FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
九州国立博物館 その1
 私立高校の受験スタート!

 がんばれ動物くん!

 健闘を祈る!



 そして、私たちは久々の休暇となる…。



 というのも、私立高校の受験のこの時期、塾は開店休業状態になる。

 そこで、例年ここで、出来るだけ有給休暇を消化する。


 うちの夫も、なんと平日に2連休をとれることになった。



 以前から、

 「九州国立博物館に行きた~い」

と思っていたので、その旨を夫に伝えると、夫もノリノリ!



 てなわけで、2連休のうち、1日は「九州国立博物館」の「京都五山展」に行ってきた。



 ちなみに、もう1日は近場の「いのちのたび博物館」で「ファーブル展」を見てきた。

 博物館三昧!



 たーさんは保育園の一時保育を利用して、ゴンゴンは幼稚園の預かり保育。

 

 久々に夫と二人でデート気分。



 平日の博物館なので、閑散とした館内をのんびりと見てまわれるはず…



と思いきや、甘かった…。



 さすが、九州唯一の国立博物館。

 平日といえども、けっこうな人の数。

 あちらこちらで、外国語の話し声も聞こえてくる。

 とてもじゃないけど、ゆっくり、のんびりとってわけにはいかなかった。



 肖像画、肖像彫刻や、墨跡、詩画軸、仏画・仏像など、京都に住んでいたって普通は見れないようなものをたくさん展示してあり、もう、見終わった後はお腹いっぱいって感じ。



 京都にはちょっとした縁もあるしhttp://forevertable.blog98.fc2.com/blog-entry-57.html、歴史や仏教についてたいした知識はないけれど、興味はあるので、時間を忘れて見入ってしまった。


 夫婦共に…。



 帰り道でも話したのだが、ほんと興味の方向が似ていてくれてよかった。

 ま、だから、結婚したのかもしれないけど…。



 「ねぇ、博物館行きたいんだけど…。京都五山、禅の文化展だよ~」

 「えぇ~、そんなの面白くねぇよ。おれ、行かねぇ~」
 

 なんてことになったら、ガッカリだよ…。




 常設展も当然見たんだけど、これは時間がなくて、とにかく足早にとりあえず見たって感じで今日のところは終了。

 とてもじゃないけど、1日で見るのは無理ね。


 また、次回のお楽しみだわ。




 でも、次来るときは、また別の特別展示があってて、


 「せっかく来たんだから、特別展見なきゃね~」

とか言って、結局常設展は足早に終了ってことになるんだろうけど…。




 子供とは離れて、1日たっぷり自分の時間に使ったのっていつ以来だろう?



 思い出せない…。



 とにかく、今日は命の洗濯になったわ!



 リフレッシュして帰り道…


 「え~っと、今日の晩御飯は何にしようかな?」


などと、悲しいかな、独り言をつぶやいてしまうあたし…。




 ま、それはそれで、また一興。



 今回は特にオチなし。

 返信コメも遅れておりますが、必ず…。



 それでは、今夜はこのへんで、ごきげんよう。

スポンサーサイト



テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

未分類 | 23:41:43 | トラックバック(0) | コメント(10)
ダ・ヴィンチ・コード
 つ、ついに、終わった…。

 それには1年近くかかった。

 もう、だめかと思ったこともあった。

 でも、どうにかここまで辿り着くことができた。

 そんな自分を、自分でほめてやりたい…。



 って、何が?って話ですよ。




 実はあたし、数日前に、ようやく「ダ・ヴィンチ・コード」を読み終わったのだ。

 恥ずかしながら、前述のとおり、1年近くもかかってしまった。



 買ったのはずいぶん前なんだけど、読み始めたのはたぶん去年の3月だったような…。



 いやぁ~、所詮は言い訳なんだけど、読書に割く時間がないのよ。

 昼間は自分の時間は皆無だし、夜はこんなブログ書いてるし、あと、最近はとんと更新できてないが、本体HPの作成もあって、なかなか読書まで行き着かない。


 さらに、仕事が入ってきたり、ドラマ見たり(これ、やめるべき?)してたら、ますます本から遠のいちゃってね…。



 たま~に、時間が出来て続きを読むと、前の部分を忘れちゃってて、もう一回読み直し…なんてことしてたら、結局1年近くよ。



 あ~、情けなや…。



 それでも、読み終われてよかった。

 うん、うん、ほんと良かった。



 さて、「ダ・ヴィンチ・コード」は本を読む前に、実は映画を観てしまっていた。

 映画はかなり酷評されていたが、あたしはけっこう楽しめた。

 原作とは切り離して、1本の映画として観れば、あれはあれでよかったのではないか。

 

 ただ、



 お前ら、暗号解くの速すぎ!



