FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
またトラブっちまったよ
 また、PCがトラブった。

 今まで、調子悪いのをだましだまし使ってきた。

 そして、ついにとどめをさしてしまったような気が…。



 この記事も弟のPC借りてアップしている。



 うちのPCの復旧のめどは立っておらず、しばらく更新できないような状況。



って言っても、今までだってしょっちゅう放置してたわけだから、心配されることもないんだろうけどさ…。



 ま、ということで、PCが元気になったら帰ってきま~す。


 とりあえず、お知らせまで…。

スポンサーサイト



テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

未分類 | 17:40:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
卒業式の思い出
 卒業式のシーズンですね。

 みなさんのブログでも、卒業式&卒園式の記事を読みながら、あたしも卒業式のことを思い出します。



 あたしは、以前、高校の教諭をしていた。

 多分これは、ブログで初めて明かすあたしの過去ではなかろうか。


 先生になって4年目に、初めて3年生の担任をした。

 まだ、生徒と年齢も近かったので、クラスマッチ、文化祭などなど、みんなでがんがん盛り上がってた。



 そして、もうすぐ卒業というころ、3年生から、卒業式で「仰げば尊し」を歌わせてほしいという申し出があった。

 「仰げば尊し」を歌わなければ泣けないとかいう理由で…。

 最近の卒業式では「仰げば尊し」ほとんど歌われない。

 「仰げば尊し我が師の恩」って、先生への感謝、尊敬を歌っているわけだから、それを先生サイドが生徒に強制して歌わせるのはおかしいっていう理由で。

 特に組合の先生が強固に反対するのだ。




 いちお、職員会の議題としてあがったのだが、卒業式の式次第はもう決まっているので、来年に向けてまた検討していきましょう、ということで生徒の申し入れはあえなく却下された。





 そして、卒業式。



 あたしは、3年生の担任の席で、生徒との様々な思い出にひたっていた。

 式は厳かに、粛々と進み、卒業生退場の時となった。



 進行の先生が

 「卒業生退場」

と言おうとしたその瞬間、生徒の一人が式場に響き渡る声で、

 「卒業生、左向け左!!」

と号令を発した。



 生徒は一斉にあたしたち職員の方を向いた。



 「仰げば尊し、斉唱!」


と、ふたたび号令を発した後、卒業生が「仰げば尊し」を歌い始めた。




 伴奏もなく、音程もメチャクチャだったが、最後までしっかりと歌ってくれた。

 涙があとからあとから流れて、止まらなかった。

 歌い終わった後、あたしたち職員は生徒に深々と一礼した。




 「美容師になって、店を持ったら、いつでも来な!!」と言ってた子。
 たばこ吸って2度も謹慎になったけど、卒業のときは「先生、迷惑かけてすいませんでした」と言ってくれた子。
 不登校を克服してようやく卒業にこぎつけた子。
 いっつも元気いっぱいで、みんなをまとめていってくれた子。


 みんな、どうしてるんだろう…。
 今頃、ママになってるのかな?
 それとも、バリバリ働いていたりするのかな?



 この季節になると毎年思い出す、素敵な思い出である。

 

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

つれづれなるままに | 23:59:35 | トラックバック(0) | コメント(4)
あたしが苦手なこと
 何度もピアノの演奏をアップしているにもかかわらず、その感想コメはほとんどなく…。


 ちょっと、寂しく思っていたところ、なんと聴けないらしい…。


 うちのブラウザでは問題なく聴けるので、


 「よしよし、成功!!」


と思っていたのだが…。





 原因は分からないけど、テンプレ変えてみた。

 もちろん、これが原因とは思えないけどね…。




 でも、また懲りずにアップしていくよ。

 春の発表会も近くなってきたしね。



 ところで、先日、グリンコープの「子育てサロン」なるものへ行って来た。

 いつも、案内を見ながら

 「行ってみようかな~」

と思いつつ、一人じゃつまらなそうだし、その日に限って、他に用事があったりして今まで行ったことなかったのだが、今回、ちょっと誘われたので、行ってみた。



 そんな会に参加して、毎回思うのだが、




 あたしって、世間話が苦手




 ゴミ出しに行って、近所のおばちゃんにたまたま会って、世間話した後もなんだか心が疲れる…。

 グリンコープの地区委員会に出て、世間話してきて疲れる。

 公園で、偶然会った人と世間話して疲れる。



 よくよく、考えてみると、あたしの今までいた職場はほとんど男性。

 いっつも、男と飲んで、しゃべって、時には意見を戦わせてきた。



 そして、専業主婦になってみると、当然女性と話をする機会が増えた。

 というか、そればっかり…。



 話すことといえば、子供のこと、幼稚園のこと、子育てに対するありがたい訓示などなど…。




 夫は

 「人の噂話や、悪口言うよりはいいんじゃない」

と言う。




 確かに、おばちゃんたちはゴミ出しのついでに愚痴や噂話を延々としている。




 あたしは、あたしという一人の人間として会話をしたいのよ。

 幼稚園の先生の噂話や、よそんちの子供の話なんかどうでもいいのさ。




 そんな、あたしがとても楽しみにしているのが、ピアノのレッスン。

 先生も、1歳の娘さんがいるので、ママトークもするのだが、なんと言っても音楽の話ができるのがいい!


