FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
何か出来ること…
 台風一過と思いきや、地震のニュース…。

 日本列島、災害続き。


 あぁ、何だかちょっと暗い気分…。



 こんな時って、あたしは一体何をすればいいんだろう…。



 阪神大震災の時、救援物資として送られてきて大変困ったものがあったそうだ。

 何かというと、古着や使い古した毛布など。

 全国各地から送られてきたので、かなりの量になったらしいが、正直、そんなのほとんどいらなかったらしい。


 送る方は、被災者のため一肌脱いだつもりだったかもしれないが、そんなの自分ちの押入れのいらないものを体よく処分したにすぎない。

 それなら、新しい肌着の一枚でも買って送ってあげた方が、よっぽどよい。



 さて、それなら、あたし達は何ができるか?



 誤解を恐れず言おう。



 お金を出せ!!



 「何でもお金で解決できる!!」

なんて、そんないやらしいことを考えているわけではない。



 ボランティアとして現地へ赴いて、復興支援に携わることが、とても素晴らしいことのように思われるが、(もちろん、素晴らしいよ)実際は、現地へ行ける人なんてほとんどいない。

 みんな、いろんな事情があるからね…。


 だからって、

 「自分には何も出来ない!!」

ってあきらめちゃ、何も始まらない。



 以前、小学生の授業をしていた時、地球温暖化について語ったことがあった。

 二酸化炭素を出来るだけ排出しないように、一人一人が努力する必要がある、と教えたのだが、一人の子が、

 「でもさ、あたしたちが、ちょっと(努力を)やったからって、意味なくな~い?」

と、ほざきやがった。



 まぁ、子供だからね。

 ちょっと、斜に構えて、クールを気取ってるつもりなんどけどね…。



 だからと言って、その発言をそのまま放っておくわけにはいかない。


 「あのね、意味がないと言ってしまえば、何も始まらないのよ。一人一人の努力は小さいことかもしれないけど、それが集まれば、すごい量になるんだから…。
 日本人が全員、1円ずつ募金したら、1億円になるんだよ。すごいでしょ。」

 当人がどの程度分かってくれたかは疑問であるが…。



 今回の地震だって、ボランティアで現地へ赴くのと、義捐金を自分の出来る範囲で送るのと、そんなに優劣があるとは思わない。


 だって、

 「被災者のために何かしたい!」

っていう思いは同じでしょ。



 確かに、お金は、どこでどのように使われているか分からない。


 でも、それは、預けた人(団体?)の良心を信じるしかない。



 って、こんなことを書いたのは、いろんなブログを読んでいたら、けっこう今回の災害について、心を痛めている人が多いんだと知ったから。


 心を痛めている一人として、あたしも何が出来ないかと考えてたら、ダラダラとこんなことを書いてしまった次第…。


 もっと、いい貢献の仕方があるのかもしれない。

 いや、きっとあるのだろう…。


 でも、今のあたしには思いつかない。

 なら、今、思いつくことを実践しよう!



 なぁに、毎晩飲むビールをちょっと我慢すれば、義捐金くらい…。


 「情けは人のためならず」ですからね…。

スポンサーサイト



テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

未分類 | 22:19:22 | トラックバック(0) | コメント(16)