FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
洗礼 その2
4月26日

 ゴンゴンが幼稚園から帰ってきた。
 見ると、ほっぺにうっすらとアザらしきものがある。

 「ゴンゴン、ほっぺたどうしたの?」
と聞くと
 「あぁ、ここ?お友達とゴツ~ンってしたの」
と言った。またもや、幼稚園の洗礼を受けて来たか。

 「あら、そう。痛かったでしょ。エンエンした?」
と聞くと
 「えっ?!ゴンゴン、エンエンしな……したよ
だって~。ついに泣いたか!!

 連絡帳を見ると、遊具をゴンゴンが上っていて、降りてくる子とぶつかってしまったらしい。というか、降りてくる子のキックがゴンゴンの顔に入ってしまったのね。そりゃぁ、痛いわな~。

 それも勉強!!


 夕方に、幼稚園の先生からご丁寧に電話をいただいた。
 事情を説明してくれたのだが、せっかくお電話いただいたのだから、ゴンゴンの幼稚園での様子でも聞きゃぁいいものを、あたしもなんだか緊張しちゃってて、
 「あぁ、いいですよ。大丈夫ですから…。はいはい、わざわざどうも。失礼します」ガチャッ!……終了。

 もう、あたしのバカバカ!

 先生としては何度も面談の経験はあるのに、親として先生と話すのは初めて。初心者マーク丸出し
 情けない…。

 5月には初の個人面談が予定されている。
 今度こそ、リラックスしてお話するぞ~!!

スポンサーサイト



テーマ:日常のひとコマ - ジャンル:育児

子供ネタ | 09:59:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
ご近所づきあい
 4年前、出産を前に今の中古の一軒家を購入した。
 以前住んでいたアパートでは、子供が生まれると狭いだろうと思い、一念発起したのである。
 特に住み心地が悪いわけでもなく、ごくフツーに生活している。

 さて、一軒家に住むと町内会やら組やらと少々煩わしこともないではない。
 ちなみに、うちの町内は毎月500円の組費を各月で払わないといけない。2ヶ月に1回、1000円払うってことね。
 そして、第3日曜の朝は掃除にでなければならない。
 あと、組長が1年交替でまわってくる。

 まぁ、そんなとこなのだが、一つ気にかかることが…。


 うちの裏に、口うるさいばばぁ……もとい、おばちゃんが住んでいる。細かくは書かないが、とにかく変なおばちゃん。
 その、おばちゃんが今年、組長になった。
 かなり、はりきっていて、
 「組長だから…」
ということで、あちこち見回っているらしい。大きなお世話である。


 で、そのおばちゃんの提案(だと思う)で、来年の組長は去年引っ越してきたうちのお隣さん、再来年の組長はうちにと決まってしまった。

 理由は、みんな一回りして今2回目の組長がまわっているけど、うちとお隣さんは1回もしていないから、だそうな。


 なんか、おかしいと思いません?
 別にうちは
 「組長したくありません!!」
って言って、1回目を断ったわけではなく、たまたま後から引っ越してきて1回目をしていないだけなのに、正規の順番を変えてうちを入れ込むなんて…。解せぬ!

 まぁ、いらんトラブルは起こしたくないから、
 「いいですよ~
と、にこやかに承諾したけどさ、ほんとは全然納得してないのよ。


 そんで、そのおばちゃん、うちにやって来て
 「おたくは小さい子がいるから、気の毒やね~と思って、私も知らんふりして今年は組長引き受けたけどさ、本来ならおたくがした方がいいと思うんよ。まぁ、いろいろ言う人もおるけね、しとき!」
だってよ。

 「いろいろ言う人」ってアンタじゃないんか?

 さらに、昨日はごみ捨てに行ったとき、捕まってしまって、延々と子育てについての訓辞をたまわってしまった。
 かなり、いらん世話…。

 ご近所づきあいってめんどくさいのね~

テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

未分類 | 23:05:26 | トラックバック(0) | コメント(2)
英才教育
 あたしたち夫婦は酒が好きである。
 結婚して以来、晩酌を欠かしたことはあまりない。

 しかし、さすがに妊婦期間はほとんど飲まずに耐えた。
……「ほとんど」ってのが、意志の弱さを感じさせるが…。

 出産してからは母乳育児ゆえに、やはりほとんど飲んでない。
 

……な~んてね、うそぴょ~ん!!

