FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
ある日の、夫婦の会話
 前回、バトンで

 「日本人に生まれて良かったこと」

という、質問があったが、なんだかいいこと思いつかなくて、答えにならないことを書いてしまった…。


 まことに日本人として情けない…。



 そこで、うちの夫に↑の質問をしてみた。

 すると…


 「ん~、やっぱ飯がうまいだろ。あと、宗教に寛容だろ。それから、何だろうな~…」

という答え。



 確かに、食事はおいしいよね。

 和食最高!!

 食い道楽のあたしたちにはとても素敵な国!!



 さらに…


 「海が近いのがいいね」

 「あぁ、海も近いけど、山だってあるよ。海も山も近いっていいね」

 「うん。まぁ、それも飯がうまいってことにつながるよね。海の幸も山の幸もあるってことだから…」

 「なるほど…」



 日本の良さを語り合う夫婦…。


 なんて、風流。




 しかし、会話の方向は次第に全然違う方向に…。



 「最近、気候がよくなってきたからか、ご飯がおいしくてね~。
 ちょっと太ってきちゃったよ~」


 「ふ~ん…」
 
 「あっ、そうだ!食欲がさ、ちょっと性欲に変わればいいんじゃないかな?そうすれば、あんまり食べないし、しかも夜頑張って、カロリー消費するし…。これなら、太らないね。それどころか、やせるかも~

 「おれ、自分がそうなったら困るな…」

 「なんで?」

 「もし、そうなったら、おれ、
 

   犯罪者になるかもしれん…





 やつの食欲が旺盛なのか、それとも……。


 真実は夫婦のみぞ知る…。






 すいません、アホな夫婦で!!  

スポンサーサイト



テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

未分類 | 21:13:36 | トラックバック(0) | コメント(10)
あたしってどんな人?
 いくつかネタはあるのだが、いまいちまとまらない。

 ん~、困った。

 バンバン書くぞ~なんて言ったくせに、あたしってば…。



 なんて思っていた矢先、「私の証拠」のぼけ子さんからバトンが回ってきた。

 こりゃぁ、渡りに船だぜ!



 てなわけで、さっそく「四つの質問」行ってみよう~!!





 『1~3は、お題の質問に答え、4は質問を変えていく 』


 1.ブチ切れた時に頭の中で流れる曲は?


 あんまりブチ切れることないんだよね。

 でも、時々「カチ~ン!!」ってくることはあって、その時は
バッハの「トッカータとフーガ ニ短調」が流れるような…。

 「♪チャララ~ン、鼻から牛乳~♪」

の、あれです。

 テーマが終わったところで

 「さぁ、がっつり怒るぞ!!」

って気合入れていきます。




 2.日本人に生まれて良かったこと


 いろいろあるんだけど、どれも最近怪しくなってきた気がする…。

 四季があっていいな~って思ってたけど、温暖化の影響なのか、どうも気候がおかしい…。

 日本人って勤勉で賢い、それがウリだって思ってたけど、生徒を教えていて、とてもじゃないけど勤勉とも賢いとも思えない。今後勤勉で賢い人間になる気もしない…。

 日本って平和って思ってたけど、いろんなニュースを見たり聞いたりするたびに、
 「あんまり平和じゃないのかも…」
って思う。

 「日本人でよかった!」

ってほんとに思うんだけど、一体なぜ日本人でよかったと改めて考えると、正直よく分からない…。

 変な答えですいません。



 3.小さい頃は、どんな子でしたか?
 
 
 ハキハキ、シャキシャキした子だった。

 男の子を泣かしたことはあっても、自分が泣いたことなんかないっていう感じ。

 さらに、まれに見る負けず嫌い。

 とにかく、1番になりたかった。

 というわけで、小さいころはいつもクラスのリーダー的存在だったけど、中学生くらいになると人望が伴っていないことがバレてきて、友達少なくなっていったような気がする…。

 反対に、コンプレックスにはとことん弱い。

 高校1年のころ、英語の小テストでクラスでワースト10に入って、1週間ほど拒食症みたいになった。

 たかが、小テストだよ…。

 第一志望の大学受験に失敗して、第二志望の大学に進学することになったが、4年間へこたれてて、ほとんど勉強しなかった。

 他にも、コンプレックスに弱いというエピソード多数。



 嫌な女なのだ…。





 4.ぼけ子さんから私への質問


 『20年後の自分へのメッセージを聞かせてください』


 もう一度、花嫁衣裳着て二人で写真撮るっていう約束、守った?
 また、ロンドンに旅行に行きたいねって言ってたんだから、思い切って行っちゃいな!

