FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
ちょっと熱く語ってみました
 昨日、幼稚園のPTA総会に行ってきた。

 みんな、万障繰り合わせて参加するのだろう…と思って、たーさんを夫に託し、参加した。


 でも、思っていたより少なかった…。

 しかも、参加者の3分の1は、役員さんだったし…。


 な~んだって感じ。





続きを読む >>
スポンサーサイト



テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

未分類 | 23:33:27 | トラックバック(0) | コメント(10)
知的好奇心
 いくつになっても、「へ~っ」と思うことはある。

 先日、夫と話していて、何でもない話から、
 「南半球では太陽が北中する」
という事実を知った。


 というか、今まであんまり考えたことなかった。

 太陽は当然東から昇り、南を通って、西に沈む。そう思い込んでいた。


 でも、確かに、南半球では北を通るんだよね…。

 理屈を考えれば当然なんだけど、なんだか不思議だし、それをこの歳になって、初めて知るのも何だか不思議だった。


 何万光年も遠くの超新星爆発を観測した、なんてことが、一体あたしたちにとって何の役に立つのだろう。

 観測したって言ったって、所詮何万年も前に起きた出来事で、あたしたちは、その場に行くことは不可能なわけだしね。


 でも、人間は知ろうとする。

 「なんで?」って思ったことをそのままには出来ない生き物なのだ。



 というわけで、ゴンゴンの「『なんで?』攻撃」にも、気長に付き合ってきた。

 だって、人間の性だからね…。

 しかし、いい加減、やつの「『なんで?』攻撃」に辟易している。そこで、最近は

 「『なんで?』じゃないでしょ!『はい』でしょ!」

と、やつの攻撃を防御する方向に転換。

 こうやって、子供の知的好奇心をダメにしていくのだろうか…。



 「ゴンゴン、いっつも『なんで?』って言うね~」

 「そうだね…」



 「なんで~?」




 やつの攻撃はまだまだ続く…。

テーマ:日常のひとコマ - ジャンル:育児

子供ネタ | 23:49:46 | トラックバック(0) | コメント(4)
悲愴
 昨日の日曜日、夫は朝から仕事。

 ゴンゴン&たーさんと3人で過ごす休日となった。
 
 天気は雨。部屋を開けると、外の湿気がもろに入ってきて、部屋全体がジメジメ。
 窓を閉めると、蒸し風呂。

 仕方ないので、今年初のクーラーを使用。


 ん~、快適!!


 折りしも、テレビのチャンネルを変えると、何やら聞き覚えのある曲が…。


 おぁ~、チャイコフスキーの「悲愴」ではないか!!


 大好きなのよ!!


 若いころ、何度聞いたか知れやしない。

 若き日のことを回想しつつ、

 「く~っ、このメロディーがたまらん!!」とか
 「おぉ、ここのシンバルがしぶい!!」

などと、ブツブツ言いながらしばし鑑賞。



 しかし、その間に、ゴンゴンとたーさんがケンカする。
 たーさんが、危険なことをしでかす。
 ゴンゴンがおやつだお茶だとあたしの手を煩わす。


 キーーーーッ!!

 あたしに、ちょっとくらい「悲愴」を聴かせろ~!!!



 仕舞いには、ゴンゴンに

 「うるさい!!」

と、怒鳴ってしまった。

    大人気なかった…。反省。


 チャイコの「悲愴」を聴いた、あたしが「悲愴」だったよ。



  ……おそまつ!!

テーマ:日常日記 - ジャンル:日記

未分類 | 21:41:43 | トラックバック(0) | コメント(2)
ワーキングマザー
 あたしは基本的に専業主婦なのだが、時々仕事をする。
http://members2.jcom.home.ne.jp/forever-table/diary_folder/diary3.html#3/26