 「モーツァルトって……、ドビュッシーって……」

 「そうそう!!分かります!!」


っていう感じで、語り合いながら音楽を作り上げていける。






 な、なのに……





 先生、肋骨を骨折してしまったのさ!






 実は、その前はご主人が具合が悪く、その前は娘さんが入院して、レッスンがとんでいるのよ。


 そこへ、今度は先生が骨折…。




 先生はもちろん不運なのだが、あたしも不運なのだ。




 世間話が苦手なあたしのためにも、先生、早くよくなって~!!

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

つれづれなるままに | 00:51:26 | トラックバック(0) | コメント(2)
月光 第三楽章
 お待たせしました!!


って誰も待ってない?



 昨年、秋の発表会で弾いたベートーヴェンの「月光」の第三楽章をアップしま~す!!


 あの時は、けっこう好評だったし、自分でも久々に弾いたわりにはうまく弾けたんじゃないのって調子に乗っていたのだが…



 録音で客観的に聴くと……





 恥ずかしすぎる!



 とにかく、全体的にまったりしているのはなぜ?

 テンポがゆっくりなだけではない。

 勢いがないというか、何というか、とにかく演奏が止まってしまいそうな感じがする。

 ん~、まだまだ修行が足りませんな…。



 細かなミスをあげればきりがないのだが、後半に致命的なミスがある。

 「あたし、音楽、よく分からないし~」

って人でも絶対分かる。


 そのくらい致命的なミスがあるのだが…。



 ま、いい!!



 縁起物だと思って(何の縁起だ?)聴いてやってください。

 ちなみに、7分20秒くらいの演奏です。

音楽を聞くにはプラグインが必要です

あれ?聴けないぞ…というかたは
http://piano-forever.seesaa.net/article/115590187.html
へ行ってみてください。




 しかし……





 それほどまでにして、聴かす演奏ではないのに、なぜにここまで頑張るか、あたし…。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

ピアノ | 00:25:12 | トラックバック(0) | コメント(6)
貞子、ふたたび
 みなさま、御機嫌よう。

 まぁです。



 今回のタイトルを見て、

 
 「もしかして……」


と思った方。




 あなたはあたしの良き理解者です。



 そう、あたくし、またしても、ぎっくり腰になってしまったの~!!


と、大げさに赤字にすることでもないのだが…。



 ぎっくり腰と貞子の関係については過去ログ参照で…
 http://forevertable.blog98.fc2.com/blog-entry-99.html#more


 いや~、まいったね。


 ぎっくり腰から1週間。

 ようやく、普通の歩行速度に近づいてきた。


 まだ、寝たり起きたり、立ったりしゃがんだりっていうのはつらいんだけどね…。




 ところで、話は変わりますが、


 耳かきをしたら、咳が出ませんか?


 あたしは、耳かきをしたら、必ず咳き込む。

 みんなそうなのだろうと思っていたら、夫に聞く限りどうも違うらしい。




 さて、ぎっくり腰をしたとき、咳とくしゃみは出来ない。


 いや、してもいいさ。


 してもいいけど……






 あまりの激痛に悶絶すること間違いなしだけどね…




 んでもって、今回腰が痛くてヨレヨレの時、突然耳がかゆくなった。


 「あぁ、耳かきしよう…」


と思って、耳かきのある場所へヨロヨロ移動。




 そのときは、「耳かき→咳き込む→悶絶」というごくごく単純な関連をすっかり忘れていた。




 耳かきで、耳の奥をホジホジ…

 あぁ、気持ちいい~



 と、その時、喉がムズムズ…





 しまった~!!忘れてた~!! 




 でも、後の祭り。

 咳が出る。

 でも、咳をするのは怖い。怖すぎる…。

 あぁ、でも、のどがムズムズ。

 我慢できん!




 そして……




 「ケヘッ!うきゃぁ!!ケヘッ!うきゃぁ!ケヘッ!うきゃぁ!!




 さぁ、解説しよう!



 咳は本来、「ゴホン、ゴホン」だが、腰の痛みを恐れるあまり、まことに貧相な咳払いのような咳をしたのだ。

 しかし、それでも腰の激痛は避けることは出来ず、まことにひ弱な咳の後悲鳴を上げることになる。

 さらに、そんなひ弱な咳では喉のムズムズも解消されず、またも咳をする。

 そして、悲鳴…。


 そんなことを数回繰り返して、ヘトヘトになってしまった。




 あぁ、情けない……。



 そんな状態だったので、ピアノの練習も思うように出来ず、半端なまま先生のところへ行ったら、

 なんと、先生がレッスンの日を勘違いしていて、すっぽかされしまった…。



 ついてね~。





 でも、悪いことばかりでもなくて、


 腰の痛いあたしをいたわって、ゴンゴンが積極的にお手伝いをしてくれたり、2歳児なりに、母の情けない姿を不憫に思ったのか、抱っこ星人だったたーさんが、この1週間まったく抱っこをせがまなかったりした。


 知らない間に、子供ってのは成長するもんなんだね~。

 シミジミ……。




 あとは、夫の成長を祈るのみ!!


 

テーマ:ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ - ジャンル:日記

体のこと | 23:25:40 | トラックバック(0) | コメント(2)