FC2ブログ
 
■プロフィール

まぁ

Author:まぁ
2人の男の子を育てている専業主婦です。
いい加減なので、気まぐれに日記を更新しています。
「MY HOMEPAGE」というサイトを管理運営しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ユーザータグ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■RSSフィード
沖縄旅行 5
 沖縄旅行も最終日。


 エンジェルちゃんファミリーとも会えた。

 水族館にも行った。

 パイナップルも食べた。



 あと残すところは




 海水浴!!

 せっかく沖縄に来ておいて、海で遊ばずに帰るなんて…。

 悔しすぎる。




 天気は回復傾向にある。

 この調子なら、昼には泳げるのでは…

と期待しつつ、ホテルをあとにしたあたしたち。




 まずは、近所の今帰仁城(なきじんぐすく)へ行ってみた。

今帰仁 1

今帰仁 2

今帰仁 4



 昔の、お城のあとなんだけど、見晴らしがとてもよかった。



 首里城とこの今帰仁城を見て、沖縄って悲惨な歴史ばっかじゃん!って思ってしまった。



 侵攻され、支配され、搾取され、見捨てられ…




 別にあたしがしたわけじゃないけれど、やっぱり沖縄に申し訳ないような、心苦しいような気分になった。

 ゴンゴンたちがもっと大きくなったら、戦跡も見せたい。

 だって、歴史を学ぶことは私達の義務だと思うから…。


 そんなことを改めて感じた。



 ……なのに


今帰仁 5


 資料館で退屈したたーさんの図。


 親の心子知らず…。





 さて、お次は「トロピカルフルーツ王国」なるものへ行った。



 なんてことはない、「パイナップルパーク」と同様、巨大なおみやげもの屋さんだ。



 そこで、「もずくうどん」を試食させてもらった。

 うまかった。



 すると、何倍もおかわりさせてくれるので、勧められるがままに食った食った!




 お昼ごはん終了!!




 でも、その分おみやげも買ったからね。

 いい、いい!





 お昼を過ぎ、ずいぶん気温も上ってきた。



 よし、これなら泳げる!


 海水浴、強行決定!




 ところがどっこい、海水浴場がなかなか見つからない。

 まだ海開きしてないだの、休みだの…。



 沖縄っていつでも泳げるんじゃないの?



 甘かった。





 やっとのことで見つけたビーチ!

 万座ビーチ。




 水着に着替えて、いざ、海へ!!





 だれもいない…。





 気温は泳ぐにはまだまだ低い。


 しかも平日。



 だれがわざわざ海で泳ぐかってことですよ。





 でも、あたしたちは泳いだよ。


 ちょっと寒かったけどね。



 子供達もウキャウキャ喜んで楽しかったさ。




 万座ビーチには、発泡スチロールみたいないかだがたくさん浮かべてあって、たーさんはその上に乗って楽しんでたんだけど、なんかあたしも乗ってみたくなって、

「んしょ!!」

と気合を入れてよじ登ってみたのさ。




 すると、夫が一言…。


 「なんか、水族館で見た

シャチ


 みたい…」







 殺す!!





 まぁ、そんな物騒なことはなくても、ささやかな復讐は覚悟していただきたい。



 寝ているときに顔に落書きされるとか、ヒザカックンとか、弁当のご飯がポップコーンになってるとか…。




 でも、これで思い残すことはない。


 楽しかった、沖縄!

 またぜひ来たい!



 そんな、満ち足りた気分を抱きつつ、空港へ向け高速で車を走らせてるとき、突然夫が…


 「あっ、光った!!」



 その瞬間前方を見ると、赤いランプが目に入った…。




 オービスだ~!!