 ゴンゴンが生まれる前まで、学習塾の講師をしていた。

 ゴンゴンの出産を機に退職はしたが、人手が足りない時は
 「働いて~!」
と、声がかかる。

 今時、こんなおばちゃんを雇ってくれるところなんて、あんまりないので、ありがたいことだわ…と思って、出来るだけ働くようにしている。

 で、今度の夏期講習に入ることになった。

 そこで、問題はゴンゴンとたーさんの世話…。

 ゴンゴンは幼稚園の預かり保育にお願いするとして、たーさんは…。
 これが、困っているのである。

 預けるのは1ヶ月少々なので、保育園に申し込んでも、すぐ辞めることになる。保育園側にその旨を伝えると、なんだか「預かりたくな~い」っていう空気を漂わしていた。


 一時保育という制度もあるが、これは1日2000円とちょっとお高い。しかも、週3日が限度。これでは残り2日どうするってことになる。


 実家を頼るしかないんだけど、自分が働いて、育児が出来ないのを、親に頼るってのはどうなの?と考えているあたしは、極力、親に預けることはしないようにしている。


 いちお、保育園に申し込んではみるが、なんか受け入れてもらえない予感が…。


 でもさ、あたしは本当に働くわけよ。
 あたしも会社からはよくしてもらっているし、夫も引き立ててもらっている。
 頼まれた時くらい、快く引き受けたいのさ。


 保育園だって、働くお母さんのために子供を預かってくれる所でしょ。
 なのに、1ヶ月だけって言ったら、なんだか迷惑そうにしちゃってさ…。


 ゴンゴンを一時保育に預けていた時、どう見ても

 「あんた、働いてないでしょ」
って感じのママさんに、けっこう会った。

 友達で保母さんをしているのがいるが、

 「保育所に申し込む時は働いてても、預けると決まった途端、仕事を辞める人って、けっこう多いんだよ~」

って言ってたけど、そんな人の子を預かれて、何で本当に働くあたしの子は預かってもらえんのか!!


 そんな理不尽さに、少々憤りをおぼえる今日この頃…。


 家事や育児は「究極の総合職」と思っているので、それを犠牲にしてまで、どうしても、外に働きに行こうとは思ってないが、せっかく
 「働いて!!」
と、言われてるのに、子供を預けるところがないから断るってのも、なんだかね~。


 女性が働くのは、まだまだ大変なことが多いよね。

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

未分類 | 23:11:48 | トラックバック(0) | コメント(4)
たーさん
 たーさんは、いたずら大好き。

 たーさんは、玄関を自分で開けて外へ脱走する。

 たーさんは、滑り台を逆走して、降りられなくなって泣いている。

 たーさんは、金魚やメダカの水槽に手や足をつっこんで、遊んでいる。

 たーさんは、微妙に「バイバイ」が出来るようになった。

 たーさんは、県内でいち早く「はしか」に感染した、流行に敏感な男。

 たーさんは、ゴンゴンが大好き。

 たーさんは、ゴンゴンにまとわりついて、しばしば足蹴にされているが、遊んでもらっていると思って、「ウキャキャキャ…!」と大笑いしている。

 たーさんは、お父さんとゴロゴロするのが好き。

 たーさんは、お父さんの「たかいたかい」が大好き。

 たーさんは、我が家の癒し系。


 今日は、たーさんの1歳の誕生日。

 おめでとう、たーさん!



 そして、生まれてきてくれて、ありがとう…。


birthday.jpg

チエミちゃんから帽子をプレゼントしてもらった!
ゴンゴン撮影。

テーマ:日記 - ジャンル:育児

子供ネタ | 21:59:16 | トラックバック(0) | コメント(7)
3人目の子供?
 テーマを見て、

 「えっ!ご懐妊?!」

と思った方、残念でした。違います。


 うちには3人子供がいるのだ。

 ご存知、ゴンゴン&たーさん。そして…


 我が夫!


 どれくらい子供かというと、筆舌に尽くしがたい。

 お付き合いしているころは、

 「少年のような人…」

などとうっとりしていたが、結婚8年目にもなると、そんなこと口が裂けても言えねぇ…。


 この夫の子供っぷりに日々悩まされているのである。


 そして、このところ、また悩みが…。


 夫はカブトムシの飼育をしている。

 ちなみに、メダカ・金魚・どじょう、そして南国の植物なんかにも手を出していて、収集がつかない。

 後片付けは、いつもあたしである。

 規模の縮小を要請しているのだが、縮小するどころか、拡大する一方。
 あたしの仕事も増える一方…。


 そろそろ、カブトムシが成虫に変身するシーズンとなってきた。

 どうも、今年は40匹くらいのカブトムシが登場するらしい。

 そして、そのカブトムシたちが卵を生むと、来年は……


 キャーッ!!あたしにとってはホラーである。


 別に虫が嫌いというのではない。

 虫かごが、これ以上増えるのが我慢ならんのだ!



 たまりかねて、

 「これ以上、増やすのはやめて!」

と、願い出た。夫は

 「あぁ、そのつもり…」

と、返答。

 でも、安心してはいけない!

 夫の「つもり」はあくまでも「つもり」で、成し遂げられることはほとんどない!
 8年間の結婚生活で、イヤというほど学習してきた。

 ここは、具体的な解決策を提示しておかなくては…。


 で、いいこと思いついちゃった~!!


