FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
保育参観
 まぁ、復活!!



 ご心配おかけしました。

 おかげさまで、すっかり元気になりました。

 前回の記事で

 「明日、また病院へ行ってきます」

と書きましたが、その時、症状が改善しない旨を先生に訴えたら、抗生剤を替えられまして、その薬が効いたのか、劇的に症状が快方へ向かいました。

 あぁ、よかったよ~!



 風邪だと侮ってはいけませんな。

 体調管理は今まで以上にしっかりしますです。はい…。




 さて、今日はゴンゴンの保育参観の話題。



 先週、ゴンゴンの通う幼稚園の保育参観があった。


 蓄膿からくる頭痛をおして、行ってきた。



 朝のご挨拶やら、歌やら、みんなと楽しそうにやってるゴンゴン。

 1学期の時は、なんだかあたしたちに見られるのが恥ずかしかったようで、あんまり真剣に取り組んでいなかったが、今回はノリノリ。


     dance.jpg



 工作でくまのお面を作って、それを頭にかぶって、赤組と青組に分かれてお相撲大会が始まった。


     kousaku.jpg



 先生が行事で、それぞれの組の子を呼び出す。

 こどもなりに、一生懸命押し合っていい勝負。



 そして、ゴンゴンが呼び出された。

 相手は、仲良しのクルミちゃん。


 名前を呼び出されたゴンゴンは


 「よ~し!がんばるぞ~!」


と、気合十分!




 気合十分のまま、制限時間いっぱい。

 見合って見合って…


     sumo.jpg





 「はっけよ~い、のこった!」



 先生の声でぶつかり合う二人。


 押し合って押し合って、そして決まり手は押し倒し!






 クルミちゃんがね…。





 クルミちゃんの足元に、豪快にひっくり返っているゴンゴン。


 周囲のお母さんたちからも笑いがもれる…。


 ある意味、





 期待通りですから!



 テヘヘ…と照れくさそうに、自分の応援席に戻るゴンゴン。


 まぁ、そんなもんだ…。




 次は、大人1人対子ども4人の綱引き大会!



 大人は親の中から立候補してもらって、4人グループの子供たちと対戦するのだが、子供とはいえ、4人の力はけっこうなもので、お母さんはあっという間にひっぱられて終わってしまう。


 そこで、うちの夫登場!


 枯れても昔はラガーマン。

 花園出場の経験を持つ男。

 そう簡単には負けへんで~。




 夫が出ると、ゴンゴンが


 「あっ、あれ、ぼくのお父さんだよ!!」


って、ちょっとうれしそう!




 対戦は、子供がどんなに引っ張ってもびくともせず、ついには子供たちが崩れてしまいそうになったが、そこは夫もいちお大人である。


 最後は、子供にひっぱられて、子供たちの勝利!


 接戦をものにした子供たちは大喜びである。




 たまたま、それを見ていた副園長の先生が、夫に


 「お父さん、役者ですね~!」


と、これまたうれしそうに言ってくれた。




 最後は、その日来ていたお父さん3人対つつじ組全員の対戦。



 これは、つつじ組さんの圧勝!


     tsunahiki.jpg



 写真はどうしようもなくピンぼけなのだが、雰囲気だけでも分かっていただければ…。




 1年間の子供の成長を実感できて、ほんとにいい保育参観だった。


 親の見ていないところで、子供はたくさん勉強して成長していってるんだね~。


 あたしゃ、うれしくなったよ…。



 さて、余談ではあるが、保育参観のときに、マユちゃんのお母さんと初めてお話した。



 マユちゃんとは、ゴンゴンが入園当初からひそかに(ってあたしが知ってる時点で、ひそかにではない…)心惹かれている女の子。

 工作の写真で後ろ姿だけが写っているが、これが、色白でとっても美人なのだ。



 「かわいい」じゃないのよ。


 「美人」なの。


 並みの幼稚園児とはちょっと違う。

 今後が楽しみな4歳児。



 ゴンゴンがそんな子に惹かれるとは…。


 彼に「高嶺の花」という言葉を教えてあげたい…。



 まぁ 「いつも、仲良くしてもらってるようでありがとうございます~」

 マユちゃんママ 「いえ、こちらこそ」

 まぁ 「よく、家ではマユちゃんって名前を聞くんですよ~」

 マユちゃんママ 「うちでもゴンゴンくんの名前はよく出ます~。
           『ゴンゴンくんと結婚する~』って
           言ってるんですよ~」




 なんですと~!!!