 九州道は100キロ制限なので、その感覚で走っていた。

 でも、沖縄の高速は80キロ制限だったのだ。




 それまでの充足感は一瞬に消え、二人の間には思いっきりブルーな気分が…。



 く~、なんで毎度毎度オチがつくかの~。





 うつろな気分を完全には払拭できないまま、空港へ到着。

 


 食事を済ませ、お土産を買い足して、飛行機へ搭乗。
 そして離陸…。




 これで沖縄ともしばらくお別れ。

 名残惜しい気持ちで、那覇の灯りを見ていたら、ゴンゴンが小さな声でその灯りに向かって




 「エンジェルちゃん、バイバイ…」



と言って、あたしの方を見て、テヘッと照れくさそうに笑った。





 来てよかったな、沖縄…。


 また、絶対来よう…。




 こうして、2泊3日の沖縄旅行は終了した。







 その後、1発免停と、定額給付金をまるまる国にお返ししなければならないという悲しい知らせを受け取ることなる…。



 トホホ…。

スポンサーサイト



| 13:47:44 | トラックバック(0) | コメント(2)
沖縄旅行 その4
 旅行2日目。


 1日目はとにかく蒸し暑かった。

 さすが沖縄!



 きっと今日も暑くなるはず。



 そう思って、みんなかなり軽装で外に出た。すると…





 寒っ!!




 え~っ!!

 沖縄って常夏じゃないの~?!



 でも、今さらホテルの部屋に戻るのも面倒だし、そのまま出かけた。




 水族館 1

 これが、「ちゅら海水族館」の入り口。

 見よ!この軽装を!!



 「るるぶ」に午前中なら比較的人も少なくていいって書いてたから、結構早く行ったのに…




 人、多いよ!!




 最初にタッチプールがあって、ヒトデやなまこなんか触れるんだけど、人が多くてあんまりゆっくりできなかった。




 「ちゅら海~」のジンベエザメとマンタが泳ぐ大水槽は有名で、確かに圧巻だったけど、他はう~ん、それほどすごいって感じじゃなかったかな。


 思ってたよりも小さかった。



 去年、別府の「海たまご」に行ったけど、そっちの方が遙かに水族館としては見せ方がうまかった。





 水族館 3
 
 これがうわさのジンベエザメ。



 この水槽は目玉だけあって、ほんと圧巻!

 ずーっと見てても飽きないって感じだったよ。



 あと、サメだけの水槽っていうのがあったんだけど、それがけっこうよかった。

 なんかちょっと怖いかんじでね…。


水族館 4
 
 これくらいしか、写真がアップできないんだけど、とにかく一つの大きな水槽にサメばっかり集めてんのよ。



 そのフロアでこんな写真も…

水族館 5


 あと、いろいろ写真は撮ったんだけど、薄暗いところだから上手く撮れてなくてね…。

 shiollyさんみたいに写真でお楽しみはいただけないのです。

水族館 2

 ナポレオンフィッシュだよ~。



 水族館を出てちょっと休憩。


走るゴンゴン

兄弟

 水族館は海洋公園(海浜公園だっけ?)と隣接していて、公園の方にマナティー館とかウミガメ館とか、おきちゃん劇場とかいうイルカのショーが催されるところがある。


 海洋公園は無料だから、水族館には入らなくても、この施設はいつでも無料で楽しめるのだ。



マナティー

 これがマナティー。



 無料の施設というだけあって、水族館のように美しく、おもしろく公開しているって感じではなく、「飼育してます」っていう趣なんだよ、これが…。



 足早に見て回ったつもりだけど、それでも4時間近くかかった。

 イルカのショーも見たからね…。




 その後、パイナップルパークへ行った。



 「るるぶ」では

 『パイナップル畑を自動で動くカートに乗って見学できる、全天候型の施設。パイナップルの食べ放題。パイナップルジュース&パイナップルワインも飲み放題!!』

とあったので行ってみたら…。




 カートに乗ってみたパイナップル畑にはほとんどパイナップルなってないし(季節じゃなかったのかね…)、畑見た後は、おみやげ物やさんへごあんな~い!!で、ようやくここが巨大な観光客向けのおみやげ物屋さんであることが分かった。


 でも、入場料払ってるしね、もったいないからね、試食のお菓子…




 食った、食った腹一杯!!



 いや~、貧乏くさいねぇ…。

パイナップル


 ちなみにこれが、パークの前景。


 その後、水族館まで戻って、夫とは別行動。



 植物オタッキーの夫は、海洋公園内の植物園に目を付けていた。

 ゴンゴンは水族館の横にある、巨大なネットを張り巡らせた子供の遊具施設に、水族館に入る前から目を付けていた。



 というわけで、夫を放し飼いにして、あたし達はその遊具施設で小1時間ほど遊んだ。

 ゴンゴンもたーさんも、水族館よりも楽しんでた。



 くっ…、あたしのプロデュースした旅行って…。




 時間は夕方の6時くらい。

 そろそろ、帰ろうかなって思ってたときに、ある考えが浮かんだ。



 「水族館に再入場しちゃおうかな」



 ゴンゴンも賛成したので、今一度水族館へ!