 実はほとんど毎日飲んでいる。

 ただ、酒量はかなり減ってしまった。ビール1本で
 「今日はこれくらいで勘弁してやる!」
というくらいの気分にはなれる。

 おそらく、ゴンゴンもたーさんも少量のアルコール入りの母乳を飲んでいるのだろう。
 いい、いい!将来のための練習練習!


 さて、今日もたーさんはいたずらし放題!
 そして、自らこんなものを取り出して、恒例の味見をしていらした。

diary-sake.jpg



 もう、お分かりでしょう!

 そう、酒で~す!!


 たーさん、生後10ヶ月から、もう、酒いっちゃいますか?

 さらに、この直後、その前に飲んだ乳をチョロッと吐いた…。


 酒飲んで(ほんとは飲んでないよ)、そして吐く…。

 まさに酒宴のお決まりコース!

 完璧だ!!これぞ、我が家の英才教育!



 ……、えっ?!何か間違ってる?

テーマ:日常のひとコマ - ジャンル:育児

子供ネタ | 21:08:15 | トラックバック(0) | コメント(2)
ようやく登場
diary-carp.jpg

 端午の節句も間近。
 ようやく、うちのこいのぼりが登場。
 今年はたーさんの分も追加して、4匹の鯉が泳いでおりまする。

 たーさんの分を買い足そうとすると、去年までの短いポールでは収まらず、長いポールも一緒に買い足した……と言うか、じじばばに買い足してもらった。
 と思ったら、雨が降り続き、ようやく今日おめみえということになった。ほどよく風も吹いて、いい感じに泳いでいた。


 さて、今日のたーさん。

 たーさんは最近滑り台がお気に入り。ゴンゴンの1歳の誕生日の時に買って上げたやつなんだけど、場所をとるので、今は床の間に置いてある。というわけで、本来お客さん用の部屋が子供の遊び部屋と化している。まぁ、特別にお客さんも来ないからいいけどさ。

 でも、たーさんは床の間にはなかなか行けない。
 なぜなら、床の間へ行くにはいつもいるリビングから和室を通って、さらにふすまを開けて行かなければならないから。さすがにたーさんにはそんなテクはない。
 ふすま開けてあげればいいと思うでしょ。でも、そうすると玄関に出てしまうのね。床の間に直行してくれればいいんだけど、玄関に行ってもらうと、靴を味見したり、カブトムシの幼虫に手出したりと、ちょっとした事件に発展する予感がするので、ふすまは開けてあげない。たーさん残念!!

 だから、たまにふすまが開くと、
 「今がチャンス!!」
といわんばかりに「高速ハイハイ」で床の間にレッツゴー!

 そして、


diary-gym1.jpg


 滑り台を逆走し、そして、


diary-gym2.jpg


 こうなる。

 そのうち、落ちる!
 間違いない!!

子供ネタ | 02:44:39 | トラックバック(0) | コメント(1)
洗礼
 ゴンゴンの幼稚園の様子を知りたいと思うのだが、ゴンゴンに聞いてもいまいち分からん。
 まだ説明がうまく出来ないので仕方ない。
 しかし、思い出したように、突然幼稚園での出来事を話し出す。こちらとしては、あまりにも唐突なので、最初は何の話をしてるのか分からないのだが、しばらく聞いていると、
 「あぁ、幼稚園ネタね…」
と分かる。


 さて、今日はお風呂に入っていると、その唐突な「幼稚園ネタ」を語りだした。

 「あのね、マユちゃんがいるのね」

 「マユちゃんってだれ?」

 「マユちゃんっているのよ!」

 「?……あぁ、幼稚園にいるの?」

 「そうよ」

 「ふ~ん。マユちゃんてかわいいの?」

 「かわいいよ。マユちゃん怒らないからね。でも、怒るんだよね」

 ……意味が分からん。

 「何?マユちゃんに怒られたの?」

 「うん」

 「なんで怒られたの?」

 「ゴンゴンがね、かごに入ろうとしたらね、マユちゃんがいてね、ゴンゴン怒られたのよ」
 ……ってどういうこと?

 察するに、マユちゃんが何か遊具で先に遊んでいた時に、後からゴンゴンが進入しようとして怒られたらしい。

 いい、いい!!どんどん怒られろ!そして社会性を身につけて来い!