 お金は……

 どうにかなるんじゃない?

 年とっても、ディズニーランドでバリバリ楽しめる夫婦になろうって言ってたけど、どう?
 ゴンゴンもたーさんも、もう子供じゃないんだから、ほっといて夫婦二人で楽しみな!!
 




 5.送り主さんへのメッセージ


 サクッと歯切れのよいブログの内容に、男勝りで粋な感じを醸し出しながら、実は内面はナイーブな(とあたしは思っている…)ぼけ子さんのギャップが魅力的。
 応援クリックへの導き方もなかなかもので、ついついクリックしちゃうよ。
 ぼけ子さんのコメントは、「親」として、「人」として考えさせらることも多々あり、ほんとありがたや~って感じのブロ友さんです。

 これからも末永お付き合いお願いします。





 6.次に回す人を3人指名


 あたしのブロ友さんは、釣志さんつながりの人が多いので、あえてそうじゃない人を指名しちゃおうかな…。


 「親ばか日記」のエンジェルママさん
 「CANDY」のCANDYさん
 「Butterfly」の悠魅さん


 別に無理しなくていいですからね!

 気が向けば…ということで。



 さて、あたしからの「4番目の質問」です。


 「人間の持っている一番すばらしい能力って何だと思いますか?」


 あたしは、「忘れる」ってことだと思う。
 どんなに嫌なことがあっても、辛いことがあっても、時間が経てばだんだんとその記憶が薄らいでいく。
 そうじゃないと、辛くて辛くて80年も生きてらんね!


 1~3の質問プラス↑の4番目の質問に答えてね♪



 それでは、これからも都合の悪いことは忘れたふりをしながら生きていきま~す!!

バトン | 23:00:47 | トラックバック(0) | コメント(12)
「ありがとう」って言えるとき
 本日、幼稚園の「おいも祭り」


 幼稚園の裏には農園があって、そこに子供たちはお芋を植えている。

 先日、そのお芋ほりが行われた。


 その日から、いろいろな準備がなされ、子供たちの気分も盛り上がって、今日の「おいも祭り」に至る。


 幼稚園の軽いお祭りかと思いきや、けっこう本格的に「祭り」なのだ。


 全員はっぴにはちまき。

 おみこしを近所の神社からかついで、(これは年長さんだけね)お芋の釜に点火式。

 園庭にはいろんなお店。

 お店といっても、年長さんたちが作ったおもちゃが並び、幼稚園だけで通用するお金でみんなお買い物。

 園長先生のお店もある。

 ヨーヨー釣りやボウリング、わなげなどのゲーム、それから「お化け屋敷」まで…。

 お昼は、レストランでみんなで昼食。

 レストランといっても、普段はホールと呼ばれている、入園式などが行われる広い部屋に、机やいすを持ち込んでお祭り用に作られたもの。




 こんなお祭りが2日間にわたって行われる。

 