水族館 7

 あらためて、こんな写真撮ってみました。


 なぜか、たーさんちょっとしか顔を出さない。




 再入場して思った。



 夕方、最高!!



 午前中の人混みが嘘のよう!



 ゆったりと水族館の人の説明が聞けたり、タッチプールでは離れたことろにいた変わったヒトデをとって触らせてくれたり、人に迷惑かけることなく写真が撮れたり…。


 夕方の水族館はおすすめよ!


 ってだれに?


水族館 

 サンゴの説明をしてくれたお姉さんが、実際にサンゴを触らせてくれたのさ。


水族館 9

 こんなに近くで、ゆっくりと見学できたよ。

水族館 10

 ジンベエザメの水族館の前で写真を撮れたよ。
 ちょっと変顔だけどね…。


 いや~、夕方の水族館は楽しかった。



 そして、夫と合流して夕食をとって、2日目終了!

 次回、ついに感動の?最終回!

テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

| 10:49:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
沖縄旅行 その3
 さてさて、旅行1日目の夕食の後、バッグのどこを探しても財布はない…。


 まぁ 「あたし、財布、忘れたかも…」
 

 夫は、旅行の途中でどこかに置き忘れてきたのかと思ったらしい。

 ちょっと慌ててる感じ…。 



 夫  「ど、どこに?!」




 まぁ 「家に…」


 夫  「……は-----っ?!」




 いやぁ~、参った参った。

 まさか、お金を忘れてくるとはね~。



 カードがあるからなんとかなる…とはいえ、現金がないのはちょっと心許ない。



 「ねぇ、お金ある?」

 「うん、こんなこともあろうかと、俺、公金を持ってきた」


 夫は、教室の運営費やら、生徒の月謝やらを管理している。

 だから、この日もそのお金をかばんに入れていたのだ。



 「それじゃぁ、ちょっとお借りしましょうか。オホホ……」



というわけで、現金の調達は滞りなく行われた。



 なんだかすごく心温まる展開があるのでは、と期待していたみなさま……








 すんません!

 ただの公金横領で!!





 と、こんなオチがさっそくついたところで、この日行った首里城で、不思議なことがあったので書いておこう。




 エンジェルちゃんは小さい頃から、感というか勘というか、とても強い子だったらしい。

 それで、エンジェルちゃんには不思議なことがいろいろあったらしいのだ。




 その日も首里城の王様の玉座の間に入ったときのこと。


 エンジェルちゃんがしきりにママに向かって

 「ここは、怖い!怖い!」

って訴えたそうだ。



 「どうして?」

って聞くと



 「ここに来る人はみんな悪い人だから、呪ってやる!って王様が言ってる」


って言ったそうな。



 ちなみに、その部屋が王様の部屋だったなんてだれもエンジェルちゃんに教えてはいない。

 しかも、エンジェルちゃんは今まで教えたことのないような単語を使っていたらしい。




 その話を聞いて、ちょっとコワ~。

 あたしはそんな声が聞こえる力がなくてよかったよ。




 そして、今度は王様の着物の写真があって、それをエンジェルちゃんは指差して、あたしに何だか教えてくれた。


 エンジェルちゃん 「……、マスター○#%$…」

 まぁ 「えっ?何々?」

  

