FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
魔法の靴
 今週末、小学校の運動会がある。


 母は弁当作りが憂鬱なのである。




 ま、それはさておき…。



 小学校では毎日毎日、2~3時間程度、運動会の練習に費やされている。

 けっこうゴンゴンも疲れてるよう。





 ゴンゴンは運動が大の苦手なので、幼稚園でもかけっこでビリを脱したことがなかった。


 それを、ゴンゴンは靴のせいにしていた。





 「瞬足」っていう靴のCMを見たことがあるだろうか?



 子どもたちの間で、かなりはやっていて、「瞬足」を履いたら速く走れると信じている。





 幼稚園のときも



 「あ~あ、『瞬足』だったら、ぼく、もっと速く走れると思うんだよな~。ソウダイくんも『瞬足』なんだよな~」



と何気にあねだりをしていたゴンゴンだが、シカト!






 実は、いつぞやのお誕生のプレゼントでおばあちゃんから『瞬足』をもらっていたのだが、すっごく大きいのを買ってきて、そのころはまだ履けなかったのだ。




 そして、今年ついにその『瞬足』がジャストフィットするようになった。





 「今日はこれ、履いていきなさい」



と言って、『瞬足』をある日玄関に出すと…






 「お~っ、『瞬足』だ~!」





と、テンション↑



 喜んで、出かけていった。





 そして、次の日…



 玄関まで来て、靴を履こうとしたとき、





 「『瞬足』履いたけど、全然フツーだし…。全然変わらんし…。4番だったし…」


とつぶやくゴンゴン。





 「4番って何人で走って?」






 「4人です」







 か~っ、ビリですか?





 残念ながら、『瞬足』は魔法の靴にはならなかったらしい…。






 今年も、ビリからトコトコ走ってくるゴンゴンを見て、苦笑することになるんだね~。

スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

子供ネタ | 13:36:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
オートゲリ
 たーさんが水疱瘡にかかった。



 しかし、けっこう軽くですみ、平和な日常が帰ってきたかに思えた。





 ゴールデンウィークも終わり、やれやれ、そろそろ自分の自由な時間が増えてくるぜ!!



と期待していたころ、今度はゴンゴンが体調不良を訴えた。






 まさか、水疱瘡?!




 いやいや、そんなはずはない。




 ゴンゴンはすでに水疱瘡は終わっている…。






 とりあえず、学校は休ませて、様子をみることにした。





 吐き気があるらしく、食欲がない。



 熱も若干ある。



 しかも、その夜、下痢まで…。






 こりゃぁ、嘔吐下痢症ですな。




 かわいそうに…。





 でも、病院にいくほど弱ってもなく、本人も寝ていれば大丈夫ということなので、様子をみることにした。



 ま、これもお陰様で、2日学校をお休みしただけで、自力で回復することが出来た。


 本調子ではないものの、どうにか小学校に復帰できた。






 さて、それから数日後……






 たーさんが、朝から腹痛を訴えた。



 ん~、ゴンゴンのがうつったか?





 しかし、その日は幼稚園のお誕生会があり、あたしは役員さんで係になっていたので、お誕生会のお手伝いに行かなくてはいけないことになっていた。



 ん~、熱もないし、ウンチもないって言っているから、半ば無理やり幼稚園バスに乗せた。



 あたしって鬼母…。






 さて、お誕生会のお手伝いに幼稚園に行くと、やはりたーさんは具合が悪かったらしく、涙目で過ごしていたらしい。



 しかも、ちょっとウンチがゆるくて、出ちゃったらしい…。




 というわけで、お誕生会のお仕事が終わって、すぐ、たーさんは母と一緒に降園することとなった。







 でも、そのときはまだ結構元気だったのさ。


 だから、安心して、おやつなんかあたえちゃってね…。


 これが、大失敗。





 その後、いちお病院で診てもらったら、「嘔吐下痢症でしょ!」と診断され、整腸剤と下痢止めを処方された。




 先生からは、


 「この後吐くかもしれませんね。あんまりひどいようだと、点滴という手もありますが、ま、いちお様子をみてみましょ」


と言われ、お薬をもらって帰ったのだが、そのころにはたーさんの機嫌は悪さは最高潮!




 あ~、やれやれと思いながら、家に帰り着いた途端、玄関で





 ゲ~ッ!!!





 ギエ~ッ!!!



って感じだったけど、車の中じゃなくて、玄関で不幸中の幸いだと思い直した。





 玄関だったら、ふいて、その後水流せばすぐきれいになるからね…。





 さっきの「じゃがりこ」がすべて、吐しゃ物となって玄関に…。





 嘔吐下痢症が疑われるんだから、そんなおやつを与えるなっちゅうに…。


 ばかなあたし…。






 さて、その後、嘔吐と下痢でのどが渇くたーさんはアクエリアスをゴクゴクのんで、また吐いた。



 しかも、今度はカーペットに…。



 いや~ん!!





 でも、仕方ない。だって病気だもん…。






 そんなこんなで、子どものウンチだの、吐しゃ物だの始末に明け暮れる母。


 手はそのたび洗ってるけど、なんだか嫌な予感がする…。







 そして、その予感、



 見事的中!!






 次の日から、あたしもお腹がピーピー。





 そして時間を追うごとに、体調が悪くなっていく。






 こりゃぁ、うつったな。





 それから3日間、寝込むこととなる。



 一時は39度の熱が出て、死ぬかと思った。



 あまりにもきつかったのだが、うちにはあいにく解熱剤がなく、途方に暮れてしまったのだが、その時いいこと思いついてしまった。





 たーさんがもしもの時のために解熱剤を処方されていたのだ。



 背に腹はかえられぬ。




 子どもの薬に手を出してしまった。



 1包では足りないと思ったので、2包のんだら、効果てき面!



 1時間ほどで、38度くらいまで下がり、ずいぶん楽になった。






 あ~、つらかった、嘔吐下痢症…。




 あんな病気、二度とかかりたくないぜ。






 でも、今回、ゴンゴンがよく働いてくれた。


 薬を運んできてくれたり、お水やジュースを持ってきてくれたり…。




 いや~、しっかりお兄ちゃんしてくれたよ。







 それに比べて、夫ときたら、病気の妻と子どもを置いて、バイクに乗って遊びに行きやがった。



 ったくよ~!!







 今週はピアノの発表会があるし、来月は漢字検定もある。



 なんだか、寝てる間にすべてが抜けていった気がする…。






 あ~、どうなることか。不安だよ…。

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

未分類 | 00:19:12 | トラックバック(0) | コメント(2)