FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
七夕のお願い
 これと言って、爆笑ネタがないので、ちょっと前の話を…。


 七夕のころ、幼稚園で、七夕飾りを作ったそうな。

 織姫と彦星のお話を先生から聞き、それから飾りをつけ、お願いごとを短冊に書いて、笹を立てて終了。


 ゴンゴンは親の言うことはちっとも聞かないくせに、幼稚園の先生の言うことは、ほんと、よく聞く。


 うちに帰ってからも、

 「天の川が……、織姫と彦星が……、七夕が……」

と、得意そうにあたしに語って聞かせていた。



 お願い事をしたというので、

 「んで、ゴンゴンは、何てお願いしたの?」

と聞くと、


 「アイスクリーム屋さんになりたいってしたよ」

だって。



 まぁ、子供らしくてよいよい。


 「犬になりたい!」

って、言われるよりはるかによい。
http://members2.jcom.home.ne.jp/forever-table/diary_folder/diary11.html#11/21

 さて、それからさらに…

 「アイスクリーム屋さんになったら、お母さんに、た~くさん、アイスクリーム作ってあげるね~!!」

なんて、かわいいこと言ってくれるではないか!

 うれしいね~

 「わ~っ、ありがとう!!安くしてね!」

と言うと、




 「安くはしないよ!」

と言われた。


 それも、かなりきっぱりと……。



 若干4歳にして、恐るべし、その商魂!


 君は、金が貯まるよ…。

スポンサーサイト



テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

子供ネタ | 17:36:35 | トラックバック(0) | コメント(6)
仕事が始まった~
 今日は、仕事2日目だった。

 すでに、クタクタ…。だめじゃん



 さて、ブログ上でもちょこちょこ書いているのだが、あたしは、学習塾の講師をしている。


 でも、自分が塾の講師をしていると言うと、たいがい

 「え~っ!!頭いいんだ~!!」

などと言われ、ちょっと引かれるので、あまり自分の職業については多くを語らないことにしている。

 

 でも、もう今さら、職業を明らかにしたからと言って、ブロ友さんに引かれることもあるまい…。



 だって、「裸の般若」だからね…。
http://forevertable.blog98.fc2.com/blog-entry-56.html


 それはさておき…

 あたしが塾で何を教えているかというと、何となく想像つくだろうが、国語を教えている。


 国語の先生って、塾では慢性の人手不足。


 誰でも教えられそうで、教えにくい教科。

 しかも、塾での花形強化はやはり、英数なので、地味な国語を教えていくのは、モチベーションを維持するのが難しい。


 というわけで、正社員だったころに、アルバイトを含め、何人も指導(っていうほどのものじゃないけど…)してきたけど、ほとんど長続きせず去っていった。



 おかげで、子供を産んで退職した今でも、

「働いて~!!」

と声がかかるわけだ。



 特に、夏は「夏期講習」で、学習塾は稼ぎ時を迎える。

 ここで、死ぬ気で働かないと、会社の存亡にかかわる。



 ちなみに、うちの夫も塾の講師で理科と数学を教えている。

 そして、この夏の勤務時間はというと、朝7時半に家を出て、夜は12時過ぎに帰ってくる。

 労働基準法完全無視である。


 でも、仕方ない。
 そういう、仕事だから…。


 あたしなんて、70分の授業を3コマだからね…。

 とっても楽なのね…。


 それで、ギャラもらえるんだから、ありがたいと思わなきゃ…

って言いつつ、やっぱり、保育園でたーさんと別れるときに、泣かれるとちょっとつらい。


 なんでこんな思いをして働かなきゃいけないの~!!


って、こっちまで何だか涙が出そう…。



 けど、園からの連絡帳に


 「泣きながら、給食は完食しました」

って書かれていて、たーさんの底知れぬたくましさを感じる。



 授業だけじゃなくて、小テストの採点だとか、作文の添削だとか、けっこうテイクアウトのお仕事も多くってね、ゆっくりPCに向かってる場合じゃないんだけど、気になっちゃって、ついついこんなに書いてしまった…。


 さて、この後も明日の教材研究だ!!