 カブトムシをつがいで、ゴンゴンの幼稚園のお友達にあげればいいのよ!

 きっと、「ムシキング」なんかの影響もあって、貰い手があるはず。

 子供は喜ぶ!うちは片付く!

 一石二鳥!!


 夫も快く了承。


 そうと決まれば、カブトムシが土から這い出てくるのも、何だか待ち遠しい。

 

 しかし、前回のブログでは、夫との不思議な縁を、感動的(?)に書いたのに、今日はこれ…。

 結婚ってこんなもの?

テーマ:家族日記 - ジャンル:日記

未分類 | 23:21:45 | トラックバック(0) | コメント(6)
アルプス交響曲
 今日はネタ切れにつき、ちょっと昔の話を…。


 あたしは、クラシックが大好き。
 持っているCDはほとんどがクラシック。


 ある日、CDショップを訪れて物色していると、Rシュトラウス作曲の「アルプス交響曲」を発見。買ってしまった。

 そして、それから、2・3年後…。

 CDショップで物色中、「アルプス~」を発見。
 以前、買ったこと忘れていて、また買ってしまった。
 しかも、指揮もオケも全く同じやつ…。

 バカすぎる…。

 というわけで、あたしんちのCDラックには全く同じ「アルプス~」のCDが2枚、まぬけに並ぶことになった。


 そして、それから、さらに1年後くらい…。


 会社のある同僚に、何かのきっかけから、以上のことをかくかくしかじかと話し、1枚あげようかってことになった。

 あたしとしては、ちょっと下心があったので、これを機会にお近づきになれれば…ぐらいの気はあった。

 次の日、CDを持って会社へ…。

 しかし、あろうことか、その彼とつまらんことで、ケンカをしてしまったのだ。
 気まずくて、とてもCDをあげるような雰囲気ではなくなってしまった。


 もう、せっかく持ってきたのに…。よりによって、ケンカするなんて最悪!!


 と、ちょっとブルーに入っていたあたしは、すぐに家に帰る気になれず、会社で時間つぶし半分で残業をした。

 たまたま、その時一緒に残って仕事をしていた人がいたので、半ば投げやりな気分で、

 「クラシックのCDがあるんですけど、いりませんか?」
と、声をかけた。

 その人は、
 「あぁ、くれるんなら、もらうよ」
と、軽く返事をして、「アルプス~」のCDをもらって帰った。



 そして、1年後…。


 その人は、あたしの夫となった。


 縁とは不思議なものである。


 「アルプス交響曲」のCDは、また、あたしの手元に戻ってきて、今も、ラックに2枚並んでいる。

cd.jpg



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

未分類 | 21:32:38 | トラックバック(1) | コメント(4)
ついに、たーさんが…
 何かと、屈託の多い今日この頃…。

 ふっと、現実逃避したくなるような昼下がり。


 いつものごとく、いたずらにいそしむたーさん。

 「もう、好きにしてくれ…」
と、半ば投げやりな気分で、彼の行動を見てみぬふりの、満身創痍の母。


 そんな時、
 「あ~ちゃっ!!あちゃっ!」
と、何やら訴えるような声。

 うつろな視線を投げかけると、笑顔のたーさんが手放しで立っている。
 まぁ、それはいつものこと。別に驚きはしない。



 でも、その直後、

 たーさんが、一歩、足を踏み出した!!


 すぐに、ベチャッと前に倒れてしまった。

 ちょっと、痛そう…。

 でも、泣かなかった。それどころか、満面の笑みで、あたしのところまで高速ハイハイで駆け寄ってきた。


 たーさんの笑顔を見て、ありきたりの表現だけど、癒された。


 鬱々としているあたしに、
 「ほらっ、ボク歩けるよ!!こけても泣かないよ!お母さんも、元気出してよ!」
って、言ってるような気がして、たまらなく愛しかった。


 子供ってすばらしい!