 ゴンゴン、やるじゃねぇか!


 クラスで一番の美人のハートをつかむたぁ、でかしたぞ!



 でも、「女心と秋の空」と申しますし、だいたい女はスポーツマンに惹かれていく傾向がありますし…。


 ん~、とりあえず、相撲の特訓から始めますか?!

スポンサーサイト



テーマ:子供の行事・季節の行事 - ジャンル:育児

子供ネタ | 23:14:49 | トラックバック(0) | コメント(14)
急性副鼻腔炎
 前回の記事で、

 「もはや、風邪ではない!」

と書いた。



 で、結果はというと、「急性副鼻腔炎」だった。




 ちょっと風邪っぽいな~

と思いつつ、熱がでるわけでもなく、喉が痛いわけでもないので、いつも通り不摂生を繰り返していた。


 すると、突然、鼻水が出だした。

 その鼻水が、黄色く粘っこい。

 (汚い話ですいません…)


 そして、ある朝、起きたら頭痛がする。


 その日は、ちょっといつもよりよく寝たので、

 「寝すぎて、頭痛いんだな~」

くらい、思っていた。



 すぐに、おさまらなかったので、いちお鎮痛剤を飲んだ。



 しかし、症状はおさまらず、仕舞いには熱まで出てきた。



 「こりゃぁ、完璧に風邪モードね」


と自己診断し、風邪薬を飲んで寝た。




 次の日、全く症状は改善していなかった。


 それどころか、熱と頭痛と寒気に襲われていた。

 とりあえず、風邪薬を飲んで様子を見ていた。



 次の日、やっぱりなおらない。

 頭痛はひどいし、頬骨のあたりを押さえるとちょっと痛い。

 相変わらず、黄色く粘っこい鼻水が出る。

 そして、歯が浮いたような鈍い痛み…。




 もしかして…。



 あたしは、とある病気を疑った。



 そして、次の日、病院へ。

 「それ」を疑っていたあたしは、迷わず耳鼻咽喉科へ…。



 先生に症状を説明。


 すると、先生が

 「歯が痛くないですか?浮いたような痛み」

と見事にあたしの症状を言い当てた。



 「そう、そうなんです。歯が痛いんです!!」


 思わず、先生の両手を握り締めたくなった。



 「急性副鼻腔炎の疑いがあります。


 あっ、蓄膿ね。レントゲンを撮らせてください」


 やっぱり…。

 そうだと思った。



 ところで、どうして蓄膿っていうのは、立派に(?)病気なのに、何というか、恥ずかしいというか、情けないというか、バカにされるというか…、とにかくそんな雰囲気のある病気なんだろうね…。


 これって一体どうして?



 話は戻る。


 蓄膿になってしまったあたしは、現在薬を飲んで治療中。


 すぐに治るのかと思っていたら、そうでもなくて、一進一退を繰り返している。



 今はけっこういい感じなので、こんな記事なんぞを書いているのだが、明日もう一回病院へ行ってくる。



 でも、昨日は頭痛で死にそうだった…。

 寝ようと思っても、痛すぎてしばらく眠れなかったほどだ。



 なってみて分かる、蓄膿のつらさ…。

 もし「蓄膿の地位向上を目指す会」なんてあったら、即入会よ。



 ネットでちょっと調べたら、抵抗力が落ちていることが一番の原因なので、睡眠を十分とって抵抗力を上げるのがベストらしい。


 というわけで、今から寝ます。

 書きたいネタはたくさんあるのに…。



 といっても、もう午前1時を回っている…。



 このへんが、自覚が足りないというか、甘いというか、不摂生なんだよね~。





テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

体のこと | 01:14:28 | トラックバック(0) | コメント(12)
何なんだ~?!
 ブログの更新をしたい。

 皆さんのブログを訪問したい。

 本を読みたい。

 ドリームウィーバーの勉強をしたい。

 DVD観たい。



 したいことはたくさんあれど、本日、全てお休み。



 体調、絶不調!