 頑張ります


 ただ、働いて一ついいことが…

 それは




 夜のビールがかなりうまいこと


 今夜も


 「…………っか~、うんめぇ~!!」


と、すっかりオヤジ化している、あたしである。

未分類 | 23:10:57 | トラックバック(0) | コメント(16)
明日から…
 明日から、いよいよ仕事だ。


 ゴンゴンは幼稚園の預かり保育に、たーさんは保育園に「1ヶ月間のみ」という約束で、保育園生活のスタート。


 最初から、気ままに更新してきたブログだが、仕事をするとなると、さらに気まま度アップすること間違いなし。


 でも、見捨てないでね!!



 今まで、子供ネタが中心だったが、しばらくは仕事ネタが増えそう…。

 おもしろいネタが落ちてればいいんだけどね…。




 かくして、ビリーとの逢瀬もしばらくは我慢…。


 ごめんね、ビリー。

 こんなあたしを許して!!





 今夜もこれから、明日の教材研究に打ち込まねばならない。



 というわけで、今夜はこれにて、御機嫌よう! 


テーマ:日記 - ジャンル:日記

未分類 | 21:13:48 | トラックバック(0) | コメント(14)
バーベキュー
 夫は学習塾の講師をしている。

 あたしも、ちょっとしている。
http://members2.jcom.home.ne.jp/forever-table/diary_folder/diary3.html#3/26

 あたしたちが勤めている塾は、教室がいくつかあるのだが、夫が所属している教室主催で、「海の日」にバーベキューパーティーが行われた。


 現在のスタッフはもちろん、昔のスタッフにも声をかけ、さらに家族同伴もOK!ということで、かなり盛大に行われた。


 あたしは、夫の家族でもあるが、昔のスタッフでもある。


 何を隠そう、夫とあたしは、この教室のスタッフ時代に仲睦まじくなって、結婚にまで至ったのだ。


 みんな集まって、乾杯をして、お肉食べながらいろんな話をしてると、ちょっと同窓会っぽいノリで、昔のネタが続々登場。

 かなり笑った。



 さて、そのころの職場でのあたしのキャラはというと、かなりの
 「いじられキャラ」


 なぜに、そんなキャラがついたかというと、

 みんなより、ちょっと年長であったことと、

 体型が、ちょっと土偶チックだったことにある。



 久々にみんな集まって、ワイワイやっていると、昔のあたしのキャラ全開!!


 まぁ 「もう、いくつになったんだっけ?」

 A君 「33歳ですよ」

 まぁ 「あぁ、まだ、そんなもんだっけ」

 A君 「そうっすよ。だから、言ってるじゃないですか…。
     僕は『沖縄返還』後の生まれですから。
     まぁさんみたいに、沖縄返還前の人間ではありません。

     
     まぁさん、沖縄返還の時、旗振ってたでしょ?
     僕、社会の資料集、でまぁさんが写ってる
     写真見ましたよ。」



           写ってねぇし……。


 まぁ 「最近、ブログなんか始めちゃってさぁ…」

 B君 「へぇ、そんなことしてんだ…。
     ブログって、世界中からアクセス出来るんでしょ?」


 まぁ 「そうだよ!イタリアだって、アメリカだって、
     ブラジルだって…」


 B君 「はっ?!ぶたじる?」


           ブラジルじゃ、ボケ~!!


 危うく、焼きたての肉を顔面に押し付けて、根性焼き作るところだった…。



 でも、ほんと、半年分くらい笑いまくった。


 家にいると、子供ネタで微笑ましいことはしばしばあるが、腹の底からゲラゲラ笑うことって、ほとんどない。


 なんだか楽しかったな~。

 それに、とってもリフレッシュ!!



 って、こんなことで笑ってるあたしって、かなり心が広い!!



 いや、もしかして、かなり

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

未分類 | 18:54:02 | トラックバック(1) | コメント(2)
アシスト
 流行にはあまり左右されないあたし。


 というか、流行を追うにはけっこう財力必要でしょ。

 あたしには、残念ながら財力があんまりないの。


 しか~し!!

