FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
このごろ、気づいたこと
 前回の記事では、みなさんの温かいコメント、ありがとうございました。


 おかげさまで、たーさんの傷は順調に回復し、かさぶたがポロッととれそうな感じになっております。


 子供の回復って早い!!



 ところで、けっこう同じような体験している人、多いんですね。

 子供って、何しでかすか分かんないし、目の前にいても怪我しちゃうことあるもんね~。

 うんうん、これからはもっと気をつけないとね…。



 
 さてさて、今回はごみについてのお話。




 先日、新聞で

 「生ごみの大半は水分!」

という記事を読んだ。



 何割かは忘れたが、生ごみって水分がかなり含まれていて、その水分を乾燥させればかなりごみのダイエットになるという話だった。


 この地区は、一般ごみとプラスチックごみ(以下 プラごみ)と資源ごみに分かれている。



 プラごみというのは、正確には「プラスチク容器包装」で、食品トレーとか、お弁当の入れ物とか、弁当に入っているしょうゆやソースの袋とかがこれに含まれる。

 例えば、洗面器とか、CDとかいうプラスチック製品は対象ではない。

 これは、「包装」ではないから、一般ごみなのだ。

 
 

 同じ「プラごみ」だからいいじゃん!


って感じなのにね…。




 実は、プラごみはリサイクルされるらしいのだが、それにはコストが当然かかるわけで、そのコストをlどこが負担するかっていうのが問題になる。



 ごみを出す方が負担する(税金とかでね…)のがすじのような気がするが、それでは消費者が買い控えるのでは…とメーカー側が心配し、ならば、リサイクル工場の資金はメーカー側が負担しましょうということになっているのだ。



 つまり、自分たちの商品をラッピイングしているプラスチックについてはリサイクルのコストを負担するけれと、それ以外は知らないよってこと。



 資源ごみとは、びん、かん、ペットボトルのこと。


 この場合、びん、かんは一緒の指定袋で出してよいが、ペットボトルはそれ用の袋がある。




 資源ごみとプラごみ以外は、基本的にはすべて一般ごみなんだな。



 我が家では、食品トレーや牛乳パックは、スーパーなのど回収ボックスに持っていくようにしている。

 ペットボトルとアルミ缶は月1の廃品回収で出す。

 と言っても、ペットボトルなんてめったに買わないから、あんまりないんだけどさ…。



 あたしなりにごみのスリム化を図っているのだ。



 そんなところに、生ごみの記事…。



 よし!さらにスリム化にチャレンジ!




 ということで、今、生ごみは小さなざるに分けておいて、一日、裏の軒下で乾燥させて捨てるようにいる。


 これで、一体何グラムの減量につながるかは分からないが、しばらく続けてみようと思う。




 でね、こんなことしていて、初めて気づいたのだが…




 意外に生ごみって出ないんだよね。




 考えてみれば、お魚を一匹買ってきてさばいてってことをすれば、生ごみ出るけど、最近はパックに入った切り身を買うことが多いし、お肉にいたってはほとんどごみは出ないでしょ。


 生ごみが多い日って、野菜や果物をたくさん使った日なんだよね。


 へたをとったり、皮をむいたりするからどうしてもごみが多くなる。



 ん~、ヘルシーな食事をするとごみが増えるのか~。



 今さらだが、新鮮な発見…。




 最近では、生ごみの量が、ヘルシーな食事のバロメーターになっている。




 最初は


 「めんどくさいんじゃないかな?」


って思っていた、生ごみの分別だが、やってみると意外にそうでもない。




 なら、この調子で生ごみを堆肥にかえるという「コンポスト」を導入しようかと考え中。



 頑張れごみダイエット!!






 って、自分のダイエットはどうなってんだよ?

スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

つれづれなるままに | 00:43:36 | トラックバック(0) | コメント(6)