 もとは風邪なんだろうけど、どうも今や風邪だけではないような気がする…。




 明日は病院へ行ってみよう。



 嫌だけど…。




 というわけで、おやすみなさい。

テーマ:たわごと - ジャンル:心と身体

体のこと | 22:25:45 | トラックバック(0) | コメント(6)
ちょっと待て!
 たーさん1歳7ヶ月。

 元気いっぱいに、毎日いたずらし放題!


 やつのおかげで、どれだけのものが壊れていったか…。

 日々、休まることのない母なのである。



 さて、そのたーさん。

 ここ、1・2ヶ月くらい、ウンチをした時に、教えてくれるようになった。



 出たら速攻で、あたしの前にやってくる。

 そして、自分の股間のあたりポンポンとたたく。


 「あ~っちゃ!う~っちゃ!」


と訳の分からないことを叫びながら、一生懸命にあたしにアピール。



 「ん?たーさん、ウンチ出たの?」


と言うと、ブンブンとうなずき、今度はおしりふきを自分で探して持ってくる。



 「は~い。は~い」

と言って、おしりふきを差し出すたーさん。



 「お~!偉いね~!ウンチ、教えてくれたんだね~!」


 育児書どおりに、子供を思いっきり褒めるあたし…。


 「ぼく、偉い?すごいでしょ!」

と言わんばかりに、得意そうな笑顔で、あたしを見つめるたーさん。



 もう少し温かくなったらトイレトレーニングを始めようと思っているが、この調子ならけっこうパンツマンになるのも早いかもしれない…。


 な~んて、ちょっと期待しちゃったりして…。


 さて、その後、肝心のおむつ交換であるが…。



 一仕事終えたたーさんは、満面の笑みを浮かべ、あたしに手を振り、猛ダッシュで消え去ってしまう。




 おい、ちょっと待て!


 お前が、一番肝心なんだ!





 どうも、物事の本質が分からないタイプらしい…。 

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

子供ネタ | 11:54:37 | トラックバック(0) | コメント(2)
九州鉄道記念館
 久々に家族4人で過ごす休日。

 この先、こんな休日はいつやってくるか分からない…。

 だって、これから受験まで、そして、受験後の会社内の新体制が軌道に乗るまで、夫はおそらく休みなく働くこととなる…。



 この休みを、夫の休息日として使うべきか…。

 それとも…。



 「お父さ~ん、起きて~!鉄道記念館に連れてって~!!」



 ゴンゴンの絶叫で、夫の休日は家族サービスとなった。

 ご愁傷様。チ~ン。




 さてさて、久々にやって来ました、「九州鉄道記念館

 前、来たのはゴンゴンが生まれて、まだ4ヶ月だったころ…。



 今回は、前回のまだ訳が分からなかったころとは違う。

 ノリノリのゴンゴン。そして、何だかそれにつられてハイテンションなたーさん。



 門司にあるのだが、うちから都市高速を使って、30分くらい。

 入場料は大人300円、子供150円とお手ごろなお値段。

 まずは、1枚!

   sl-front.jpg



 このゲートを入ったら、すぐに機関車が展示してある。

   sl.jpg


 当然だけど、すっごく大きいんだよね~!



 戦前の、こんな列車も展示してある。

   train-outside.jpg



 この列車は、中にも入れるのだ。

   train2.jpg


 座ってみたけど、いすが硬いんだよね~。

 しかも、背もたれは垂直だし…。

 こんなので、長時間移動なんて、たいへんたいへん。



   train1.jpg


 運転席。

 ゴンゴンは中に入りたそうだったけど、当然ダメ!


   train3.jpg


 たーさんは、中で履くスリッパの方がお気に召したご様子。



 nichirin.jpg


 特急「にちりん」

 なつかしいね~!