って感はあったけどね…。




 んで、今回原作を読み終えてみると……


 確かに、原作の内容を知って観たら、映画は駄作だと思ってしまうかもな…。




 でも、もう1度映画を観てみたくなって、DVD買っちゃった。

 


 DVD観てたら…


 「あれ?ここ、本ではどうなってたっけ?あれ?あれ?」


って分かんないとこだらけ。





 だって、1年近くかけて読み終わった本だからね、上巻のあたりはかなり忘れてるわけさ。




 というわけで、また原作を読み返さなくちゃいけない気がしてきた。




 果たして「ダ・ヴィンチ・コード」から解放される日は来るのだろうか?

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

未分類 | 22:24:21 | トラックバック(0) | コメント(8)
たーさん、ついに…
 たーさん、1歳7ヶ月。

 「たーさん幼児化計画」の仕上げ段階に入った。


 まずは昼間のおっぱいを強制撤去。


 そして、今度は夜のおっぱいを強制撤去。


 これは、ちょっと大変だった。




 夜中に目を覚ましておっぱいを欲しがっても、ぐっとこらえて飲ませなかった。

 途中で何度もくじけそうになった。

 あたしがね…。

 だって、たーさん




 1時間半も号泣し続けたんだから…。




 その後は30分くらい、ウトウトしたり、思い出したように泣いたりを繰り返して、ようやく寝てくれた。




 でも、その日を境に夜中の2・3時間おきの授乳はなくなって、けっこうゆっくり寝れるようになった。




 そして、最終段階!



 夜、寝付くときの「添い乳」の撤去!



 これも、けっこう泣かれたんだけど、夜中に2時間泣かれたのよりかははるかにマシ!

 30分くらい泣いて、寝付くことができた。


 その間、ゴンゴンが

 「たーさん、もう、赤ちゃんじゃないんだからおっぱいは飲まないんだよ。ぼくとお母さんがいるから、おっぱいなくても大丈夫だよ。たーさん、頑張って!」

と、たーさんに語りかけるという、まことに兄らしい姿を見せてくれた。



 おっぱいをまったくあげなくなって、今日で3日。




 もう、おっぱいをあげることは多分ないだろう…。




 これで、ちょっと楽になるんだけど、

 なんか、ちょっと寂しいね…。



 たーさん、もう、ほんとに赤ちゃんじゃないんだね…。




 な~んて、ちょっとセンチな気分になったりして…。




 でも、ちょっと油断していると


   いたずら




 この状況!


 お前、うちの玄関めちゃくちゃにするなよ!



 まだまだ、楽にはならないらしい…。

テーマ:日常のひとコマ - ジャンル:育児

子供ネタ | 00:22:49 | トラックバック(0) | コメント(12)
プチ科学
 お風呂に入ります。

 すると、お湯がザーッとあふれます。

 「あぁ、極楽極楽!」

 なんぞ言いながら、しばし癒しの時を満喫します。




 ま、よくある光景だ。




 ある日、ゴンゴンがお風呂で、湯船に人が入ると水位が上昇することに興味を持った。



 「ねぇ、お母さん、どうして人がお風呂に入ると、お湯が上になるの?」

 「それはね、ゴンゴンの体、大きいでしょ。ゴンゴンがお風呂に入るとゴンゴンの体が、お湯をおしのけちゃうのね。押しのけたお湯は仕方ないから、上にグーッと上がってくるのよ」

 「そっか~。たーさんが入ってもお湯、上にくる?」

 「くるよ。でも、たーさんは小さいからあんまり上には上がらないかもね」



 こうして、少しでも科学の目が育っていってくれれば、親の期待通り!