 若干4歳児の英語さえ聞き取れないあたし…


 エンジェルちゃん 「これ、マスターの服よ!」



 確かに、王様が着ていた着物と説明が書いてあるので、何の疑問も抱かず


  「ああ、王様の服ね!うんうん、分かったよ!」



 すると、エンジェルママ&パパさんが二人で顔を見合わせてる。



  「私達、この子に王様の服だなんて教えてないんだけど…。なんで分かったんだろう?」

とエンジェルママさん。




 ん~、不思議だ。

 誰も教えてないのに、何の写真だか分かるなんて…。



 夫に話したら


 
 「ん~、エンジェルちゃんはハーフだから、やっぱどこかハイブリッドなんじゃないの?突然変異的にどこかが高性能なんだよ」



 なるほどね~。



 今まで、霊感が強いとかいう人の体験談なんかを読んだり、テレビで聞いたりしたことはあったけど、こんなに近くで実際に不思議なことを体験したのは初めてだった。




 あぁ、でも、ゴンゴンももっと小さい頃、ちょうど言葉が出だしたころかな、天井と壁の境あたり指差して毎晩

 「あれ、だれ?」

って言ってたな~。



 ゴンゴンの話ではどうも男の人がそこにいたらしいのだが…。



 でも、それも一時のことで、そのうち言わなくなった。





 夫の知り合いのお坊さんに聞いてみると、子供はどうも大人に見えないものがいろいろ見えているらしい。


 しかし、大概は大きくなるにつれて見えなくなっていくんだって。




 エンジェルちゃんの場合、大人に見えないものがまだ見えてるのかもしれないね。

 ほんと、不思議な体験だった。



 さてさて、次はついに「ちゅら海水族館」の巻です。

 お楽しみに!



 首里城

 これが、うわさの玉座の間です。

 何か見えるかな~? 

テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

| 10:27:21 | トラックバック(0) | コメント(2)
沖縄旅行 その2
 首里城公園を本殿へ向け上っていくあたしたち。


 大人って、肌の色が違うとか、言葉が違うっていうので、どうしてもコミュニケーションとるのに二の足踏んでしまう。


 エンジェルパパさんともなんかお話したいのに、なんと言ってよいか分からない…。



 そんな中、子供たちは……





 ものの5分でお友達!



 子供ってすごい!


 ほんとは、大人もこうあるべきなんだよね…。


 なんて、夫としみじみ後で話しちゃったよ。




 エンジェルちゃんはまつげがクリクリっとして、とても人懐っこい女の子だった。

 最初は、うちのゴンゴン、リードされっぱなし。

 年齢はゴンゴンの方が2歳ほど上なんだけど…。




 一方、たーさん。

 やつは、会ったその時から、お友達。


 「えんじゅーちゃーん!!」


と絶叫しながら、後を追いかけ続け…。




 あなたたちいつからお知り合いですか?


っていうくらい、うちとけあってた。




 でも、やっぱ、子供。



 エンジェルちゃん 「たーさんが、プッシュした~!!」

 あたし 「ごめんね~!たーさん、まだ上手に遊べないのよね~。……たーさん、エンジェルちゃんにごめんなさいは?」

 たーさん 「いや~!!」


 などという、やりとりはありつつ、楽しく首里城見学。




 その途中、ゴンゴンのハートをがっちりつかんだものは、スタンプラリー!



 首里城公園のあちらこちらにスタンプがおいてるのだが、それを指定の用紙に全て押すと、粗品がもらえるっていうやつ。



 公園をすみずみまでまわらないとスタンプはゲットできないようになっていて、意外と大変。

 でも、ゴンゴン、はまっちゃって、途中、押しそびれたところも後から戻って押してきて、結局すべてクリアー!

 最後はエンジェルちゃんも一緒になって走り回ってくれて、ほんと楽しかった。





 肝心の首里城はというと…



 「あれっ?こんなんだったっけ~?」


っていうのが正直な感想。




 というのが、あたしは12・3年ほど前、首里城に来たことがあるのだ。

 その時は、再建して間もない頃で、ほんと絢爛豪華な印象だったのだが、今回はなんだかあのときの朱色の鮮やかさがかなりくすんでいたような気がした。


 沖縄の潮風で、色があせたり、建物が傷んでいくのも速いのかな~?



 子供がいなけりゃ、もっとゆっくり説明を読んでいくところなんだけど、やつらがどんどん先に行っちゃうから、ザーッとしか見られなかったのは残念!





 最後は「守禮の門」で写真撮影!!





 とても楽しいひと時だった。

 ほんとは、あれもこれもと話したいことはあったのに、なんだか半分も話せずに終わった気が…

 ぜひ、またお会いしたな~!!