 最近、テレビを見ても、いろんな人のブログを読んでも、人と話しても、いたるところで目にする、耳にするものがある。


 なんだか、ちょっとあたし、それに心惹かれててね…。

 欲しくなっちゃったのよ…。


 そこで、夫に相談。すると、

 「あぁ、会社で、○○に言えば、すぐ用意してくれるよ。言っとってやろうか?」


 もう、うれしくて、思いっきり首を縦にブンブンと振った。



 そして、やって来た~!!


 「ビリーズ・ブート・キャンプ」


 早速、入隊だ!!



 さわりをチョロッと見ると、かっこよくパンチだキックだ、繰り出される。

 ん~、カッコイイ…。


 でも、あたしがパンチをだすと、どうもかっこ悪い…。

 何が、どう悪いのか分からないけど、何か変。


 そして、鏡でよく観察すると、何かに似ている。

 
 分かった。

 ポール牧の「指パッチン」に似ている…。


 この時点で、もうすでに情けない…。



 でも、まぁ、いいさ!

 基本から、自分のペースでのんびりやるから…。


 ということで、基本プログラムスタート!



 たーさんはリリースしておいて、あたしはビリーと一緒にまずはストレッチから。


 ビリー 「さぁ、今度は座って、足を開いて…」

      はいはい♪

 ビリー 「上体をゆっくり前に倒して…。ムリはしなくていいからね~!!」

      はいはい、仰せのとおり♪


 ビリーの指示に従順なあたし。

 その時…


 「ヴァ!!」


 とんでもない声を出してしまった。


 座って足を開いて、上体を前にゆっくり倒していくストレッチ。

 痛いので、ほんとジワーッとやていたところに、なんと突然


 上からたーさんが乗っかってきた~!!


 なんか、相撲取りの「股割り」状態!


 「やめろ!!痛い!!やめろ!!」

と言っても、分かるはずもなく、

 「ウキャキャキャ…」

と大喜び!!



 ったく、一体ヤツはどこでそんなアシストを覚えてきたんだ…。



 でも、負けないもんね~。

 また、明日もやるも~ん。



 多分ね…。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

子供ネタ | 22:52:49 | トラックバック(0) | コメント(16)
何か出来ること…
 台風一過と思いきや、地震のニュース…。

 日本列島、災害続き。


 あぁ、何だかちょっと暗い気分…。



 こんな時って、あたしは一体何をすればいいんだろう…。



 阪神大震災の時、救援物資として送られてきて大変困ったものがあったそうだ。

 何かというと、古着や使い古した毛布など。

 全国各地から送られてきたので、かなりの量になったらしいが、正直、そんなのほとんどいらなかったらしい。


 送る方は、被災者のため一肌脱いだつもりだったかもしれないが、そんなの自分ちの押入れのいらないものを体よく処分したにすぎない。

 それなら、新しい肌着の一枚でも買って送ってあげた方が、よっぽどよい。



 さて、それなら、あたし達は何ができるか?



 誤解を恐れず言おう。



 お金を出せ!!



 「何でもお金で解決できる!!」

なんて、そんないやらしいことを考えているわけではない。



 ボランティアとして現地へ赴いて、復興支援に携わることが、とても素晴らしいことのように思われるが、(もちろん、素晴らしいよ)実際は、現地へ行ける人なんてほとんどいない。

 みんな、いろんな事情があるからね…。


 だからって、

 「自分には何も出来ない!!」

ってあきらめちゃ、何も始まらない。



 以前、小学生の授業をしていた時、地球温暖化について語ったことがあった。

 二酸化炭素を出来るだけ排出しないように、一人一人が努力する必要がある、と教えたのだが、一人の子が、

 「でもさ、あたしたちが、ちょっと(努力を)やったからって、意味なくな~い?」

と、ほざきやがった。



 まぁ、子供だからね。

 ちょっと、斜に構えて、クールを気取ってるつもりなんどけどね…。



 だからと言って、その発言をそのまま放っておくわけにはいかない。


 「あのね、意味がないと言ってしまえば、何も始まらないのよ。一人一人の努力は小さいことかもしれないけど、それが集まれば、すごい量になるんだから…。
 日本人が全員、1円ずつ募金したら、1億円になるんだよ。すごいでしょ。」