 と、さも見てきたように書いたが、実は見ていない。

 子供だけのお祭りで、保護者は見学できないことになっている。



 ゴンゴンは何日も前から、この「おいも祭り」を楽しみにしていた。




 はっぴにねじりはちまきで、意気揚々と出かけて行ったのだが、行ってしまって気がついた。

 上靴を持たせるのを忘れてしまったのだ。



 ゴンゴンの幼稚園は、夏の間は裸足で過ごすので、上靴はその間家で保管しておかなくてはならない。


 で、お化け屋敷は入るのに上靴が必要で、持たせるようにおたよりがきていたのに…。



 でも、ま、いっか。

 上靴がないくらい、どうにかなるだろう。


 そう思って、わざわざ持って行くことはしなかった。




 さて、ゴンゴンが帰ってきて、

 「ごめんね。今日上靴持たせるの、お母さん忘れちゃった」

 「もう、何で忘れたの?明日は忘れないでね。お化け屋敷は上靴がいるのよ」

 「うん分かった。今日はお化け屋敷は入れなかったの?」

 「ううん、入れたよ」

 「そう、よかったね」

 「でも、『上靴がないと入れないんだよ!!』って言う人がいたよ」

 「あら、厳しいのね…」

 「でも、ユーナちゃんが貸してくれた」

 「ほんと、よかったじゃん!」

 「うん。…あっ、ぼく、ありがとう言ってない」




 振り返ると、自分も子供のころ、何かもらったり、助けられたりしたとき、たいてい母親から

 「ほら、ありがとうは?」

って促されて、

 「あ、ありがとう…」

って言ってた。



 ゴンゴンもあたしから

 「ありがとうは?」

っていつも促される。




 いつから、自然に

 「ありがとう」

って言えるようになるんだろうね?



 素敵なことばだから、自然に使える人になってほしいな。




 夜、寝る前にゴンゴンが


 「明日は、ユーナちゃんに『ありがとう』って忘れないように言うね」


と言って、布団に入った。




 なんだかホンワカあったか気分の、秋の夜なのだ。 

子供ネタ | 23:42:16 | トラックバック(0) | コメント(14)
最近のあたし…
 みなさんご機嫌よう!!


 まぁ、復活にてござりまする~!!




 諸事情により、更新&訪問できずにおりました。

 今回は、その諸事情を少々…、いや、たっぷりと…。




 あたしが、塾の講師を時々やっていることは、常連さんならご存知のこと…。


 その塾のテストを作る仕事に追われ、ようやくアップしたと思いきや、うちの敏腕マネージャー(夫)が、次から次へと仕事を持ってくる、持ってくる…。


 自分の仕事はおそろしくトロいくせに、あたしの仕事の算段は実に見事!!


 おかげで、毎夜毎夜、テストの採点に専念しなければならない状況に…。


 そこまであたしを働かす、夫の魂胆とは一体…。





 それも、ようやく終わり、

 「今日こそ、ブログの更新よ!!」

と思っていたにもかかわらず、




 「気力、体力の限界です!」
      by 千代の富士



というわけで、あえなく撃沈…。




 そして、ほんとに、

 「今度こそ…」

と思っていたその日…



 PCがトラブった~!!


 電源入れても起動せず!

     残念!!





 こんな時、一体みなさんはどうするんですかね~?




 あたしは別に機械オンチってわけではないが、夫がオタッキーなので、どうあがいても奴にはかなわない。

 ちなみに、「初級シスアド」と「基本情報技術者」の資格取得者である。

 このPCも夫が組み上げたもの。

 会社にも、夫が組み上げたPCが2・3台働いているらしい。




 というわけで、機械関係はすべて奴におんぶに抱っこ状態。



 PCの復活は奴の手に委ねられた。




 ま、復旧するまでは取りあえず、今はほとんど使っていないノートPCにインターネットはつないでもらって、それで更新するつもりだった。




 が、しか~し!!


 


 あたしのかつての仕事のパートナーだから、悪くは言いたくはないんだけどね…

 でも、あえて言わせてもらうと、





 彼はちょっと、頭が弱い。




 だから、とにかく動作が遅い。


 しかもネットの接続状況が悪いので、しょっちゅうエラーが出る。




 それでも、何人かのブロ友さんのところへは事情を説明に訪問。


 途中、エラーが出て、コメントを断念したところも…。ごめんなさい。



 ようやく、自分の記事を書き出して、途中…


 「プレビュー」をクリック




 すると、エラー→全消え!!ガチョーン!! 




 やる気、一気に喪失…。





 それでも、しばらくして気を取り直したあたしは、もう一度記事を書き出し、そして、書き上げた!!


 文字の装飾なんか、いらんことはしないにかぎる。


 とにかく「保存」だ!!