 別れる時は、エンジェルちゃんは涙を流してくれ、あたしまで何だかちょとウルッときちゃった。

 とても感受性豊かな子なんだよね~。


 最初はエンジェルちゃんのハグに、緊張して固まっていたゴンゴンだけど、最後はエンジェルちゃんとハグして別れた。




 朝から、ハイテンションたーさんはというと……


首里城 4



 撃沈!




 また、いつか会いたいね!







 さて、その後、ホテルへ向かうことに…。

 
 明日、朝イチで「ちゅら海水族館」へ行くことを考えて、ホテルは水族館の隣をとっていた。


 那覇から、1時間半くらいってところだ。




 高速使って、途中、休憩をとりながらホテルへ到着。




 着いて一息ついたころには、もう夕飯というくらいの時間になっていた。




 ホテルにもレストランはあったが、ここまで来て、ホテルのディナーなんか食べなくてもいいだろうということで、近場の沖縄料理も食べられるという居酒屋へ行った。



 適当に、入ったこの居酒屋。

 ヒットだったよ!!




 お店のおじちゃんが、料理が出来るまでの間、こんなことして子供たちをよろこばせてくれたのよ!

切り絵


 この技に、子供だけじゃなく、あたしたちも目が釘付け!




 その後食べた料理が、こんな感じ。


料理1

海ぶどう

フーイリチャ


 子供達用にと、から揚げとか、おにぎりとか頼んだのに、食べやしねぇ!!



 うちの家族、みんな沖縄料理のとりこ!



 昼食も、お子様ランチを食べた後にもかかわらず、ゴンゴン、あたしの沖縄そばをけっこう食べたもんな。

 夕食も、ヤギのさしみ、ミミガー(豚の耳)、テビチ(豚足の煮付け)などなど、ガンガンいってた。

 

 みんな満腹で、満足満足!!

 沖縄万歳!!




 さぁ、そろそろ、ホテルに帰りましょうかってことで、お会計!

 レジの前でお金を出そうと財布を見たら、もうお金がない。

 
 そうそう、財布にはちょっとしか入ってなかったのよ。

 残りの現金は、封筒に入れてバッグの中に……



 と探してみたが……





 な~い!!!






 いくら探しても、お金の入った封筒が見当たらない!!


 まぁ、ピンチ!



 まぁファミリーの運命やいかに?!


 「沖縄旅行 その3」に続く!!

テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

| 17:59:56 | トラックバック(0) | コメント(10)
沖縄旅行 1
 毎年恒例の春の旅行!!

 行って来ました、沖縄へ!



 しばらく、沖縄旅行記でせめてみます。

 コメントくださればうれしい限りなのですが、実は、うちのPC、まだ復旧しておりませんで、この「旅行記」は弟のPCからすべてアップしております。


 すぐには返信できそうにありませんが、くださったコメントに対しては、必ず返信いたしますので、そこのところご了承ください。



 さてさて、4月5日から7日まで、2泊3日で行ってきた。

 あいにく、天気に恵まれないという予報であったが、そんなのなんのその!

 うちにはスーパー晴れ男がいるのだ!

 天気予報なんか覆してやるぜ!

という勢いで出発した。



 今回の旅行の楽しみは、「ちゅら海水族館」へ行くこと、沖縄のおいしいものを力いっぱい食べること、海で泳ぐことだったのだが、もう一つ楽しみなことがあった。


 それは、初めてブロ友さんと会うこと!


 「親ばか日記」のエンジェルママさんが沖縄在住なので、前もって会う約束を取り付けていた。



 朝、空港へついて、エンジェルママさんへお土産などを購入。

 最初は、

 「福岡っていったらやっぱ明太子だよね~」

って思ってたんだけど、娘さんのエンジェルちゃんは4歳。ん~明太子をよろこぶシブイ子だとは限らない。

 しかも、ご主人はアメリカ人ときたもんだ。

 日本通の外国人なら明太子もありかもしれないが、ん~、果たして……。



 やはり、ここは無難にお菓子にしよう。


ということで、福岡銘菓「博多ぶらぶら」を購入。

 「博多ぶらぶら」っていうのは、あんこのなかにおもちがはいってる。

 「赤福」とよく似ているのだが、あたしに言わせれば、「赤福」はべったり甘い。

 「博多ぶらぶら」の甘さは非常に上品!!

 美味である。



 これなら、家族みんなが喜ぶに違いない!!