 お子様向けに、電車の乗り物がある。

 1台300円。

 大人一人と子供二人が乗れば、いっぱいになるくらいの大きさ。



 当然、ゴンゴンがのりたがるわけで…。

 2回乗ってきた。


   tsubame.jpg

   sonick.jpg


 ちなみに、特急「つばめ」と特急「ソニック」



 線路は単線と複線のところがあって、信号機が赤だったら止まって、対抗車両と離合しなきゃいけないの。

 ただ、信号機が赤だったら自動運転でブレーキがかかる仕組みにはなってるんだけど、子供にとっては結構ドキドキなのよ。


 ゴンゴンも信号をよく見て、赤だったらアクセルレバーを戻したり、青になったらアクセルをいれたりして運転手気分。


 たーさんもゴンゴンの横で大喜び!



 連れて行ってあげてよかった~。



 もちろん、鉄道に関する様々な資料も展示されていて、大人も子供も楽しめる。




 鉄道記念館を後にして、ちょっと遅めのお昼ご飯を食べることにした。



 門司といえば、名物「焼きカレー」

   yakikare.jpg




 お店によって味だの作り方だのはいろいろなんだけど、基本的には文字通り、カレーライスをオーブンで焼いてるんだね。


 中に卵が入っていて、それがほどよくトローリ半熟なのがいいのだ。


 あたしたちが行ったお店は、おばちゃん二人が、まことにゆる~い雰囲気でやっていた。

 
 カレーにバナナをのっけて焼いてたんだけど、これがなかなかいけたらしい…。



 なぜに「らしい」なのか…。


 実はあたし風邪をひいていて、鼻水ズルズルの状態だったのだ。

 カレーのスパイシーな感じは分かったんだけど、細かい味はほとんど分からず…。



 体調万全のときに、またチャレンジしよう…。



 その後、温泉に入って休日は終了!



 楽しかった~!





 そして、夫はいつ休みが来るか分からない、「死のロード」に突入!

 頑張れ夫!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

休日 | 22:43:13 | トラックバック(0) | コメント(11)
うちの子にかぎって…。
 「おたくのお子さんが、学校でいじめに加担しています」

 「え~っ、うちの子にかぎってそんなこと…」


 「おたくのお子さんが、万引きしたんですよ」

 「え~っ、うちの子にかぎってそんなこと…」




 こんなやりとり、実際には見たことないけど、ドラマなんかでは定番。

 親として自分が、もし、上記のような場面に遭遇したら…


やはり


 「うちの子にかぎって…」


って言うのだろうか?




 何日か前、ゴンゴンが幼稚園から帰ってきて、その日の報告をしていた。


 「今日ね、マラソンしたんだ~。どこ走ったか分かる?」

 「年中さんの、農道コースを走ったの?」

 「そうだよ!」



 それまで、年少さんは園庭をぐるぐる回る、安全コースを走っていたのだが、そろそろ慣れてきたので、年中さんが走っているコースに出ることになったらしい。


 「ちゃんと、全部走れた?」

 「うん、走れたよ。ぼく、5番だったんだ~!速い?」

 「うん、速いよ!つつじ組さんだけで走ったの?」

 「ううん。チューリップさんも一緒だったよ」

 「それで、5番だったの?!速いじゃん!」

 「そ~お?」



 さて、この話を、その夜夫にした。


 「5番だったって言うんだけどさ、どう思う?」

 「そりゃ、怪しいね」

 「だよね~




  うちの子にかぎってね~!





 こんな親、どうよ?

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

子供ネタ | 23:42:06 | トラックバック(0) | コメント(8)
九州国立博物館 その2
 九州国立博物館へ行ってきたというのは、前回の記事にて報告したが、今回はその時のしょうもない写真なんぞをアップしてみようと思う。



 当然、展示物は撮影禁止なので、ほんとしょうもない写真よ。


 
 九州国立博物館は大宰府にあるのだが、同じ福岡県とはいえ、我が家から大宰府までは高速使って小1時間ほどかかる。


 大宰府インター付近までやって来たとき、ちょっとした話題で盛り上がっていたら、なんと、大宰府インターを通り越してしまった。


 ばかである…。


 不幸中の幸いは、次のインターの筑紫野があまり離れていないこと。



 後で地図を見て確認したが、大宰府で降りても、筑紫野で降りても、博物館までの距離はあまりかわらないようだった。

 でも、200円、高速代を余計に払っちゃったけどね…。



 交通量の多い市街地から離れ、ちょっと山をのぼっていくと、突然バーンとそびえ立つ巨大な建造物。

 そう、それが「九州国立博物館」!


