:04 | URL | 釣志(ちょうじ) [編集]
素敵なお話ありがとうございます。
私も子どもには夢を持って欲しいし・・・・
自分から語ってくれるときは親としてよりも、
同じ立場で話しあえたらいいなあなんて思います。
親と言うものは、子どもに幸せになって欲しい!!
誰でも強く思うものだと思います。
それが本当に子どもにとって良いことなのか、
もしかしたら子どもの考えのほうが良いかもしれない。
なんて・・・・・
柔軟な頭を持ちたいなあ。
まだ小さいので真剣に夢を語ることはないけど、
そのときが来たら応援できる母でいたい!!
そして子どもには、いつでも夢を持っていける人間でいて欲しいなあ~

実は、昨日大喧嘩したばかりだったから、こどもと・・・・・
なんか考えちゃっていたのよね。
そんなときのこのブログ、じっくり考えることが出来てよかったです。
まあさん!!ありがとう。
2007-12-13 木 15:14:15 | URL | candy [編集]
釣志さん

こんなことしか書けないけれど、
心から応援しています。

ちょっとでも、その気持ちが届いていればうれしいです。
2007-12-28 金 21:42:24 | URL | まぁ [編集]
candyさん

返信コメ、遅くなってごめんなさい。

親であるって難しいですよね。
ドラマのように、タイミングよく現れて、心に響く言葉を残して、かっこよく去っていく…
そんな親にはとうていなれそうにありません。
いつまでも、初心者全開で子供に向き合っていこうと思ってます。
2007-12-28 金 21:45:09 | URL | まぁ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する