 当人がどの程度分かってくれたかは疑問であるが…。



 今回の地震だって、ボランティアで現地へ赴くのと、義捐金を自分の出来る範囲で送るのと、そんなに優劣があるとは思わない。


 だって、

 「被災者のために何かしたい!」

っていう思いは同じでしょ。



 確かに、お金は、どこでどのように使われているか分からない。


 でも、それは、預けた人(団体?)の良心を信じるしかない。



 って、こんなことを書いたのは、いろんなブログを読んでいたら、けっこう今回の災害について、心を痛めている人が多いんだと知ったから。


 心を痛めている一人として、あたしも何が出来ないかと考えてたら、ダラダラとこんなことを書いてしまった次第…。


 もっと、いい貢献の仕方があるのかもしれない。

 いや、きっとあるのだろう…。


 でも、今のあたしには思いつかない。

 なら、今、思いつくことを実践しよう!



 なぁに、毎晩飲むビールをちょっと我慢すれば、義捐金くらい…。


 「情けは人のためならず」ですからね…。

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

未分類 | 22:19:22 | トラックバック(0) | コメント(16)
仏さまの子
 新しい訪問者。

 京都在住のブロガーさん。


 京都といったら、あたしにとって、何となく心惹かれる土地。
 だから、この新しい訪問者にちょっと心躍る…。


 京都には何度か旅行に出かけた。
 その中の1回のお話…。


 結婚して3年。
 子供はまだいなかった。

 そんなに子供を欲しいと思ったことはなく、
 「出来なければ、それでもいっか~」
と、思っていた。

 周囲からのプレッシャーを少々感じてはいたのだが…。


 そんな時、夫と京都へ旅行に行った。

 
 その時は、あたしのたっての希望で、大原に行くことになった。


 雨の寂光院の風情をしみじみと感じつつ、建礼門院の時代へ思いを馳せる。

 そして、三千院へ。

 三千院に着くころには、雨も上がっていた。


 読経の声に、暑さも疲れも、スーッと消えていくようで、
穏やかな心持になれた。


 さて、その三千院の写経場であたしたちは写経をした。

 と言っても、確か、2行か3行程度のもので、写経の用紙には、薄く文字が印刷されているので、それを筆でなぞるだけのもの。

 二人で姿勢を正し、写経し、最後に、


 「子宝授与」

と願文を書き、納めてきた。



 仕事は順調だったし、健康だし、良縁にも恵まれたし…。
 あとは、やはり子宝かな…と思って、いちお書いただけのこと。


 ちなみに、夫は

 「無病息災」

と書き、あたしから


 「あんたは、他に夢や希望や野望はないのか!無病息災なんて……。今までほとんど病気なんかしたことないくせに…」

と、なんくせつけられた。




 それから、約2ヵ月後、あたしの妊娠が判明した。




 ほとんど、あきらめていた妊娠…。

 「子供は別にいなくてもいい」

と思っていたのに、分かった時は、うれしくて涙が出た。
http://members2.jcom.home.ne.jp/forever-table/baby%201st%20time/baby1.html


 真剣に、

 「仏様が授けてくれた子だ!」

と、あたしは信じている。




 彼がもっと大きくなったら、三千院にお礼に行こう。

 そして、教えよう。


 「君は、ここの仏様から授かったんだよ。
  父と母と、そして、仏様から守られているんだよ」と……。




 ただ、願文と一緒に

 100円

 しか納めてこなかったのは、内緒にしておこう…。

テーマ:徒然日記 - ジャンル:日記

子供ネタ | 22:59:03 | トラックバック(2) | コメント(8)
子供の教育
 毎日のことなので、あえてネタにはしていないが、
日々繰り返される兄弟ゲンカ…。