 それからというもの、ゴンゴンは人が湯船につかるときの水位の変化に
興味津々。


 「たーさんが入ったら、こんくら~い、お湯が上がったよ~!」

と、微妙な水位の上昇をうれしそうにあたしに報告。




 そして、あたしが湯船に入ったとき……




 「すご~い!こ~んなに、上がったよ!お母さん、すご~い!キャハハハ…」


 急激な水位上昇に大喜び!!










 なんか、ちょっとムカつくんですけど!

テーマ:日常のひとコマ - ジャンル:育児

子供ネタ | 00:02:42 | トラックバック(0) | コメント(8)
父、初登場!
 昨年の話なのだが、1年ぶりに大学時代の友人に会った。


 お互い子供づれなので、ゆっくりお茶なんぞ飲みながら世間話…っていうわけにもいかず、子供に振り回されつつ、近況をちょこちょこ話した。


 その中で、びっくりしたのだが、彼女のお母さんが1年ほど前に大やけどを負ってしまったそうなのだ。

 彼女の話によると…


 台所で火を使っていたとき、お鍋の向こう側のものを取ろうとして、コンロの火が彼女のお母さんの袖に燃え移ってしまった。

 自力でその火は消したものの、病院へ行ったら大変なやけどだったらしく、すぐに大きな病院へ転送されて、太ももの皮膚を移殖するという手術になった。


 たいへんなやけどだったのだが、不幸中の幸いはお母さんが木綿の服を着ていたこと。

 これが化繊だったら、もっと激しく燃えて、繊維が皮膚に貼り付いてさらに大事になっていたらしい。




 と、まぁ、こんな話だったのだが…


 「うちのお母さん、年とってきて目が弱くなってたみたいでね…。コンロの炎の外側って青い火でしょ。それって、目が弱くなるとよく見えないらしいのね。だから、鍋からはみ出してる青い炎が、お母さん、よく見えてなかったみたいなのよ。年寄りには多い事故なんだって。あたしもさ、『うちのお母さん、料理の時、えらく強火だな~』って思ってはいたんだよね。でも、それが目が悪くなってて見えてないなんて思いもしなくて…」


と、友人が付け加えた。



 あたしも彼女のお母さんには、1・2度お会いしたことがある。


 小柄で、上品な、しっかりした感じのお母さんだったイメージがある。


 「そんな、しっかりしたお母さんがそんな事故?!」


って、正直びっくりしたのだが、よく考えてみると彼女のお母さんにお会いしたのは、もう15年くらい前のこと。




 
 親はいつまでも昔のまんまのような気がしてたけど、自分が思っている以上に実は年をとってるのかもしれない…。


 そりゃそうだよね、子供のあたしが、もういいおばさんなんだから…。


 頼ってばかりじゃなくて、いたわってあげなきゃいけないんだよな~。




 がらにもなく、そんなことを思ったりしてね…。




 

 うちの父親も


 「俺は、あちこち悪いところはあるんだ!具合はよくないんだ!」


と自信満々に言う。




 「なら、病院行けば…」

と言うと、



 「いや、行かん!




 俺は我慢強いばい!






 こんな父親を、一体どういたわればいいんだ?!


 ぜひ教えて欲しい…。

テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

家族のこと | 14:35:56 | トラックバック(0) | コメント(15)
母は何どし?
 土曜日は3年生の補習に行っている。


 夏期講習&冬期講習とは違う教室で、残念ながらパンダやおさるやチーターたちはいない。

 週1回しか行かないあたしに対して、とってもフレンドリーな子供たち…。

 なのに、




 出来ない!!



 いい子たちなんだけどね……。




 さて、その時授業をした教材を公開しよう!

 私立高校の入試前なので、文学史なんぞをおさらいしてみた。

 どれくらい出来るかな?

 学生だった?年前を思い出してやってみてちょ!
 (ワードで作ったやつをWeb形式で保存したやつで、ちょっと体裁が悪い…)


 文学史
クッリクしてね



 話は変わって……。



 ゴンゴン、現在、幼稚園の年少さん。

 ゴンゴンの幼稚園は


 自然といっぱい親しみましょう!

