FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
動物園
 あたしは、動物園で働いている。


 「えっ?塾の講師じゃなかったっけ?
  この暑さで、ついにとち狂ったか?」

と思ったみなさん。

 あたしはいたって正気だ。



 塾は学力別でクラスを編成している。

 今回は、その中の一番下位クラスの話である。


 そのクラスには、パンダくんとキツネくんとおさるくんという子がいる。


 パンダくんは集中力が5分くらいしかもたないが、人間はいいやつである。

 キツネくんは若干日本語が分かっていない上に、空気も読めないこまったちゃん。

 おさるくんはいつも元気なアホ。お調子者で落ち着きがまるでない。


 こんなやつらを日々相手にしているので、だんだん

 「あたしって、動物園の飼育係…?」

と錯覚してしまう。



 さて、ある日の授業のこと。

 まずは、その時間にやることを指示。


 しかし、言っただけでは絶対に伝わらないので、言ったことをさらに黒板に書く。


 「点線部分は、現代仮名遣いで読みを書け!
  ○○ページの注釈を、プリントに写せ!」

 これだけやれば、パンダくんもキツネくんもおさるくんも分かってくれるはずだ!

 そう、信じて、ちょっと他の仕事があったので教室を2・3分離れた。


 戻ってみると、案の定、キツネくんとおさるくんがじゃれあっている。


 まずは、パンダくんのところへ…。

 集中力がすでに切れていたパンダくんは、魂がどこかに抜け出てしまっていた。


 「おい、パンダ!ここ!ここ、書くんだよ!!」

 「えっ?!あっ、はい…」


 そして、相変わらず戯れているキツネくんとおさるくんのもとへ…。


 「あんた達、済んだんね?」
と聞くと、

 「済みました~!!」
と、勝ち誇ったように言うおさるくん。

 そして、プリントをあたしの目の前で見せ付ける。

    そんなに近づけなくても見える…。


 「ばか!!点線は1本じゃない!あんた、一箇所しか書いてないじゃん!」

 「えっ?!」


 それを見ていたキツネくん。
 ゲラゲラ笑いながら

 「ば~か!ば~か!」

 とおさるくんをののしっている。


 「あんたは終わったのね?」

 「終わりました~!!」 

 自信満々でプリントを見せるキツネくん。


 「ばか!テキストの注釈を写せって言ったでしょ!」

 「えっ?そんなん言ってねぇし…」


     お前が聞いてないんじゃ、ボケ!


 「言ったし、黒板にも書いてある!ほらっ!」
と、黒板を指差すと


 「あっ!」
とキツネくん。


 それを見ていたおさるくん。

 「ば~か!ば~か!」
と言って、大笑い。


 もう、付き合ってらんねぇ…。


 そして、再びパンダくんのもとへ…。


 すると…



 まだ、魂がもどってきてな~い!!


 「パンダ~!!なんで、まだ済んでないの?!」

 「えっ?!あっ、はい…」


 もう、たまらん…。


 我が子を保育所に預け、一体あたしはなぜにこんな動物の世話をせねばならぬのか…。




 でもね、意外とこんなやつらがかわいかったりするんだけどね…。

スポンサーサイト



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

仕事 | 00:44:25 | トラックバック(0) | コメント(14)