 公園なんかだと、よその子に迷惑かける前に、ついついこちらが手やら口やらを出してしまうんだよね。
 「順番でしょ!」とか「小さい子を先に行かせて!」とか「危ないでしょ!」とかね…。
 何かの本で読んだけど、わがままをして、それで相手に怒れれたり、泣かれたりして子供も初めて
 「いけないことをしたんだな、これからしちゃいけないな」
って分かるんだって。だから親は
 「迷惑になるから…」
ていう理由であんまり口出しするのはよくないそうな。

 って頭では分かっているんだけど、なかなかね…。
 「何かしてあげる」ことより、「何もしない」方が難しいこともあるんだよね。

 
 だから、幼稚園でたくさんケンカもしてきてもらいましょ。
 頑張れゴンゴン!

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

子供ネタ | 01:46:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
まねしっこ
 久々に実家に行って来た。
 風呂&夕飯をいただき、ありがたや~であった。


 さて、ゴンゴンは1週間の幼稚園を終えて、なんだかちょっとお兄ちゃんになってきた……気がする。

 たーさんの離乳食は3回食に進んでいる。おかゆは1回に、5倍がゆを大さじで2杯くらい食べている。おかずはあたしたちのお味噌汁を薄めてあげたり、野菜を適当に煮てあげたりしている。ちょっと食材が大きめでも、案外モグモグしながら食べている。

 と言うと、かなり順調みたいだが、やはり相手は赤ちゃん。食べむらもあるし、機嫌の悪いときもある。


 先日、ご飯をあげていたら、多分
 「もう、いらな~い!!」
という意思表示だったんだと思うけど、あたしが差し出したスプーンをパーンとはらいのけ、スプーンのおかゆが飛び散ってしまった。
 つい、
 あーーーっ、もうっ!!
と叫ぶと、ゴンゴンから

 「たーさんは赤ちゃんなんだから、言っても分からないでしょ。怒ったらダメよ!」

と、ごもっともな注意を受けた。

 あたしの口調にそっくりだった…。

 日ごろあたしから言われていることをまねしたんだけど、ちょっとお兄ちゃんらしかったじょ。

 話は全く違うのだが…
 さっき、以前撮った写真を見ていたら、ちょっとおもしろいのがあったのでアップしてみた。
morning.jpg

 ある朝見たら、親子3人まったく同じ格好で寝ていた。大中小と並んでいておかしかったので撮ったんだけど…。

 しょうもないもの見せて、ごめんなさい。


テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

未分類 | 00:40:35 | トラックバック(0) | コメント(3)
軽く心配事
 以前、あたしの両親が温泉旅行に行った時、宿で一人で食事をしている女性を見かけたそうな。一人だから、声をかけてみると、韓国の方で一人で旅行に来ていたらしい。年は30歳前半。これも何かの縁、ということで、
 「予定がないならうちに来なさい」
と言って、電話番号を渡して別れたのだが、2日後、彼女から電話があって、あたしの両親のところへ遊びにやって来た。

 そんなことがあって、お友達(?)になったチェさん。
 その後も、2・3度うちの両親のところへ遊びに来ているし、うちの両親も昨年は韓国へ旅行に行った。
 あたしも会ったことがあるが、地味な感じのひとではあるが、日本語をかなり達者にあやつる、才女である。


 さて、今回、チェさんが両親を連れて日本に旅行にやって来た。

 うちの両親は何日も前から、チェさん親子をどこに連れていこうか考えて、準備を万端に整えていた。
 あたしは、今回は会わずに電話で話しただけ。
 次回は「韓国で会おう!!」と話した。

 で、そのチェさんのお母さんが作ったキムチというのがとてもおいしい!日本でもキムチはどこでも売っているが、やはり本場の、それも家庭の味は一味違う。すっごく辛いんだけど、おいしいんだ!

