FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
こんなん作ってみました
 「無印良品」のCMで、お母さんと子どもがクッキーを焼いて、それでかわいいおうちを作ってるのを見たことはないだろうか?



 あたしゃ、まんまとそのCMに踊らされ、「無印」にて材料を購入してしまった。




 子どもと楽しくクッキーの生地をこねて、型に切って、おうちの形に組み立てていくなんて……



 ん~、想像すると楽しそう!!






 そう思って、休日に作ってみた。








    満身創痍!!






 型を切らせても、まっすぐ切れない。


 だから、あたしがやり直す。


 たーさんは、力の加減が分からないので、よかれと思ったことが破壊行為となってしまう。


 最初は、やりたがっていたのに、しばらくすると飽きて


 「あとは、お母さんお願いね~」


と言って、テレビの方へ去っていってしまった。






 結局、製作に4時間もかかってしまった…。


 出来上がったころには、もうヘトヘトよ。





 そして、その完成品がこれ!



クッキー1




 クッキーで部品を作って、それを接着してしばらく冷蔵庫で固めなきゃ、次の作業に入れなかったりするので思いのほか時間がかかるんだよね。



 まぁ、あたしが、この手の作業に不慣れであるというのが一番問題だったのだが…。





 でも、まぁ、出来てよかったよかった!







 んで、次の日、近所のお友達のヒナちゃんをよんで、クッキーを食べようぜ!ということになった。




 ヒナちゃんというのは、ゴンゴンと同じ幼稚園に通う、4歳の女の子。


 ゴンゴンもたーさんも、ヒナちゃんが大好き。


 というか、ヒナちゃんの言いなり…。




 ヒナちゃんと弟のハルくんとヒナちゃんのママも来て、ちょっと自慢げにクッキーハウスを披露!




 ヒナちゃんの反応は…




 「ふ~ん!」









 ……それで終わりかい!!





 そのあと、みんなでクッキーでおやつタイム。




 壊すのはもったいないけど、食べずにだめにしてしまうのはもっともったいないからね…。




 って、壊し始めたら、子どもたちは大喜び。






 ガンガン壊していって、最後は無残な姿に……。





 今回の教訓。



 子どもは製作よりも破壊が得意である。






 あぁ、悪魔だ。


 クッキー2


 ついでですが、うちの悪魔たちです。

スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

子供ネタ | 16:49:07 | トラックバック(0) | コメント(4)
クリスマス大作戦
 ゴンゴン6歳。


 今だサンタクロースの存在を信じる男。




 毎年、そのゴンゴンのために母はクリスマスプレゼントをコソッとクリスマスの夜に、枕元においている。




 さて、今年のプレゼントは何にしよう…。




 そんなことを考える時期になった。




 そんな時、ベネッセから「こどもチャレンジ」の申し込みのお便りが届いた。

 ありがたい事に、DVD付き…。



 このDVDがよく出来ていて、子どものハートをわしづかみ。




 ベネッセの戦略にまんまとはまったゴンゴンは、「チャレンジ1年生」のキャラクター、「コラショ」のとりこ。





 「お母さん、ぼく、『書き順ばっちりマシーン』と『目覚ましコラショ』が欲しい~!」

と、おねだり攻撃を仕掛けてくる。


 実は4月からの「こどもチャレンジ」を申し込むと、クリスマスに間に合うように、付録の教育玩具が届くのだ。



 「ダメ!ゴンゴンはひらがなも漢字も書けるし、うちには目覚まし時計もあるでしょ!」



 「え~っ、でも、漢字の書き順は分からんよ~」



 「分からないのは、お母さんが教えてあげます!」



 生半可、勉強のできる親を持つと、この手のおねだり攻撃は通じない。







 でも、めったにおねだりをしないゴンゴンの頼みだし、クリスマスプレゼントも必要だし、あたしだって鬼じゃぁない。



 結局、ゴンゴンには内緒で「こどもチャレンジ」を申し込んでやった。





 これで、ゴンゴンのクリスマスプレゼントは決まった。



 たーさんは、恐竜のとりこなので、恐竜の図鑑でいいだろう。



 あと、「おかあさんといっしょ」のCDも付けてやれば完璧だ!