 たーさんはゴンゴンのすることが気になるので、すぐ寄って行く。

 しかし、ゴンゴンは自分の遊びを邪魔されるので、たーさんが近づいてきたら、ヒステリックに怒る。

 「たーさんはこっち来ないで~!!」

と、追い返そうとするが、たーさんは遊んでくれていると思って、エヘエヘ笑いながら、また寄って行く。

 そんな繰り返しで、だいたい、兄のゴンゴンが泣く…。


 弱すぎる…。


 昨日も、そんな感じで兄弟ゲンカをおっぱじめた。

 いつものことだから、

 「戦え、子供たちよ!!」

と、ほったらかしていた。


 すると、たーさんがふすまを開けようとしているところを、ゴンゴンが力いっぱい

 「ビシッ」

と閉めた。


 危うく、たーさんの指を挟むところだったので、ちょっと怒った。


 でも、母の言うことをシカトして、さらにゴンゴンのたーさんいじめが続く。

 何回言っても聞かないので、もう怒った!!



 つかつかと歩み寄って、ゴンゴンの腕をつかんでちょっと投げ飛ばし、

 「やめなさい、って言ってるでしょ!!」

と、ちょっと怒鳴った。

 弱虫ゴンゴンは足元にひれ伏して、号泣していた。


 「ったく…。何度も言わせやがって…」

と、ゴンゴンを見下ろしていて、ふと、我に返って気がついた。



 なんと、あたし…



 裸だった~!!!



 別に、あたし、

 「部屋ではいつも裸で過ごしてま~す!!」

っていう、愉快な人間ではない。


 たまたま、風呂に入る前で、いろいろ準備して、裸でスタンバッってただけなのだ。

 ほんとだよ~!!信じておくれ!!


 ちなみに、ゴンゴンはノーパンだった。


 なんか、このシチュエーションに気がついたら、恥ずかしいやら、情けないやら、おかしいやらで、ちょっと怒りも萎えたのだが、ここで、ひるんではしつけにならんと思って、そのままの態度をどうにか維持し続けた。



 でもさ、客観的に、この状況を描写すると…


 般若の顔をした、土偶が一糸まとわぬ姿で、
ドスドスと子供に詰め寄った。
 子供はあまりの恐怖に泣き叫んでいる。
 しかし、土偶はひるむことなく、
子供に近づき、その子の腕をギュッと
鷲づかみにし、引き寄せ、そして、突き放した。
 子供は、あまりにショックに、
その場でひれ伏し、号泣した。
 お尻の穴を見せながら…。 



 こんな感じだろうか…。


 それでも、怒らなくてはいけない時もある…。


 子供の教育って大変ね~!!

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

子供ネタ | 21:06:30 | トラックバック(0) | コメント(8)
日本語ってすばらしい
 先日、他のブログで「慈雨」という言葉を目にした。

 読んで字のごとく、「恵みの雨」ということだが、
なんて、柔らかくて、優しい響きの言葉なのだろう…、
としみじみした。


 日本語には、あたしの知らない素晴らしい言葉が、た~くさんある。

 それを、知らずに過ごしているなんて、なんかもったいないな~。


 それでも、最近ブログを始めて、いろんな文章に触れることで、けっこういろんな言葉を仕入れているんだけど…。


 知らない言葉はたくさんあるけれど、これを方言にまで広げれば、それこそ、天文学的数字になってしまうはず。


 あたしは、以前、奄美大島というところに2年間住んでいた。

 鹿児島と沖縄の中間くらいにある、かなり大きな島だ。


 当然、島の方言があるわけで、(「しまぐち」って言うんだけどね)とてもじゃないけど、地元のじいちゃん、ばあちゃんの会話は、一言も理解できない。


 もう、あまり覚えていないけれど、イケメンのことは「やくむん」、美人のことは「きょらむん」と言った。

 ちなみに、ぶさいくな女性のことは「ばしゃやま」と言う。

 で、その言葉の由来がひどい。


 島で、バナナのことを「ばしょう」と言う。
 島のバナナは小さいけれど、甘くてとてもおいしい。お値段もけっこうする。

 自分とこの娘を、バナナの植わった山つきで嫁にやる!!