 んで、大小の包みがあったのだが、少々悩んだ末、小さい方の包みを取った。



 初めて会うのに、ば~んと大きなお土産渡して恐縮されちゃったりしたらいけないしな~なんて考えて、小さいのなら気を遣わせることもなくどうぞどうぞって感じになるんじゃないかと思ってね…。




 そして、飛行機に搭乗。

 1時間50分のフライトを経て、那覇空港に到着。

 後半、たーさんがグズったり、耳が痛いと号泣するというトラブルはあったものの、それくらい想定の範囲内。

 たいしてうろたえることもなく、概ね楽しいフライトであった。

機内

 このときは、まだまだご機嫌のたーさん。



 ゴンゴンはシブい男で、沖縄に行くと決まってから、

 「首里城が見たい!!」

と強く希望していた。




 「お城っていっても、熊本城みたいにたか~いお城じゃないのよ。赤くて低くてひろ~いお城なのよ」

と説明しても、



 「それでも、見たい!!」


と譲らないので、那覇に着いたらまず首里城に行くことにしていた。




 そこで、エンジェルママさんのファミリーとも落ち合うことにした。




 約束の時間まで、まだ1時間以上あったので、暇つぶし程度に立ち寄ったところが

 「まんこ公園」

 すごい名前だが、これがラムサール条約によって保護されている湿地帯で全国的にも有名なのだ。



 行ってみたら、係の人がビデオを見せてくれたり、いろいろ説明してくれたりしてあっという間に時間が過ぎた。

 何と言っても、ゴンゴンとたーさんが食いつく食いつく…。


 血はあらそえないってやつかね~。


まん湖公園

 特にこの巨大パズルにはまるはまる…。



 まだ、遊んでいてもよさそうだったのだが、エンジェルママさんとの約束の時間も迫ってきているので、無理やり連れて、「首里城」へ向かった。




 車を止めて、出たところが、あの有名な「守禮の門」

 そこで、エンジェルママさんに電話をして場所を確認すると……



 「あっ、多分、今後ろにいます。ここ、ここ!」



 後ろを向くと、携帯片手に笑顔の女性が。



 「あ~!!!!初めまして~!!!」





 感動の対面を果たした。




 その後、ご主人とエンジェルちゃんが出てきて、みなんなではじめましてのご挨拶。

 

 ゴンゴンはちょっと恥ずかしそうで、あたしの後ろでエヘエヘしてた。

 たーさんの辞書には「人見知り」という言葉はないので、あったその時からお友達。




 ちょうどお昼時だったので、レストランに入って食事をした。




 子供たちはみんなお子様ランチ。

 あたしは、やっぱり沖縄なので「沖縄そば」を頼んだ。



 食事をしながらいろんな話をしたのだが、なにせ世間話が苦手なあたし。

 ちゃんと話せるかしらとちょっと心配していたのだが、楽しくランチタイムを過ごすことが出来た。

 
 初対面とはいえ、ブログでけっこう前からつながっているので、お互い人となりっていうのだろうか、なんとなく分かっているんだよね。


 たとえるなら……


 ノート1冊分くらいの履歴書をあらかじめ読んで、見合いに臨んだって感じ。




 まだまだ話したりないって感じだったんだけど、そろそろ首里城見学へ行きましょうかってことになって、お土産渡すタイミングはここだ!!って思って、


 「これ、つまらないものなんですけど……、おみやげ…」


とおずおず渡すと、とても喜んでもらえた。



 聞くと、やはりご主人、明太子はダメらしい。

 寿司は食べるのだが、イクラ、明太子、数の子の類は食べないんだって。



 ん~、やっぱりビンゴ!!

 偉いぞ、あたし!



 しかし、その後、いざ会計となると、エンジェルママさんが

 「いいです、いいです!今日はうちが…」

と言って




 昼食をご馳走してくれたの~!!





 ありがたや~。




 でも、そんなことなら







 お土産、大きいのにしとけばよかった~!!!







 なんともケチなあたしが恨めしかった…。





 エンジェルママさんありがとう!!


 こんど会うときは、





 絶対、大きなお土産持っていきますから!!








 楽しいランチタイムを過ごして、レストランをあとにした。

テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

| 17:30:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