 歌をいっぱい歌いましょう!

 お外でいっぱい遊んで、体力をつけましょう!

って感じのところ。


 幼稚園の裏にはたんぼが広がっているし、近くには川があるし、農園があってみんなでいろんなものを植えて、収穫して給食の食材なんかにしている。

 今は、マラソン大会に向けて、日々マラソンの練習。


 とても、いい幼稚園だと思う。



 で、最近、ゴンゴンが十二支を覚えてきた。

 ねずみがどうして1番なのか、猿と犬がなぜ仲が悪いのか、いのししはなぜ12番になったのか…などなど、偉そうに教えてくれた。

 先生のお話はよく聞いてくるんだよね~。


 あたしの言うことは全然聞かないくせにさ…。



 そして、ゴンゴンが

 「ぼくは何どし~?」

と聞くので、

 「犬年よ」

と答えた。

 「じゃぁ、たーさんは~?お父さんは~?」

と次々と聞いてくるので、答えてやった。



 当然、

 「お母さんは~?」

ときた。



 以前、親の年齢を知るのに、干支から割り出してくるという話を先輩ママから聞いたことがある…。

 ゴンゴン、4歳…。

 まだ、干支を聞いて、母の年齢を割り出せるほど賢くはない。

 いや、しかし4歳児とはいえあなどれない。

 今後、どんな場面で母の年齢を探り当てるか分からない。

 やはり、干支を教えるのは得策ではなかろう…。



 ということで、





 「お母さんのとしは、パンダ年!!」




と答えておいた。





 何か問題でも?


テーマ:どうでもいい話 - ジャンル:日記

子供ネタ | 14:24:25 | トラックバック(0) | コメント(4)
頑張れゴンゴン!
 「三日に1回更新!!」


 あえなく、断念…。


 まぁ、想定内だけどね…。





 先週は、とにかく働きまくったよ。


 1月は志望校判定のために、テストが3回行われる。

 月末には、その成績をもとに三者面談が行われるので、採点が大忙し。

 ゴンゴンは幼稚園の預かり保育に、たーさんは保育園に預けて、あたしゃ昼も夜も採点しまくった。

 もう、しばらくは採点はしたくない…。



 さて、今日はゴンゴンとたーさんのお話。



 ゴンゴン4歳、たーさん1歳6ヶ月。

 機敏な肥満児だったたーさんであるが、1歳6ヶ月検診では「体格:普通」と言われた。

 ん~、良かった良かった。


 ゴンゴン&たーさん、親が思うよりも意外に早く兄弟で遊び始めたのだが、最近はほんとに遊びらしい遊びに興じている。

 以前は、なんだか微妙に戯れているだけだったんだけど、この頃は、かくれんぼしたり、追いかけっこして笑ってたり、二人でブロック積んで遊んだり、お絵かきしたり…。

 何だかか微笑ましい光景なのだ。



 その中でも、一番のお気に入りは、その名も




 「お母さんに見つかるな!」




 毎日風呂に入るときに、

 「早く、お風呂に入るよ!」

と誘うのだが、これが二人とも言うことをきかない。



 そんならいいよ、勝手にすれば…ってことで、あたし一人で風呂に行ったのが、この遊びができたそもそものがきっかけ。



 ゴンゴンが風呂を覗きにやってきたときに、

 「早く服脱いできなさい!!」

と振り返ると、



 「きゃ~っ!!」



と言って、逃げていく。



 今度はそれをたーさんが真似をする。



 そんなことを繰り返していくうちに、ゴンゴン&たーさん、家の中を全速力で走り回っている。

 特に、風呂の前は、あたしと目が合わないようにさらにスピードアップ。



 どちらかが飽きて、風呂に来るまでその「お母さんに見つかるな!」は続く。

 あぁ、あほ兄弟…。



 それが、今日、あたしが先に風呂に入っていたら、たーさんが素直に風呂について来た。



 「服、脱がせてください!」


と言わんばかりの万歳ポーズ。



 おぉ、こりゃ、今日は早く片付くね…と喜んでいたら……。




 さて、ここで問題です!

 この後、一体どんなことが起こったでしょう?