と言うのに、貰い手がない。


 それくらい、ぶさいくな女性という意味で「ばしょう やま」→「ばしゃやま」と言うようになったそうな…。


 ん~、シビアだ…。


 あと、ビックリした時に

 「え~っ!!」

って言うでしょ。


 奄美では、



 「はげ~っ!!」



って言うのさ。


 最初、聞いた時は笑ったね…。



 と、話は全然別の方向に行ってしまったが、

 どんどん生まれてくる新しい言葉よりも、古い言葉の中に美しく、優しい言葉がたくさんあるような気がするんだよね…。



 というわけで、けっこう前から、あたし、死語と言われるものを、今使ったら、けっこうおもしろいんじゃないかと思っている。

 平素の会話の中に、シレッと死語を入れちゃったら…。


 「もう、今日忙しくてさぁ…。家帰ったら、グロッキーよ!!」
とか、

 「それ、ナウいね!!」
とか…。


 ブログの中でも、要所要所で使ってみたい死語。


 でも、死語というだけあって、どんな言葉があったか、
思い出せないんだよね~。


 あれっ、テーマとずれてる?

 何だか、またダラダラ書いちゃって、オチなし!

 いい、いい!! 

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

未分類 | 23:47:07 | トラックバック(0) | コメント(4)
今日はネタがないのよ
ネタがない…。

 たーさんがテーブルから落ちたとか、滑り台から落ちたとか、ゴンゴンがたこ焼き食べてて、最後の一口を下に落としてしまって泣いたとか、小ネタはあるんだけど、ここに書くほどおもしろくはない…。


 ん~、仕方がない。

 このブログに行き着くまでをちょっと書いてみるか…。



 出産を機に、仕事を退職したことはブログでも書いたことがある。

 その後、会社から頼まれればチョロッと働くことも書いた。


 で、働いていない時、家にゴンゴンと閉じこもっていても何だか不毛だ。

 そう思って、ある時、ちょっと勉強に出てみようか…と思い立った。


 週1くらいのペースでWEBデザインの勉強に行きだした。
 勉強に行くときは、一時保育という制度を活用し、ゴンゴンを預けた。
 あたしは外の空気を吸えるし、未知の分野の勉強を出来るし、ゴンゴンは同じ年頃の子達と触れ合うチャンスが出来るしで、かなり有意義だったと思う。

 ほぼ1年くらい通ったが、たーさんの出産で卒業することとなった。
 ほんとは、もう少し勉強したかったんだけど…。


 たーさんを出産して、3ヶ月くらいしてだいぶ落ち着いてきたので、いよいよ、勉強の成果を試してみることとなった。



 それで、出来たのがあたしのHP。


 ゴンゴンを帝王切開で出産したこと、その後ちょっとしたトラブルが続いて、かなりブルーな日々を送ったこと、子宮ガンのこと、などなど、自分が体験したことが、だれかの役に立てばって思って、初心者なりに一生懸命作った。


 とはいえ、自分の自己満足のため作ったHPなので、偶然だれかの目にとまればいいかな、くらいのノリだった。
 だから、掲示板も設置しなかった。
 掲示板を荒らされたら嫌だし、そんなにネットでコミュニケーションをとりたいとも思っていなかったから…。