 おみやげでお母さんのキムチを持ってきてくれていたので、あたしんちもそのごしょうばんにあずかった。


 早速、今日は「ぶたキムチ」を食べた。
 けっこうてんこもりだったけど、夫と2人でガンガン食って、あっという間になくなった。こりゃ、太るぜ。
 さすがにゴンゴンにはキムチはまだ早く、いちお勧めてはみたが、
 「ゴンゴン、辛いのは食べないよ!」
とあっさり拒否。…こちらの思惑どおりだ…

 最近、ゴンゴンは未知食べ物にチャレンジしていて、けっこう好き嫌いなくいろんなものを食べている。
 おりこうさんだけど、あたしたちが好きなとこに進出してきているのがちょっと気にかかる。心が狭い親なのだ。

 サーモンの刺身やらイクラやら、あたしの分まで食べるからたまらん。
 ここ最近では、アボガドのおいしさを知ってしまった。

 昨日も
 「ゴンゴン、今日のご飯何にする?」
と聞くと
 「ゴンゴン、アボガドがいいよ!」
と答えた。

 ん~、好き嫌いはない方がいいけど、大好物がかぶるのはなぁ…。

 近い将来、好きなものを子供ととりあう日が来るんだろう。



 ……えっ?大人気ない?
 ええ、ええ、大人気ありませんよ!!

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

未分類 | 01:26:30 | トラックバック(0) | コメント(2)
愚痴日記
書いたらちょっとスッキリしました。


って何のことだか分からない?


それは見た人だけが知っているのよ…。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

未分類 | 23:28:46 | トラックバック(0) | コメント(1)
幼稚園効果?
4月16日

 ゴンゴンが幼稚園に入園して10日が過ぎた。と言っても、まだ午前中保育なので、本格的に始動という感じではない。

 それでも、ゴンゴンにちょっとした変化が…。

 ゴンゴンは歌と踊りにはとんと興味がなく、あたしがピアノを弾いて歌を教えても、なかなか歌おうとはしなかった。
 なのに、幼稚園1日目が終わり、帰ってきたらいきなり
 「せんせいと~おっともだち~
と、意外と上手に歌っていた。ん~、おそるべし幼稚園!!たった1日で彼の心を動かすとは…。

 昨日は、2人でお風呂に入っていると、突然立ち上がり
 「ゴンゴンです!3歳です!お母さんが大好きです!たーさんが大好きです!お風呂はあまり好きです!(?)」
と、プチスピーチ。なんのこっちゃ?と思った。どうも、幼稚園で自己紹介みたいのをしたらしい。

 しかし、好きなものの中に「お父さん」が入っていないのは切ない…。

 そして、2・3日前。突然、あたしの目の前でズボンとパンツを半分くらい下ろして、おしりを見せて


 「おしり、ブリブリ~」

と叫んで、笑いながら逃げていった…。
 母は一瞬気が遠くなった。

 一体どこで仕入れてきたネタなんだ?それともオリジナル?


 今日のところは、あたしではなく、夫に似たということで納得しておこう。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

未分類 | 13:14:00 | トラックバック(0) | コメント(3)
2人の夜
4月14日

diary-cook.jpg

 いきなり、たーさんの画像からです。

 最近、行動範囲が広くなり、危険がいっぱいの毎日。この時は台所にやってきて、コンロの下の戸を開けて、器用に中華料理用のおたま(って言うのかしら?)を取り出して、振り回していた…。
 「今日の夕食はチャーハンですか?」ってな感じ

 さてさて、昨晩はたーさんと久々に2人きりの時を過ごした。そして、気が付いた。
 会話がない!!

 当然である。相手は9ヶ月児。話すことといったらせいぜい、
 「ご飯食べよっか」「お風呂入ろっか」「もうねんねしよっか」くらいのものだ。
 改めて、毎日、ゴンゴンといかに会話しているかというのが分かった。んで、振り返ってみると、ゴンゴンが赤ちゃんの時って、昨夜の2人の状態が毎日続いていたのよね。
 「ゴンゴンって言葉が遅い気がする」
ってちょっと心配したころもあったけど、仕方ないよね。人が会話するのをあんまり聞いてなかったし、あたしも心がけて語りかける努力はしていたつもりだけど、やっぱ限界あるよね。

 たーさんは、現在、言葉は当然全然出ないが、何となくしゃべってる感じがある。特に文句のある時はスゴイ!「抱け」だの「寝せろ」だの「痛い」だの、必死に宇宙語で訴えている。

 ん~、自分としては、けっこうおもしろい発見。

 2人で過ごす静かな夜もいいけど、たーさんにとっては、ゴンゴンのいるにぎやかな時間が大切なんだなぁ…としみじみ感じた夜でございました。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

子供ネタ | 22:19:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
うっひょっひょ~
 何が「うっひょっひょ~」て感じでしょ。
 なんと、今日は

 ゴンゴンがいないのだ~!!いぇーい!!