 そして、「保存」をクリック!すると…




 エラー→全消え!! ガチョーン!!




 振り出しにもどる…。



 もう、やめた!!

 こんなのやってらんねぇぜ!!




 というわけで、今日に至る…。





 夫の尽力でどうにか、PC復旧。


 まだ、ソフトがすっからかんの状態なので、動きがめっちゃ早い!!

 (「めっちゃ」って広辞苑にのるんでしょ?あえて使ってみた…)



 ん~、快適だ!!




 というのが、あたしの空白の10日間でございました。


 これからは、またバンバン書いていきますんで、よろしくお願いいたしま~す!

未分類 | 23:11:39 | トラックバック(0) | コメント(14)
いまさらですが…
 HPを開設してから、もうじき1年。

 日記をブログに変更してから、半年。



 半年のブログを振り返ってみると、いいことたくさんあったなぁ…って思う。


 まず、素敵なブロ友さんと知り合えたこと。


 あくまで自己満足の日記だったけど、やっぱコメントもらえるとうれしいもんだね。


 災害の募金について偉そうなこと書いちゃった時http://forevertable.blog98.fc2.com/blog-entry-58.html、釣志さんが紹介してくれたのをきっかけに、たくさんの人が訪問してくれた。

 それから、さらにいろんな人が訪問してくれて、毎回誰かしらコメントを入れてくれる。


 あらためて、釣志さん、ありがとう!

 それから、あたしのつたない文章読んでくれてるたくさんの方々、ほんとにありがとう!



 あと、ブログを書いていていいことって言えば、毎日の平凡な生活が、実は平凡じゃないんだなって気がついたこと。


 ブログのために、何気にネタ探しをしているあたし。


 すると、平凡で退屈な日常にも、けっこう新鮮なことってあるんだよね。

 気にしなければ、スルーしちゃうようなことなんだけど、見ようによってはすごくおもしろいネタになる。


 そんなものの見方が出来るようになったのもブログのおかげ…。




 他には、子供のころの夢が微妙にかなったことかな。


 あたしは、中・高生くらいのころ、

 「小説家になりたいな~」

って、ちょっと思っていた。ちょっとだよ…。



 これも、HPの方には書いてあるんだけど…


 ま、それほどの志も才能もないので、とっとと諦めたけどさ。



 でも、ブログって人の目に触れるわけでしょ。

 これって、ちょっと「物書き」気分を味わえる。



 人の目に触れるってことは、言葉の一つ一つに責任を負わなければならないってことで、相手の気分を損ねないか、誤解が生じないか…って気を遣うことはあるけれど(これでも、気を遣ってるのよ…)、それをさっぴいても、楽しくてしょうがない!



 で、その楽しいブログを楽しいままで長く続けたいって思ってるので、あまり自分に負荷がかからないようにしてきた。


 気が向いた時に更新する。

 できるだけ楽しいことを書く。

 


 そして、リンクを貼らない



 「えっ?!なんで?」


って感じでしょ。




 リンクを貼っちゃうと、


 「リンク貼ってるからには訪問しなくちゃいけない」

 んでもって、

 「訪問したからにはコメント入れなきゃいけない」

 んでもって、

 「コメント入れるからには社交辞令じゃなく、ちょっと気の利いたこと書かなきゃいけない」



 って、だんだん自分の記事を書くことよりも、そっちの方に時間が割かれていくような気がしてね…。


 そうなったら、せっかく楽しみで始めたブログが、重荷になっちゃうでしょ。



 出来るだけ、長く、楽しく続けるために、リンクを貼るのをここまで我慢してきた。


 もちろん、リンクをしてくださるのはうれしいのですよ。




 しか~し!!




 お気に入りのブログにリンクさせてもらうことにしちゃいました~!!