   九州国立博物館1



   九州国立博物館2



 この日はあいにくの天気で、写真が暗いのだ…。




 外にチケット売り場がある。

 ちなみに、今回の入場料1300円。


 常設展示のみなら420円。


 常設展示を見るだけでも、1日かかりそう。
 
 420円で1日楽しめるなら安いもんだ。



 さて、中にはいると、こんな感じ。

   九博 エントランス



 売店や、クロークや、カフェなんかがあるフロアー。


 サイドがガラス張りなので、とても明るい……


 のだが、この日は天気が悪いので、残念ながらちょっと暗めなエントランス。



 ここまでなら、実はチケットなしで入場できる。

 (でも、ここまで来て、エントランスだけ見て帰る人はいないだろうけど…)



 売店をのぞいたら

   「九州国立博物館に行ってきました!」

っていうお菓子が売られていて、

 「どこにでもあるんだな~」

って、ちょっとニヤッとしてしまった。



   九博 天井



 上を見上げると、こんな感じ。


 吹き抜けになってるんだけど、この大きさは写真じゃなかなか伝えられないな~。




 2階が特別展示室で、3階が常設展示室。

   九博 エスカレーター



 この、エスカレーターを昇って、2階へ。

 そして、そこでチケットの提示となる。



 午前中は、特別展示の「京都五山展」を見て終了。


 気づくともう1時。


 1時間くらいかな~って思っていたら、2時間も見入っていた。




 ちょっと休憩しよう、ということで1階のカフェへ…。



 でも、カフェだから、当然スウィーツばかり。


 あたしたちは、腹がへってるんだ!

 そんなもんで満足はできねぇよ!



 ということで探すと、レストラン発見!

 レストランは別棟で、一度外に出ないといけないのだ。



 このレストランというのが困りもので、(ってどう困りものなのか…)

あたしたちが行ったのはもう1時をまわっていて、一番お客さんが多い時間帯は過ぎてたと思うのだが、レストランがあまり大きくないせいで、まだ20分の待ちだった。


 マジで~。早く飯食って、また観たいのに~…。


って感じだったのだが、仕方がない。

 名前を係の人に告げて待つことに。



 しか~し、前述のとおり、このレストラン、別棟で独立して建っていて、おまけに店内が狭いので、待つ人は外で待たないといけないのだ。


 寒風吹きすさぶ中、とてもじゃないけど外では待てない。


 また本館に入って、トイレ行ったり、売店見たりして時間をつぶした。




 平日のあの時間で20分待ちなんて…。


 一体、土日のお昼は何分待ちになるのだろう…。




 外にベンチなんかがあるので、天気のいい時はおにぎりなんかを持っていって、外でササッと食べちゃったほうが賢いかもね…。


 ようやくレストラン。



 メニューを見ると…


 ランチ1630円!!


 うきゃっ!!

 それは高い!

 きっと、他に安価なメニューがあるはずだ!

 カレーとかスパゲッティとか…。



 カレー 1200円!!


 うぎょっ!!

 カレーでも1200円かよ!

 これじゃ、コーヒーなんか付けた日にゃ、ランチごっつじゃんか!



 結局、二人ともランチを注文…。

 いや、いいんだよ。いいんだけどね…。



 最初はクラムチャウダーとサラダ。

 そして、あたしはハンバーグ、夫は白身魚のナンタラカンタラ…。


   ランチ 肉

   ランチ 魚



 贅沢したので、写真撮ってきた…。


 最後はデザートのケーキとコーヒー。



 おいしかったよ。

 おいしかったさ。

 でも、財布は外のお天気と同様、寒風吹きすさぶことに…。



 午後は時間の許す限り、常設展示を足早に見て回った。



 あたしとしては、かなり贅沢な一日だった。

 楽しかった。



 今度は一人で常設展を1日かけて見ようかな。

 そして、夫が来ない分、ういたお金で


 もっと贅沢なランチを食べよう!


 などと、良からぬことを考えているあたしなのだ。

 フフフ…。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

未分類 | 14:35:15 | トラックバック(0) | コメント(6)