 久々にじじばばのところへ泊まりに出かけた。

 以前はちょこちょこ泊まりに行ってたのに、最近はとんとご無沙汰だった。
 「お母さんと一緒に寝るんだもん!!」
が口癖で、どうしてもあたしから離れようとしなかった。

 それが、今日はお義父さんとお義母さんがやってきて、さぁ、帰りましょうという時になって、
 「ゴンゴン、じいちゃんのところに行きたい!」
と言い出した。何度も確認したけど、意志はかたかったらしく、とっととお義父さんの車に乗って、スタンバッっていた。

 まぁ、行ってくれるならありがたい。夕食は適当でいいし、お風呂はたーさんだけ入れればいい。9時には全て片付いて、あたしの時間となった。

 さぁ、今から遊び放題よ!!
 ブログなんかゆっくり書いてる場合じゃないのだ。

 というわけで、今日はこれにて御機嫌よう~!!

テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

未分類 | 22:07:24 | トラックバック(0) | コメント(1)
小惨事…
 今日は幼稚園の進級式。お兄ちゃん、お姉ちゃんだけが登園で、ゴンゴンら新入園児たちはお休み。

 ゴンゴンは風邪もよくなり朝から絶好調。
 それに反して、今度はたーさんが、鼻たれ小僧。ズルズルである。

 朝から、バタバタと家事にいそしみ、その後は銀行めぐりなどをして、あっという間にお昼。昼食を済ませ、やっと一息…と思っていたところに、ゴンゴンが

 「お鼻水が出た…」
と言って自分でティッシュをとっている。よく見ると、鼻水ではなくて鼻血だった。

 「ゴンゴン、鼻血が出てるじゃん。どうしたの?転んだの?お鼻打ったの?」と矢継ぎ早に質問すると、

 「ゴンゴン転んだよ。でも、どこも打ってないよ」とまことに冷静にお答えになった。

 とにかく、鼻を拭いて様子を見てると、すぐに止まったようなので、次は血で汚れた手を洗わせたり、服を着替えさせたりしていた。

 そんなこんなしていると、足元にたーさんが…。

 最近のたーさんは、「一人立ち」がブーム。何かにつかまって立ち上がり、そして、手を放す。
 これが、意外と上手で、5秒間くらいはバランスよく立っている。本人も一人で立てるのがうれしいらしく、うまくいく度に

 「ウキャァーアーアーアー!!
と雄たけんでいる。

 「あぁ、こんなお取り込み中にやってきやがって…」と思いながら、ゴンゴンの着替えを済ませた途端、
 「ゴンッ!
と鈍い音。それと同時に
 「ウエ~ン
という号泣の声。

 バランスを崩して転んだらしい。
 慌てて抱き上げて、なだめていたら、なんと口から流血!!Oh,No!!転んだ時に口を強打したらしく、唇を切っていた。

 今度はたーさんの後始末である。
 兄弟そろって流血かよ!!
 
 
 あたしの安息に日はいつ訪れるの?

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

子供ネタ | 00:41:35 | トラックバック(0) | コメント(2)
小さな?うそ
 ゴンゴンと一緒に食事をしていたら、突然

 「ゴンゴンは大人?」と聞いてきた。

 「違うよ。ゴンゴンは子供だよ」と答えると、

 「ゴンゴンは3歳だから、大人でしょ」と訳の分からん理屈を述べる。

 「違うよ。3歳はまだ子供だよ」とあたしが言うと

 「お母さんは大人?」とさらに質問

 「そうね、母さんは大人よ」と答えると、

 「何歳は大人?」と回答にちょっと困る質問。

 「そうだね~、20歳かな?」と答える。
 20歳になってもちっとも大人じゃないやつは世の中なんぼでもいるけどね…と思いながらも、ゴンゴンに言っても分からないし。取り合えずこの程度の答えでいいか、と思っていた。

 すると、
 「じゃぁ、お母さんは20歳ね」とゴンゴン。

 うっ、そうくるか…。実年齢を公表するにはまだ早い…。20歳になっているわけだから、この質問にYesと答えても支障はあるまい。

 「うん、そうだね」とあたし。

 「あぁ、そうね。じゃぁ、次は21歳になるのね」とゴンゴン。

 「……、うん、そうね…」

 あぁ、神様ごめんなさい。あたしは子供にうそをついてしまいました!!