 でも、一生懸命作れば作るほど、今度はアクセスアップの欲が出て来てしまい、いろいろアクセスアップの方法を調べ始めた。


 いくつかのHP宣伝掲示板を利用したけれど、届くメールは出会い系ばっか…。


 なかなか、うまくいかない。


 そこで、日記をブログに変更することにしたのだ。



 HPはすべて手作りだった。
 ロゴも背景もボタンもレイアウトも…。
 それが、あたしのこだわりだった。

 だから、ブログを入れると「100%手作り」のHPではなくなってしまう…と思って、かなり迷った。



 でも、今はブログにして良かったと思っている。

 確かに、ブログの更新に追われて、肝心の自分のHPの更新やリニューアルがなかなか進んでいない。

 それはちょっと気にはなりつつ、でもブログを更新するのは、皆さんのコメントがうれしいしから…。



 どこに住んでいるのか、どんな姿かたちなのか全然知らない人とコメントを交換している…。これってけっこうおもしろい。


 でも、あたしのブログに来てくださっている皆さん、

 義務感にかられてコメント残してくださらなくていいですからね。


 あたしのHP作成にあたっての最初の思いは、

 「偶然訪れた人が、おもしろいって思ってくれたらそれでいい」

ってだけのことだったんだから…。
 あくまでも、「自己満足」。



 そうそう、あたしがリンクをお願いしないのも、そのせいなのです。

 相互リンクすることで、お互い「訪問しなくちゃいけない!」って義務感を感じてしまったら嫌だな~って思うから。

 「リンクして~!!」ってお願いされれば実はうれしいんですけどね…。


 HPの方では、お気に入りリンクを作っているのですが…。


 ダラダラ書いてしまいましたが、これからも、気まぐれに更新していきますよ。

 みなさんも、「そうそう!!」とか「おもしろい!!」とか思ったらコメントしてくださいね。

 あたしゃ、それだけで十分ですよ!!


 では、これからもよろしくお願いしま~す!!

  

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

未分類 | 22:21:46 | トラックバック(0) | コメント(10)
おすすめレシピ
 突然ですが、我が家のおすすめレシピをご紹介…。


 【中華風タレ】

 ★しょうがのみじん切り 大さじ1
 ★長ネギのみじん切り  大さじ4
 ★酢          大さじ3
 ★砂糖         大さじ3
 ★しょうゆ       大さじ5
 ★ごま油        大さじ1

 以上、混ぜ合わせれば出来上がり!!

 ちなみに、しょうがは親指くらいの大きさ(人によって違うけどね…)をみじんにすると、だいたい大さじ1くらいです。
 長ネギは、1本だとちょっと多いので、白いところだけみじんにすれば、だいたい分量くらいになるのでは…。

 みじん切りは、意外とめんどくさいので、フードプロセッサがあるとかなり便利。
 しょうがと長ネギ、まとめて入れれば楽勝です。



 と、なぜに今回「おすすめレシピ」なのかと言うと…。


 先日、ゴンゴン&たーさんの合同お誕生会を我が家で催した。

 両家のじじばばとタカシくん&チエミちゃんも参加して、適当に盛り上がった。

 その時、この中華風のタレのレシピをチエミちゃんに教えるって約束したんだけど、いつになるか分からんので、ここに書いてみた。


 時々このブログを見てくれているみたいだし、ブロガーさんにも教えてあげられるしで一石二鳥じゃんって思ってね…。


 基本的にはから揚げにかけるタレなのだが、中華風ドレッシングとしてサラダにかけてもいい。個人的には冷奴にかけるのが好き。


 さて、誕生会の話。


 まぁ、孫の誕生会だから、当然じじばばが張り切るわけさ。

 プレゼントにケーキにお菓子と、こちらが言わなくてもしっかり用意してくる。


 いちお、あたしもゴンゴン&たーさん用に「特製お花カレー」を用意したんだけど、ほとんど手をつけずに終了。


 だって、食事の前にケーキを見せちゃったからさ、チョロッとから揚げなんか食べて

 「もう、お腹一杯。ごちそうさま」だって。そして、


 「ゴンゴン、ケーキが食べたいなぁ~」

ときたもんだ。



 じじばばが持ってきた手前、ダメとも言えず、仕方なくケーキを食べさせた。


 まぁ、いっけどね…。

 念に1度のことだから、少々わがままを言っても許してやろう。



 しかし、せっかく作った「特製お花カレー」をほとんど食べてもらえなかったのは悔しいので、写真をアップすることにした。

lunch.jpg


自分で言うのも何だけど、けっこうかわいいでしょ!!