 1 ゴンゴンも素直に服を脱いで、風呂にやってきた

 2 自分は風呂に入らないと言って、部屋に引きこもった

 3 「たーさんと遊びたい~!!」と言って号泣し、たーさんに頭をヨシヨシと撫でられ慰められた






 正解は……



 3番でしゅ。





 弱い、弱すぎる…。



 兄が弟に遊んでもらえず泣くなんて…。




 日ごろもそうなんだよね…。


 おもちゃの取り合いなんかで泣くのは、たいていゴンゴンの方…。



 たーさんは力加減が分からないから、けっこうビシッっとたたいてしまう。

 それにひきかえゴンゴンは、絶対とまでは言わないが、めったに手を上げることはない。



 たーさんが生まれたとき、ゴンゴンはもう3歳だったから、

 「赤ちゃんは大事に、優しくしてあげなきゃいけない」

って、ちゃんと理解していて、今でもそう思っているんだと思う。



 親が言うのも何なんだけど、優しいやつなのだ…。




 先日も、兄弟げんかの様子をコソッと伺っていたら、


 エキサイトしたゴンゴンが、どうしようもなくなって、つい「ばか!」って言いそうになったんだけど…



 「もう、たーさんのば……かじゃないよ…」



だってさ。

 おかしくて、プッと吹き出したよ。



 男の子で泣き虫なのはどうかと思うが、まぁ弟思いの優しい兄なので、それはそれでいいか。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

子供ネタ | 23:22:40 | トラックバック(0) | コメント(12)
写真について…
 お正月限定特別企画。

 お楽しみいただけましたか?



 昔は

 「あたしって写真写り悪い~!」

って思って、写真撮られるのが嫌いだった。



 でも、ある時気が付いた。



 写真写りが悪いのではない…。

 あたしの実力がその程度なのだ!と…。



 それから、開き直って写真に写ると、意外にいい感じ!

 実力以上の力を発揮できるようになった。



 ところが、年賀状の写真は現在の実力のみを遺憾なく発揮してしまうという結果になってしまった。




 というのも、昨年は家族で撮ったいい写真がなく、年賀状を作らなくてはいけない時期になって、慌てて玄関先で撮ることとなった。

 セルフタイマーで撮るので、とにかく子供をカメラ目線にしなくては…ということで、こっちの意識は自分の表情を作ることよりも、子供の方へ行ってしまっていた。


 何枚か撮って、いちばん子供らの表情がいいやつを選んだが、あたしの表情は全然さえない…。



 こんなもの、正月早々披露してよいものか少々悩んだが、仕方ない。

 はがきに印刷したら微妙なところは分かるまい…


ということで、今年の年賀状が完成した。




 ブログでアップしたら、けっこうクリアー。

 拡大しても全然平気。



 あぁ~、やっぱりアップするのはやめようか…



って思ったけど、正月のほんのちょっとの間ならいいか!って軽いノリでアップしてみたら…




 なんと、なんと、みんなけっこう見てるじゃないの!!



 あぁ、恥ずかしい…。




 そして、昨日、年賀状を出した友人から返事が届いた。

 毎年、キレのあるコメントを書いてよこすやつなのだが、今年のコメントは秀逸だった。



 「お宅の年賀状の家族写真を見て、

  佐々木健介と北斗晶かと思いました


 だってさ…。




 あぁ~、そんな写真を大勢の人に配ってしまって…



 さらにブログにまで…。



 あたしの一年は、後悔から始まってしまったよ。トホホ…。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

未分類 | 00:24:38 | トラックバック(0) | コメント(12)
あけましておめでとう!
 旧年中はたいへんお世話になりました。


 最近さぼり気味だったこのブログ。


 今年は、3日に1回は更新!


 を目標にやってまいる所存でございます!
 (無理かな?)



 どうぞよろしくお付き合いください。




 さてさて、お正月特別企画といたしまして、我が家の今年の年賀状をアップいたします。


 3が日だけの特別サービス(えっ?!サービスになってない?)



 見れた人はラッキー?!


 サービス期間終了!

 アディオ~ス!!




 それでは、今年もよろしくお願いいたしま~す!!

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

未分類 | 22:47:05 | トラックバック(0) | コメント(18)