 10歳どころのさば折り……あっ、違う、さば読みではない。夏川 純なんかかわいいもんである。
 しかし、あの状況では仕方なかったの…。
 こんなあたしを許して!!


テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

子供ネタ | 00:08:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
バーベキュー
4月8日


 うちの夫はラグビーの全国大会、通称「花園」の出場経験者。
 全国大会まで行ったせいか、当時のメンバー同士のつながりがとても深い。年に何度かは集まっている。

 昨年のちょうど今頃、家族も一緒にバーベキューをしようという企画が持ちあがり、メンバーの一人の豪邸で監督の先生も招いて、盛大に開催された。
 けっこう盛り上がったので、毎年4月の第1日曜日の恒例にしようということになった。

 で、そのバーベキューが今日行われた。

 子供もいっぱい来て、楽しい一日になる……はずだった。

 実はゴンゴン、前日からちょっとはなたれ小僧。どうも、幼稚園でもらってきたらしい。今朝からは、さらに鼻水がひどくなって、機嫌もよろしくない。それでも、前々から楽しみにしていたので、家族で参加してきた。

 男の人たちは肉を焼く係。女の人たちは…食べてしゃべる係。最高!!また、その肉のおいしかったこと!!あんな霜降りの肉、我が家では食べたことがない。

 ゴンゴンはけっこう最近まで、肉が嫌いだった。それは硬くて噛み切れないから。それが、から揚げのおいしさを知って、だんだん克服しつつあった。

 今日の肉はなんと、はしでも切れるではないか!!ゴンゴンはそんな肉食べたことないので、体調が万全ではないくせに、食べまくっていた。そばにあったおにぎりには目もくれず、ただひたすら霜降りの肉を食うゴンゴン。坊ちゃん、お目が高い!!

 腹が満たされたら、遊びに出かけた。そして初めての衝撃を知ることに…。

 なんと、遊んでいて、滑ってチンチンを打った。泣いた。
 あたしにはその痛さは分からんけど、聞くところによると、痛いらしいねぇ…。あぁ、災難、災難。
 災難といえば、たーさんにも災難が。
 紙皿にタレを入れてたんだけど、強風にあおられたその皿が、たーさんを直撃。顔から足からタレまみれのたーさん。本人は何が起こったのかよく分からず、泣いていいものかどうなのか、微妙な表情。ご愁傷様です。

 それから、眠くもなってきて、たーさんもゴンゴンもグズグズちゃん。仕方ないから車に戻って二人はお昼寝に突入。母はもっとママトークしてたかったのに…。

 大変だったけど、楽しいこともあって、いい一日だった。

 来年はぜひ万全の体調で臨みたいものでしゅ。 

テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

未分類 | 22:23:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
一人で幼稚園
4月6日


 入園式を終えたゴンゴンが幼稚園へ一人で行った。

 まだ、ゴンゴンもあたしも朝の準備に慣れておらず、かなりバタバタだった。なにせ、たーさんもいるので、思うように準備がはかどらないのだ。しばらくは午前保育で、お弁当がいらないからいいけど、これがお弁当まで持っていくようになると思うと…。

 まだ、それまでは考えないようにしよう…。

 夫はお休みだったので、家族みんなでお見送り。
 8時40分に家の近所にバスがやって来た。
 先生は、教育テレビの子供向け番組のお姉さんバリのトーンで
 「朝のごあいさつです。おはようございます」
とゴンゴンにあいさつをしてくれたけど、ゴンゴンはちょっと緊張気味で、小さい声でかろうじてあいさつをしていた。

 バスに乗ろうとすると、すでに先に乗っていた子が号泣中。それを聞いたゴンゴンは、幼稚園に行くのにノリノリだったのに、突然不安そうな表情をこちらに向けた。でも、先生に連れられて席に座って、こちらに手を振って出かけていった。ほっ。

 で、そこからが、大忙し。

 ゴンゴンは11時40分には帰ってくる。それまでに、いろいろ済ませておかなくちゃいけないことがある。
 またもや、バタバタである。

 しばらくはこんな調子なのね…。

 11時40分。ゴンゴンを迎えに出ると、バスから放心状態のゴンゴンが降りてきた。
 「おかえり」
と声をかけると、ボーッとしながら
 「ただいま」
と力なくこたえ、先生に対しても、どこか遠くを見ながら
 「さようなら…」
とつぶやいた。