 まぁ、懲りずにまた頑張るよ…。ふ~っ。


 〈追伸〉

 夫が飼育しているカブトムシ第一号が土から出て参りました。

kabutomushi.jpg



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

未分類 | 22:59:10 | トラックバック(0) | コメント(10)
おにいちゃんとはちみつケーキ
 「おにいちゃんとはちみつケーキ」とは、ゴンゴンの持っている絵本のタイトル。

 ちょうど1年前に、お義母さんからもらった。


 コン太のおうちに赤ちゃんが生まれました。
 お母さんは、赤ちゃんのお世話で、コン太をちっともかまってくれません。
 すねてしまったコン太は、階段下の物置に引きこもってしまいます。
 しばらくふてくされていましたが、だんだん寂しくなって、涙がこぼれそうになってきました。
 そんな時、お母さんが
 「はちみつケーキを焼いたから、一緒に食べよう」
と、コン太を呼びに来てくれました。
 コン太はお母さんに謝りました。
 そして、赤ちゃんがもう少し大きくなって、はちみつケーキが食べられるようになったら、自分の分を半分分けてあげると約束します。
 お兄ちゃんとしての自覚が芽生えたのです。


てな、内容。


 ゴンゴンも、この本を読んで、お兄ちゃんとしての自覚を持って欲しいという、おばあちゃんの願いがこもった本なのだ。



 しかし、ゴンゴンの心に一番残っているところは、
コン太が、物置の中で歌ったいけない歌の部分である。


 「おちっこチーチー、ブリブリうんち、
  くさいぞどっかに捨てちまえ~


 アホなゴンゴンは、いまだに、この歌を時々歌っている。



 そして、今日も、この歌を口ずさんだ後に…


 「たーさん捨てようか?」
と言った。

 「え~っ、ダメだよ」

 「なんで?」

 「だって、たーさん、かわいいからさ。捨てないよ!ゴンゴンはたーさんを捨てるの?」

 「捨てないよ」

 「でしょ。…、じゃぁ、ゴンゴンを捨てようかな~」

 「え~っ、ダメだよ!!」

 「そうだよね~。ダメだよね~。大丈夫!!ゴンゴンもかわいいから、捨てないよ!」

 「良かった~!!」

 「じゃぁ、お父さんを捨てようか?」

 「ダメだよ~!」

 「なんで~?」





 「だって、今日、ゴミ出しの日じゃないでしょ!!」


 父親の存在って一体……。



 そんな、ゴンゴンも7月2日でめでたく4歳になった。


 これから、また、どんな名言(迷言?)が飛び出すか楽しみである。


 そして、このブログを読んだ夫が、どんな反応を示すかも楽しみである…。

子供ネタ | 22:09:39 | トラックバック(0) | コメント(8)
告白
 6月30日は職場の同僚の結婚式だった。

 夫婦でご招待いただいたので、よろこんで出席してきた。

 先月は義弟の結婚式だったが、やっぱ、お祝い事は楽しいね~。

 しかも、今回は子供抜きだったし…。

 久々に人間らしい会話を堪能してきた。楽しかった。



 さて、ではその子供は…というと、

 いつもなら、実家に預かってもらうところだが、あろうことか、両家ともその日は都合が悪いということで、ゴンゴンたちの行き場がなくなってしまった。

 そこで、すご~く悪いとは思ったが、チエミちゃん(義弟のお嫁さん)に預かってもらうことにした。

 チエミちゃんが快く預かってくれたので、楽しいひと時を過ごすことが出来た。ありがたや~。


 チエミちゃんの家に、まず、ゴンゴンたちを預けに行ったのだが、あたしは先日チョロッと遊びに行ったので、場所は知っていた。


 その、チョロッと遊びに行った時の話である。

 今頃になって、なぜそんな話を…という感じだが、時間がたって、ようやくあたしもみなさまに告白する決心がついたから…。




続きを読む >>
未分類 | 00:37:51 | トラックバック(0) | コメント(3)