 みなさんのブログに訪問してコメントすることって、全然重荷なんかじゃなくて、むしろ楽しいって知ってしまったのよ、あたし…。


 それに、今更ながら、ブログについての本なんぞパラパラ目を通していたら、お気に入りのリンクを貼ることは、あたしがどういう人とつながりがあって、どういう方面に興味があるのかっていうことを、初めて訪問してくれた人に伝える効果があるって書いてたの。


 確かに、あたしが訪問するブログは、当然あたしの好みにあってるわけで、それを他の人に知ってもらうって事は、あたしの好みを知ってもらうことにつながるわけで…。


 つまり、あたしのプロフィールにもなるってこと。



 それに、あたしが面白い!!って思っているブログを、独り占めしてるのももったいない。




 といことで、



 リンクお願いしま~す!!


 って、まとめてお願いするのも失礼ですが、どうぞよろしく。



 なお、ご迷惑なら言ってくださいね。



 それでは、これからもよろしくお願いしま~す!!

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

つれづれなるままに | 00:13:25 | トラックバック(0) | コメント(25)
運動会
 日曜日はゴンゴンの初めての運動会だった。


 うちは、じじ・ばばが両家ともけっこう近所に住んでるので、当然応援にやってくるわけで、応援にやってくるとなれば、当然お弁当が必要なわけで…。


 てなわけで、料理の嫌いなあたしが、朝5時起きで弁当を作った。


 けっこう見栄えよく出来たんだけど、写真撮るの忘れちゃって、どんなお弁当だったかはお見せすることは出来ないの…。

 (ということにしておいて…)



 ゴンゴンはかけっこの練習で、

 「一番だったよ!」

と、自信満々で言っていた。




 普通の親なら、

 「そりゃぁ、本番も期待できるね~」

なんて、思うのかもしれないが、うちは違う。



 だいたい、あたしも夫も運動は苦手である。

 残念ながらゴンゴンには運動が得意である遺伝子は含まれていない。



 さらに、日ごろのやつのドンくささを見ていれば、とてもかけっこ1番なんてありえない。



 ただ、ゴンゴンは7月生まれだし、体格もけっこういいので、他のおチビちゃんたちに比べれば、ちょっとは有利かも。


 うまくいけば、いい戦いになるかもしれない。

 でも、多分ダメだろう…。



 あたしも夫も、そう思っていた。




 みんなで運動会の会場へ…。


 かわいらしいチビッ子たちが入場してくる。

 お遊戯もしっかりやってる。



 そんな姿を見ていたら、親としてちょっとうれしくなってしまうね…。



 さて、かけっこが始まった。



 「よ~い……、ピッ!!」


という笛の合図で、スタート!!







 ゴンゴン、スタートダッシュ失敗!!




 やっぱりね…。予想通りだよ…。



 結局、最後まで追いつくことが出来ず、ダンどべ…。


 残念…。





 まっ、いいさ。


 あたしの子だから…。





 親子で踊ったり、走ったりして、みんなそれなりに楽しんだ。



 一番最後のプログラムは、園児全員による「玉入れ」




 みんな、玉を2個ずつ持って、入場。


 かごの周りに玉はあるのだが、中にはボーッと突っ立ってるだけで、なかなか人を押しのけて玉を取ることが出来ない子もいるみたいで、そんな子でも1回は投げられるように、最初に玉をそれぞれに持たせておくらしい。



 さぁ、玉入れスタート!!




 
 やつはボーッと突っ立ってたりしない。

 積極的に拾って投げている。

 よし、いいぞ行け、ゴンゴン!!




 そして、その投げる球は…




 ど真ん中、ストレート、絶好球!!




 んっ?

 玉入れで、ど真ん中、ストレートって…?



 やつは玉を一生懸命投げてはいるが、上に上手く投げることが出来ず、投げる球は、全て前にいる子の後頭部直撃!



 1個もカゴに入ることなく終了!




 ダ、ダメだ!!



 ドンくさすぎる!!





 でも、まぁ、本人は何も気にすることなく、幼稚園からのおみやげをもらってご満悦。


 おみやげは、絵本とオセロゲームと金メダル。



 「ゴンゴン、負けちゃったのに、なんで金メダル~?」


とゴンゴン、


 「一生懸命頑張ったからでしょ」


と言うと、


 「そうか~!!」


と満足げ。



 ナンバーワンよりオンリーワンの時代だものね。


 いいよ、いいよ、一生懸命頑張れば…。






 でも、うちは…


 オンリーワンよりナンバーワンの教育方針なのだ~!!