 帰り道に
 「どう?幼稚園、楽しかった?」
と、聞いても
 「うん」
と一言。子供なりに、新しい環境でやっぱり緊張したみたい。午後はお昼寝をたっぷりしてしまった。

 それでも、幼稚園で歌ったらしい歌を、一人で陽気に、あの音痴のゴンゴンが歌っているのを見ると、まぁ、楽しかったんだろうなと思う。

 土・日で十分休んで、また元気に幼稚園に行っておくれ。

未分類 | 15:49:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
入園式
4月5日 


 ついにゴンゴンの入園式。
 万全の体調で臨むはすだった。
 しかし、なぜか昨夜はたーさんが夜泣KING。1時間おきくらいにビービー泣き、抱っこしても泣き止まず、おっぱいも拒否られ、ちょっと落ち着いて寝たと思ったら朝が来た。ガチョーン!!

 何とか起き出て、朝食の準備をしてゴンゴン&夫を起こした。

 慌しく準備を済ませ、たーさんはヘルプに来てくれたばぁばに預けて幼稚園へ出発した。

 真新しい制服を着たゴンゴンの姿を見て、感動するに違いないと思っていた昨夜…。
 しかし、現実は寝不足と、朝の慌しい準備ですでにヘロヘロになっていた。

 幼稚園へ到着して受付を済ませ、教室へ荷物を置きに行った。壁に誕生日別にクラスの子の名前が書かれていた。残念ながら知ってるお友達の名前はなかった。

 入園式の行われるホールへ行って、ゴンゴンと2人で隣同士に座った。先生が
 「前から順番につめてお座り下さい!!」
と懸命に呼びかけているにもかかわらず、だいたいの人はどんどん後ろに座っていく。先生の顔が良く見えるから、前のほうがいいのに…と思いながらあたしたちは前に座った。

 式はそんなに長くはなかったけど、子供にとってはやはり退屈。あっちこっちで泣き声が聞こえてきたり、立ってどこかへ行こうとしたりで、だんだん収集がつかなくなってきた。ゴンゴンはまぁ、どうにかおりこうにしてたけど、さすがに最後のほうは
 「ゴンゴン、もうつかれた、眠たい…」
と泣き言を訴え始めた。

 でも、泣いたり、立ったり、グズグズと駄々をこねるのはだいたい男の子だった。女の子はだまって最後までちゃんと座っている子が多い。男ってのはほんとに子供のころから子供だね…。

 入園式が終わって、それぞれの教室に入って先生の話を聞いた。

 あたしは、
 「幼稚園の先生になりたい!!」
と思ったことは一度もない。そして、今日先生の様子を見て思った。

 「やっぱり、幼稚園の先生にはなりたくない!!」


 まぁ、正確には「なれない」かな?

 あそこまで子供目線にはなれないなぁ。小学6年生の相手でも作り笑顔で毎日顔がこわばっていたのに…。好きじゃないとできまへんなぁ…。

 いろいろなお話があって、その中で、幼稚園に来たら、「出席ノート」なるものに毎日シールが貼られるというお話があった。
 ゴンゴンはシールが大好き。先生の口から
 「シール」
という言葉が出たとたん、それまで黙って座ってたのに、いきなり立ち上がって先生のお話に釘付け。分かりやすい。あまりにも分かりやすい男だ…。
 ちょっとして、我に返ったようだったけど、後ろで見ていてちょっとおかしかった。

 明日から一人でバスに乗っていかなくちゃいけないけど、大丈夫かしら?
 毎日楽しく通ってくれるといいなと思う、母なのでした。

テーマ:入学式(*゜▽゜)ノ - ジャンル:日記

未分類 | 11:35:21 | トラックバック(0) | コメント(2)
ごっこ遊び
 育児書などには
 「3・4歳くらいになると、お互いの役割を決めて遊ぶこと(ごっこ遊び)が出来るようになってきます」
などと書いてある。

 ゴンゴンはというと、微妙にお店屋さんごっこみたいなことをしていた時期があるが、最近はとんと…。

 それが、突然昨夜、電気を消して「さぁ、寝ましょう」という時、いきなりゴンゴンがあたしの後頭部を
 「オーベーカ!」
と言ってはたいた。
 一瞬何のことだか分からなかったが、すぐにタカアンドトシのネタの「欧米か!!」というつっこみだと気が付いた。