 二人がじじばばのところに遊びに行っているすきに、ササッとプレゼントを買いに行って、押入れにしまいこんだ。


 これで、ほぼ準備は整った!




 クリスマスの朝、子どもたちの喜ぶ姿が目に浮かぶ…。





 あとは、ベネッセからクリスマスボックスが届くのを待つのみ!





 すると、日曜の朝……

 ピンポーンとチャイムの音。




 ゴンゴンもたーさんも玄関に出てみると




 「お届けもので~す」



 そして、お兄さんが持って箱は…






 思いっきり、コラショがパッケージに印刷されている、「チャレンジ1年生」のクリスマスボックスだった~!!





 「お母さん!何それ?ねぇねぇ、何それ?」


 「うるさい!部屋に行っときなさい!」

 あきらかにうろたえている母。



 荷物を持ってきたお兄さんは


 「あれ、マズかったですかね?」






 当たり前です!




 なぜに、日曜日に小包が届くんだ!

 普通、平日だろ!




 その後、そそくさとクリスマスボックスは押入れにしまわれたが、なんとなくゴンゴンも釈然としない様子。





 ああ、あたしのクリスマス大作戦が~!!







 今年、サンタさんの正体がばれてしまいそうな予感がする母なのです。

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

子供ネタ | 10:14:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
ちょっとした疑問
 美容院や理髪店は月曜日が定休日のことが多い。


 病院は、あたしが知る限りでは、週の中日(だいたい水曜日か木曜日)の午後が休診のことが多い。


 そして、パン屋…。




 あたしが時々利用するパン屋が4件あるのだが、これがすべて火曜日が定休日。




 そして、だいたい


 「今日のお昼は、パンでも食べようかな~」


って思うと、火曜日…。






 定休日じゃん!!






 パン屋って火曜日が定休日っていうのが一般的なの?

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

未分類 | 14:09:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
れんこん料理会
 前回、生協ネタを書いたが、今回もその続き…。


 先日、あたしが加入している生協主催の「れんこん料理会」があって参加してきた。



 生産者の方が、実際に前日に掘ってきてくださったれんこんをもってきてくれて、れんこん料理の講習をしてくださった。



 れんこんっていうと、きんぴら、煮物くらいしかレパートリーがないあたし…。



 はさみ揚げなんてのもあるけど、めんどくさくてしたことない。






 だから、今回の料理会はかなり期待大で参加した。




 メニューはれんこんご飯、れんこんだんご汁、袋れんこん、れんこん餅の4品。

 どれもおいしくて、また家でも作って家族に食べさせようと思った。


 あと、からしれんこんの作り方のデモンストレーションもあり、なかなか有意義な料理会だった。




 ちなみに、れんこん餅はさっそく子どものおやつに作ってみたら、ゴンゴンにはかなり好評。

 おやつでありながらも、夫のべんとうにもちょっと入れてみたら、これまた好評。




 正月は袋れんこんとからしれんこんを作って持っていこうと思っている。






 さて、その料理会で、れんこんの生産者の方とお話をいろいろとした。





 れんこんにも種類がいくつかあって、全部あわすと収穫は7月から3月まで行われるんだそうな。




 泥の中に入るので、頭から足の先までゴムの作業着を着て収穫作業をするそうだが、これが、夏はサウナスーツを着ているようなもので、本当に大変らしい。



 冬は冬で、田んぼには氷が張っているくらい寒い日も収穫作業は行われる。




 草が生えれば抜かなきゃいけない。それも手作業で…。



 生協の商品は、「安心・安全」が基本なので、農薬は滅多に使えないのだ。





 それでも、アブラムシの被害はどうしようもないので、生協にお願いして、1~2回、それもすごく弱い薬を散布するらしい。





 夏の収穫作業は暑いので、出来れば朝の4時ごろから初めて昼前には終わりたいそうなのだが、機械を使うので、近所の民家からうるさいという苦情がくるので、近所の人たちが起き出すくらいの時間まで、作業がなかなかおこなえないそうだ。