 ハハハ!



 さぁ、明日から、来年の運動会に向けて、かけっこの練習よ!!

テーマ:日記 - ジャンル:育児

子供ネタ | 22:05:47 | トラックバック(0) | コメント(14)
いかは甘い!
 あたしら夫婦には、「コンちゃん」という共通の友人がいる。

 会社の同僚だったのだが、現在はあたしは退職したし、コンちゃんは転職したので、年に1・2回、うちで宴会を催す時に会う程度…。


 このコンちゃん、ルックスはまぁまぁ…。
 仕事ぶりも真面目。
 特に、奇をてらったことをするわけでもなく、日ごろは寡黙な男である。




 なのに、この男、ネタの宝庫なのである。




 別に彼が面白いネタを求めてウロウロしているわけではなく、ネタの方から自然に彼を求めて寄ってくる…、

 そんな感じのやつなのだ。


 「引き」が強いとも言う…。



 彼にまつわるネタとあたしの文章力(大したものではないが…)をもってすれば、10回分くらいはお笑いブログが書ける!


 いかんせん、彼の承諾をもらっていないし、承諾してくれるとも思えない。


 というわけで、彼ネタは残念ながら書けない…。



 絶対おもしろいのになぁ~…。





 で、なぜにコンちゃんの紹介から入ったかというと、今日のネタはちょっとコンちゃんがからむから…。




 コンちゃんは大の釣り好き。

 仕事が終わってから、朝まで釣り糸を垂れていることもしばしば。



 ある日、コンちゃんが会社の人たち数人と釣りに出かけることになった。

 その中には、うちの夫も含まれていた。



 仕事が終わって、ウキウキと準備をして出かけて行ったのだが、結果はあえなく惨敗。


 コンちゃんの釣果はというと、どうにかイカを1匹。




 で、その貴重な1匹のイカを、な~んと、コンちゃん、うちの夫にくれてやったそうな。


 帰ってきた夫は、

 「このいか、刺身にして。コンちゃんにもらったから、半分持っていってやる」

と言うので、刺身にした。



 皿にイカの刺身と、きゅうりなんぞも添えて、冷蔵庫にストックしてあった醤油もつけた。


 寿司なんかを頼むと、醤油がついてくるでしょ。

 その醤油を何個も冷蔵庫にストックしてるのよ。




 夫はその刺身を持って会社へ…。



 あたしは、夫より後にのんびり出社した。





 出社すると、コンちゃんとばったり。


 コンちゃんは何も言わず、あたしに手招きをする。



 「ん?なに、なに?」

 あたしが、近づいて行くと…




 「あの刺身……、ソースだった






 「………、は~っ?!」





 あたしが、醤油と思って皿に乗せたものは、なんとソースだったのだ!



 なぜに、何個もある醤油の中に一つだけソースが混ざっていたかは不明。





 でも、あれだけある醤油の中から、なぜソースを選ぶか、あたし!!




 食べた時、どんな状況だったかというと…


 夫 「イカ、刺身にしてきたから、食べり~!!」

 コンちゃん、醤油をかけ、一口食べる。

 コンちゃん 「……、これ、あめぇんやけど…(甘いんだけど)」





 夫 「新鮮なイカは甘いもんなんばい!!」



 ソースをつけて渡したあたしもあたしだが、夫も夫である。




 コンちゃんからは

 「『イカは甘い』って甘さが違うやろ!あんた達、どんな夫婦なん?!」


と悪態をつかれた。




 もう、5年ほど前の話なのだが、今でもコンちゃんからはしつこく恨み言を言われる。



 年賀状にまで


 「元旦に、イカの刺身を食ったけど、やっぱり刺身は醤油に限りますな~」


と、嫌味を書いてよこした。




 イカにソースなんて、



 絶対、やつの「引き」の強さだと思うんですけどね~。



 どう思います? 

テーマ:▼どうでもいい話 - ジャンル:日記

友達のこと | 21:25:06 | トラックバック(0) | コメント(14)