 最近はしょっちゅう、悪魔にメタモルフォーゼだけど
(プリキュア見すぎ…)
やっぱり、天使だね…。


 たーさん、もうすぐ1歳。


 あたしのところへやって来てくれて、ありがとう。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

子供ネタ | 21:45:17 | トラックバック(0) | コメント(4)
結婚式ネタ
 先日の義弟の結婚式ネタが完成。

 校正がアマアマなんだけどね…。

 今日は、それのアップのために時間を費やしておりました。

 お暇ならHPの方にお立ち寄りくださいね!
http://members2.jcom.home.ne.jp/forever-table/wedding.html

 それでは、今日はこれにて…。

 おやすみなさい。

未分類 | 00:13:10 | トラックバック(0) | コメント(2)
ヘトヘトな日々
 肥満児のわりに、アクティブなたーさん。

 はしか&風邪から完全復活を果たし、絶好調の日々。

 部屋に無造作に転がされているおもちゃは素通りして、こちらが望まない方へとガンガン突進していく。

 ちょっと目を離すと、下駄箱の靴を全て取り出して、その辺にばらまいている。

 野菜置き場から、じゃがいも、たまねぎ、にんじんやらを転がしたり食ったりしている。

 金魚の水槽に手をつっこんで、水草をむしりとっている。

 気配を感じないので、探しにいくと、一人でふすまを開け、玄関に行き、玄関の網戸を一人で開け、外に出て、庭の草やら石やらを口に入れている。



 もう、何とかして~!!


 あたしも悪いのだが、ゴミを台所におきっぱにしていたので、それをあさりにたーさんがやって来た。

 ちょうど、夕食の準備中だったので手がはなせなかった。

 ゴミをあさろうとするたーさんを引き離し、今度はコンロを触ろうとするので、これまた引き離し、すると今度はゴミを……

 と、まさにいたちごっこ!


 いい加減、あたしもキーッとなって、ついに、たーさんの手を叩いて
 「メッでしょ!!」
と、ちょっと大きな声を出してしまった。

 初めての体罰に、たーさんもビビッて泣いた。

 ……5秒くらい…。


 その様子を冷静に見ていた人間が一人。

 そう、ゴンゴン。そしてゴンゴンが一言。

 
 「お母さん、もう、怒らないでいいでしょ。たーさん、赤ちゃんなんだから」


 お前に言われたくない!!


 まぁ、それでも、いちお
 「はいはい」
と、言っておいた。すると、間髪いれず…


 「『はい』は一回でしょ」


 誰か、あたしをこの悪魔たちから救ってください!

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

子供ネタ | 00:06:44 | トラックバック(0) | コメント(2)
ペット
 我が家がある通りは、中学生の間では「ワンワン通り」と呼ばれているらしい。

 文字通り、ほとんどの家が犬を飼っているから。

 月に一度の町内の掃除の時は、おばちゃんたちが

 「最近、年とって、ご飯もあんまり食べんのよ~」とか
 「うちも、元気がなくて、家にずーっといるわよ」とか…。

 一体、何の話かと思うと、自分ちの犬の話で持ちきりなのである。

 あたしんちは、犬飼ってないから、そんな時は「ぼっち」状態。
 黙々と草むしりをするしかない。


 でも、いいの。あたしペットの世話なんか出来ないし。


 ところが、昨日、ゴンゴンが突然

 「お母さん、ゴンゴン、犬とおうちにいたいよ!」
と言い出だした。

 はっ?犬とおうちにいたい?何のこっちゃ!


 「ゴンゴン、犬、飼いたいの?」と聞くと

 「うん、ゴンゴン、犬ほしいよ」

 ついに来たか!あたしも小さいころ、いちお「犬飼いたい!」と親に訴えたことがあった。まぁ、ちょっとした流行みたいなものよね。
 当然、即、却下だったけど…。

 「うちは犬、飼わないよ」

 「なんで?」



 「だって、ゴンゴンを飼ってるから!」


 「?」


 あたしの理屈は間違ってない!


 生き物と触れ合うことで、子供の情操教育になるらしいが、うちには、メダカ、金魚、どうじょう、クワガタ、カブトムシ(現在幼虫)など、情操教育には十分であろう生き物が生息しているのだ。


 ゴンゴンには、犬と戯れるよりもまず、たーさんとケンカせず、戯れるようになっていただきたい。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

子供ネタ | 10:51:22 | トラックバック(0) | コメント(4)
あたしと本
 お昼のニュースを見ようとテレビのチャンネルを変えようとしたら、それまでついていた教育テレビで「10min.ボックス」という番組が始まった。

 ジャンルを問わず、10分でその時のテーマを解説してくれて、ちょっと好き。

 その日のテーマは「山月記」だった。

 つい、見てしまった。


 中島敦の小説だが、以前、興味深い考察に出会って、それをもとに授業を展開したことがある。

 しかし、思ったほどうまく説明できず、反省と後悔が残った記憶がある。


 というふうに、結構思い入れのある作品であるにもかかわらず、この番組を見て、登場人物の名前、李徴が虎になったいきさつ、作品の中で触れずにはおれない重要なキーワードなどなど、すっかり忘れていることが分かった。

 「臆病な自尊心」「尊大な羞恥心」って、かなり力を入れて解説したはずなのになぁ~。


 思い入れのある作品でさえ、その始末なんだから、サッと読み流した本なんて、題名すら覚えていないものもあるんだろうな~。

 でも、いっか。


 内容はよく覚えていなくても、きっとその時感じた感動や、得た知識というのは、あたしという人格を形成する上で、何かしら影響を与えているはず…。決して無駄にはなっていない。

 これからも、いろんな本を読んでいこう。



 ……でも、しばらくはゴンゴンの絵本に付き合う日々が続く予感。

未分類 | 18:55:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
誕生日
 6月4日。それは、誕生日。

 誰のって?