 確かにテレビで見たことはあるし、それを見てあたしが笑っていたのも見ていたんだとは思うけど、あまりにも唐突でびっくりした。そして思わず吹き出してしまった。
 それで調子にのったゴンゴンは、それから何度も
 「欧米か!!」
と意味もなくあたしにつっこみを入れ続けた。

 しまいには、
 「ゴンゴンはタカね。お母さんはトシよ」
と言って、ネタを強要。
 仕方ないので、
 「チェリーパイ」
と言うと、すかさず、
 「欧米か!!」
とつっこんできた。2人でゲラゲラ大笑いした。

 初めてのごっこ遊びがタカアンドトシ…。変な親子ですか?


 そんなゴンゴンも、明日は入園式。
 あたしの方がソワソワしている。こんなに緊張&興奮しているのはいつ以来だろう?

 父が
 「子供の運動会で、我が子がかけっこで走ってくる姿を見たとき、親として初めて感動した」
とよく言う。
 「そんなもんかな?」
と他人事のように聞いていたけど、あたしも、明日制服を着たゴンゴンを見たらきっと感動すると思う。自信がある。

 明日がいい日でありますように。


 そして、ゴンゴンがいきなり初めてのお友達に


 「欧米か!!」

と、つっこみませんように…。

テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

未分類 | 22:02:27 | トラックバック(0) | コメント(1)
最近のたーさん
 現在、たーさんは9ヶ月。ハイハイのスピードも上がり、目的のものへ向かって奇声をあげながら突進している。「たーさん!」と呼ぶと
 「んきゃっ!」
と言って振り向くので、どうも返事をしているらしい。元気いっぱいである。

 離乳食は日に2回。おかゆは7倍かゆ。お茶はマグで不器用に飲んでいる。まだまだ赤ちゃんだからね、この程度でしょ…と二人目の育児はのんびりしている。ゴンゴンの時は何でも早め早めでチャレンジしていたので、うまくいかないことも多かったような気がする。

 のんびりとは言っても、たーさんもそろそろ3回食に進めなくてはいけない時期。めんどくさい…。春休みはあたしが仕事をしていたせいもあって、余計にやる気が出なかった。
 「仕事が一段落したら、3回食に進めよう!」
と誓いを立てていたのだが、今日で仕事が終わってしまった。ん~、もう、言い訳が見つからない。仕方ない、明日から3回食だ。

 それに先行して、昨日から5倍かゆにしてみた。何も変わらず食べている。薄めの味噌汁も、具をたーさんサイズに切らず、けっこう大きめで与えてみた。全然大丈夫。マグをストローマグに変えてみた。上手に一気飲み。

 ん~、こちらが思っている以上にやつは成長している。

 のんびり育児って、ストレスたまらなくていい。そうだよね…。一生おっぱいしか飲めないとか、コップで水が飲めないとか、おかゆしか食べないとか、はしが使えないとか聞いたことないもんね。親があれこれ心配して手を出さなくても、そのうち、自分で何でも出来るようになるんだよ、きっと。

 えっ?!「のんびり育児」じゃなくて「手抜き育児」ですって?
 いいの、いいの!(ゴンゴンの口癖)

 

 

テーマ:2人目育児 - ジャンル:育児

未分類 | 00:18:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
ブログでよろしく
 HPを公開して3ヶ月あまり…。育児&家事の合間でどうにか更新している。毎日自分のHPを見ていると、だんだん見飽きてきて、
「あぁしたい、こうしたい!」と思うところたくさんある。
 でも、更新に時間をとられて、デザインまでは手が回らないというのが実状…。

 そこで、ブログもありかな?と思い始めた。何と言ってもデザインがきれい。更新が楽。各記事にそれぞれコメントをつけられるところも、掲示板を設置したくないと考えているあたしにとっては好都合。

 それは、HPを公開する時から分かっていたことだった。なのに、ブログにしなかったのは、「100%手作り」にこだわっていたから…。
 実は今でも少し悔しいような気がしている。

 でも、仕方ない。だって全てにおいてブログが勝っているもの。楽になった分、デザインのリニューアルや他のテキストのアップを頑張ろう。

 というわけで、数少ない読者のみなさん!これからもよろしくね!

未分類 | 23:23:02 | トラックバック(0) | コメント(3)