 低農薬で育てようと頑張っても、近隣の住人からは


 「洗濯物に虫がつくから、薬をまいてくれ」


と、度々苦情を受けているらしい。





 住宅の方が、後から建ったのに…。





 最近、食の安全に対する意識が一昔前よりかなり高まっているように思う。



 出来れば、国産を…。


 出来れば、無農薬、もしくは減農薬のものを…ってね。





 でも、自分ちの近くに田んぼや畑があると、虫が家まで飛んでくるから、薬をまけって言う。


 言うくせに、自分は薬のかかったものは食べたくないと言う。





 なんか、矛盾してるよね。






 自分で、トマトやきゅうりを家で育てたことあるけど、ほんと手がかかるんだよね。


 水、肥料。虫がつかないようにこまめに消毒。



 で、出来た野菜はみてくれが悪く…。





 こんなことなら買った方がぜったい安い!!





 なんて、思っていたが、こんな収穫まで手間暇かかる農作物を、安くで買い叩いちゃいけないんだよね。





 安いものには理由がある。



 そして、高いものにも理由がある。





 農家の方の苦労が報われるような、消費者の意識が高まってほしい…。



 そんなことを思った料理会だった。

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

つれづれなるままに | 18:57:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
何だか深みに…
 10・11月は忙しかった。


 仕事の締め切りやら、ピアノの発表会やら、歯医者やら…。



 ようやく、一段落…と思っていたのに、毎日何かと予定がある。

 

 やらなきゃいけないことをしていたら、ブログを書くのが後回しになってしまっている始末。


 現在、ブログはあたしの「しなきゃいけないことランキング」の中では、ちょっと下位にランクされているのだ。





 さて、いろいろ忙しかったのだが、何が忙しいって、生協の活動なのさ。





 あたしは、2年半ほど前からとある生協に加入している。


 入るきっかけを書くとなが~い連載になりそうなので、今回は割愛。


 ま、付き合いでしぶしぶ入ったとでも言っておこう…。





 加入して半年位して、その生協のウェルカムパーティーなるものに誘われて、軽い気持ちで参加してみた。


 そこで、執拗な地域委員への勧誘を受けた。



 そのときも、ちょっと知っている人がいたので、断りきれずにしぶしぶ承諾。




 地域委員というのは、つきに1回集まって、生協の商品や、福祉や、環境などについての勉強会プラス、生協の商品の試食なんぞして、みんなで談笑するというような会を催す。



 生協の行事などがあると、その手足となって働くこともある。




 あたしは、世間話が苦手なので、毎月参加するがあまり心開かず、適当に話をしてそそくさと帰るというスタンスで1年くらい過ごしてきた。



 ただ、託児があるので、ときどき子どもと離れていろんなためになる話を聞けて、しかも試食があってというのはけっこう魅力的だったのだ。




 で、地域委員の中には委員長、副委員長と5人の常任委員という人がいる。



 その人たちは、地域委員会の企画や、地域委員主催の行事の企画などを行い、そこそこ忙しいらしかった。





 その、常任委員にあたしが先ごろなることになってしまった。






 こんなはずじゃ~!!





 ま、でも、言われたことをササッとやっとけばいいんでしょってくらいの軽いノリで引き受けた。




 んで、常任委員会に臨んでみたら…。





 みなさん、普通の専業主婦なわけで、会議を開いてもなんだか進行がまどろっこしい。

 奥さんたちの話し合いだからね…、別にそれでもいいんだけど、こんな調子じゃ日が暮れちまうぜと思ったあたしは、ついつい口を出してしまう。




 というわけで、なんだか最近あたしの発言力が増してきているような…。




 能ある鷹は爪を隠すというが、爪見せまくってるよ。しかも…




 深爪しそうなぐらいね!




 でも、やってみると楽しいこともあるし、勉強になることもある。


 あと、子どもと引きこもりになりがちなのだが、委員会に出るおかげで、子どもと離れて少し人間らしい会話もできていい気分転換にもなる。



 というわけで、最近生協漬けの日々。



 最初はこんなつもりじゃなかったのにな~。




 夫に話したら




 「いいじゃん!この調子で、市議会議員まで上り詰めれば!ハハハ…」




だってよ。気楽だ…。









 何年後かに



 「あたし、出馬します!!」



って書いちゃうかもよ~ん!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

未分類 | 16:57:57 | トラックバック(0) | コメント(4)