 あたしのですよ。

 何歳かって?

 それは聞かない約束でしょ。


 ここ何年か意識的に忘れるようにしていた、自分のバースデー。
 「誕生日おめでとう!!」って、ちっともめでたくねぇし…。


 そういう、あたしの気持ちを汲んで、最近は特に大げさなイベントはない。


 しかし、今日は朝から、一本の電話。母からだった。

 「誕生日でしょ。いちお、おめでとうと言っとこうと思って…。プレゼントは特にないけどね…。あぁ、眼鏡買いに行くでしょ。その時は言って。ちょっと(お金を)出してあげるから…」

 実は2・3日前に、眼鏡が折れた。
 現在は折れた箇所をセロテープでぐるぐる巻いて使っている。

 情けない…。

 今年は誕生日プレゼントが眼鏡か~。ふ~。


 昼からは、お義父さんとお義母さんがやって来た。

 プレゼントに、ワインと果物を持ってきてくれた。


 やっぱ、ちょっとうれしい…。


 その後、チエミちゃんが来た。
 チエミちゃんとは、先日、義弟とめでたく結婚した人。


 なんと、チエミちゃんもプレゼント持参。
 これまた、ワイン。

 よっぽど飲むのが好きと思われているらしい…。
 好きだけどね…。

 でも、結婚した途端、気を遣わせてしまって、申し訳なかった。


 さて、肝心の我が夫はというと…。




 「誕生日?あぁ、そうだったね」



 結婚9年目。
 夫婦なんて、そんなものよね…

未分類 | 20:53:31 | トラックバック(0) | コメント(5)
競技会
 ここ最近の、あたしの屈託であった仕事が、ようやくアップした。イェ~イ!!

 偉いぞ、あたし!よく頑張った!


 …、と誰もほめてくれないので、自分でほめたところで、今日の話題。


 今日は、バイクの競技会が行われた。
 
 我が夫は、もう10年以上、とあるバイクの競技会に出場し続けている。
 「いつかは全国大会に…」
という野望を持っていたが、今年は
 「参加することに意義があるんだから…」
という弱気な態度に一転。

 年とったなぁ…。

 2・3日前までは、雨の予報だったが、くもり、そして晴れへと変わっていき、これなら子連れで、応援もありだな、ということで、行ってきたぜ、競技会!


 たーさんは当然何も分からず、ベビーカーでお散歩気分。
 あたしとゴンゴンは、夫の競技のたびに、いちお
 「お父さん、がんばって~」
と、声援を送っておいた。良妻ですから…。

 競技はシャンシャン進んでいき、夫のいるグループは午前中で競技が終了した。

 弁当をみんなで食べたら、ゴンゴンはすっかり「帰るモード」。

 確かに、表彰式まではかなり時間があるし、それまでゴンゴン&たーさんの機嫌がもつはずがない。
 ということで、結果を聞かずにあたしたちは一足先に帰ることにした。


 家に帰り着いて、一息ついたところで、夫から電話。
 「うちで打ち上げするから、何か用意しておいて」とのこと。
 結果については、帰ってからゆっくり話す、ということだった。


 もったいぶっているところが、好成績だったに違いないのだが、
 「まぁ、帰ってからゆっくりと…」
と言うだけで、教えてくれなかった。


 さて、1時間後に夫帰宅。

 そして、結果報告。


 なんと、夫は個人の部で



 5位入賞!!  


 すげ~!!弱気ではなく、無欲がもたらした結果か!!

 さらに、よろこばしいことは、3人1チームでエントリーする団体の部もあるのだが、なんとその団体の部で、夫のチームが




1位!!



 今まで、入賞はしたことあったのだが、さすがに1位は初めてで、かなりうれしそうだった。

 金色のメダルを見せて、ゴンゴンの首にかけていた。

 ま、団体は全国大会はないんだけどね。


 いや~、良い一日だったよ。
と、家族が寝静まった夜に、一人思う妻なのであった。

未分類 | 00:43:17 | トラックバック(0) | コメント(6)